オンラインゲーム、MMORPG、アプリ、ソーシャルゲーム、家庭用ゲームなどゲーム情報を毎日お届け!

イベントレポート  

『メタルギア』シリーズ作品が続々と発表!20周年イベントレポート

2007.07.25
関連URL:KOJIMA PRODUCTIONS
 
 KONAMIは2007年7月24日(火)、東京・六本木において潜入/諜報アクションゲーム『メタルギア』シリーズの生誕20周年を記念するパーティーを開催した。

 今回の記念パーティー「METAL GEAR 20th ANNIVERSARY PARTY」は、シリーズ展開が明かされた「第1部 発表会」、トークショウやライブ演奏などが行われた「第2部 パーティー」の二部構成となっている。
 会場には、公式サイトから応募し抽選の結果選ばれた50名のファンが招待され、新作のプレゼンテーションや関係者との交流を楽しんだ。

 ここでは、プレイステーション3『メタルギアソリッド4 ガンズ オブ ザ パトリオット』(以下『MGS4』)の実機でのプレゼンや、以前より開発がほのめかされていた対戦型オンラインゲーム『メタルギア オンライン』(以下『MGO』)の初お披露目などがあった「第1部 発表会」の様子をお伝えしていこう。

■「こんな地味なゲームがここまでヒットするとは……」(小島氏)

 発表会では、まず代表取締役社長・田中富美明氏が登壇。以下のように挨拶をおこなった。

田中氏:
 今から20年前に始まった『メタルギア』シリーズは、累計で2,000万本以上のセールスを記録するなど、当社を代表するコンテンツとして時代と共に発展してまいりました。今冬には最新作としてPS3『METAL GEAR SOLID 4 GUNS OF THE PATRIOTS(以下、MGS4)』を全世界同時に発売し、今後も様々な形でシリーズを展開してまいります。まずは、『メタルギア』が産声を上げた1987年から2007年までの歩みをご覧になってください。

 田中氏が挨拶を終えると会場に設置されたスクリーンには、シリーズでお馴染みの「オタコン」ことハル・エメリッヒ役の声優・ 田中秀幸氏のナレーションに合わせ、過去の記録映像が放映された。
 映像では、シリーズ第1作であるMSX版『メタルギア』のゲーム画面から始まり、スタッフの開発風景や各国のゲームショウでの場面などが紹介された。
 
 映像終了後、シリーズを統括している小島秀夫氏が登場。これまでのシリーズの歩みについてコメントした。

小島氏:
  隠れながら敵に見つからないように進む。こんな地味なゲームがここまでヒットするとは夢にも思っていませんでした(笑)。また私は飽きやすい性格なので、20年『メタルギア』を続けられたことは、本当に応援していただいている皆さんのお陰だと思っています。『メタルギア ソリッド2』のスネークの台詞に、「未来をつくることと、過去を語り継ぐことは同じことだ」というものがあります。本日は、過去の20年を振り返って、これからの展開が楽しみになるイベントです。どうか最後まで楽しんでいってください。

■オールド・スネークも参戦決定!PSP『PORTABLE OPS +』

 過去を振り返った後は、今後のシリーズ展開を明らかにするということで、小島プロダクション統括プロデューサー・今泉健一郎氏がステージに登場。今後発売が予定されている『メタルギア』シリーズの作品を紹介した。

 まず紹介されたのは、プレイステーション・ポータブル専用『メタルギア ソリッド PORTABLE OPS +』(以下『MPO+』)。本作は、2006年12月に発売された前作に追加キャラクタや新ステージなどを追加する拡張パック。特に、対戦が重点的に強化されており、新ルールで対戦できるほか、『MGS4』のオールド・スネークをはじめとした新キャラも使用することが可能となっている。
  発売予定日は2007年9月20日(木)で、価格は2,400円(税込)。前作も同梱したDXパックは4,300円(税込)での発売となる。


■デジタルコミック化第2弾!PSP『MGS2 BANDE DESSINEE』

 PS2『メタルギア ソリッド 2 SONS OF LIBERTY』を、音声や特殊効果も織り込んだデジタルコミックとして楽しめるのが、本作PSP『メタルギア ソリッド 2 BANDE DESSINEE(仮)』。PS2版とは異なり、主人公はスネークのみで、彼の視点により事件の全貌が描かれる。
  前作からの最大の変更点は、スネーク役の声優・大塚明夫氏をはじめとしたオリジナルキャストが声を吹き込んだフルボイス対応になっている点。より臨場感の増した物語を楽しめる。発売日などの詳細は近日明かされるということだ。

■PS3でオンライン対戦復活!『メタルギア オンライン』

 数々の特典を盛り込み、2005年12月に発売されたPS2『メタルギアソリッド3 サブシスタンス』。中でも、本編に登場したキャラクタやステージを利用して、他のプレイヤーとオンライン対戦が楽しめる『メタルギアオンライン』は好評を博した。残念ながら、同作のサービスは2006年12月をもって終了となり、据置き機でのオンライン対戦の復活を望む声が多く聞かれた。
 
 今回、発表されたPS3版『メタルギア オンライン』(以下『MGO』)は、そんなファンの声を反映して製作されたもの。発売日や価格、販売方法などに関する詳細は明かされなかったが、会場では小島プロダクションのスタッフ12名による実機での対戦が披露された。

 PS3『MGO』 最大の特徴は、仲間との通信手段にある。ゲーム中に登場する全ての兵士は、体内にナノマシンが注入されているという設定に基づき、各プレイヤーは「SOP(ソップ)」という情報共有システムを使用することが可能だ。「SOP」はチーム内での音声による通信だけでなく、障害物を透過して視覚的に敵味方を識別し、さらに仲間が発見した地雷の位置などの情報を、画面上に随時アップデートしていく。使用方法は実に簡単で、ボタンひとつで起動できるという手軽さ。
 
 また、「SOP」の「仲間内で情報を共有できる」という機能を逆手に取った作戦も行える。敵兵士を拘束して専用のスキャナを使用すれば、相手のチームの「SOP」にアップデートされた情報を盗むことができてしまう。
 この「SOP」システムが登場したことで、PS2版はもちろん、今までのオンラインゲームでは実現しなかった、より高度な戦略の展開が行えるようになるだろう。例えば、相手チームの動向を観測し、「SOP」にアップデートすることで仲間をサポートする「観測手」のような役割のプレイヤーも登場するかもしれない。

 実際、スタッフによる対戦でもほぼ「SOP」の情報に基づいて戦闘が行われていた。さすがにチーム同士が接近しての乱戦ともなると、情報を見る間もなく激しい銃撃戦となったが、基本は情報にたよった戦闘。特に、相手チームの「SOP」を盗んで潜伏位置を知り、重火器で一網打尽にしてしまう様子は、圧倒的だった。
 ちなみにPS2版『MGO』で活躍した、兵士の視線を釘付けにして行動不能にしてしまうアイテム「グラビア本」だが、今回もしっかり登場。しかも今回の「グラビア本」は数ページ用意されており、主観カメラでページをめくって眺めることもできてしまう。戦闘の合間の息抜きに観賞するのもいいかもしれない!?
 
  なおPS3『MGO』 は、公式サイトにおいてクローズドβテストへの参加者を既に募集開始している。募集枠は3,000名となっており、サイト上で応募したユーザーの中から抽選で選ばれる。期限は8月6日(月)まで。テスト期間は8月20日(月)から9月3日(月)まで。参加するには、プレステーション3本体やインターネット環境、連絡用メールアドレスが必要となる。詳細は公式サイトを参照してほしい。


■携帯アプリで潜入アクション!『メタルギア モバイル』

 現在、auの携帯電話向けに開発されているのがこの「メタルギア モバイル」。詳細はまだ明かされていないが、3Dポリゴンで描写されたステージの中を、スネークを操作して潜入していく。携帯アプリながら本格的な潜入アクションが楽しめるようだ。
  さらに20周年記念として、ソニー・エリクソン製の端末「W53S」には本作があらかじめインストールされており、同端末向けの着せ替えプレートなども企画中とのこと。


■ついに実機でのプレイ風景公開!PS3『メタルギアソリッド4』

 新作の発表に引き続いて行われたのが、『MGS4』の実機によるプレゼン。内容は、7月17日(火)に六本木で開催されたプレイステーションに関する最新情報を発表する「PLAYSTATION PREMIERE 2007」とほぼ同じ。しかし、今回は画面写真が多数公開されたので、ゲーム開始から敵兵との交戦まで順を追って紹介していこう。

※ゲーム画面は開発中のものです
※ゲーム画面をクリックすると、拡大版を見ることができます
いよいよ本編開始。スネークが紛争地帯である中東の某国へ潜入を開始する。戦っているのはA国の民兵と、B国が雇ったPMC(民間軍事会社)の傭兵たち
スニーキングスーツのカモフラージュを石像に合わせて、PMC兵の目を欺く。バランスをとるために、大事な部分に手を置いているのがポイント
スニーキングスーツには「オクトカム」と呼ばれる、周囲の環境を自動的に取り込んで偽装するシステムが備わっている。床に張り付いていれば、その柄が反映される
偽装で監視の目を欺き、兵士の背後から接近すればホールドアップさせられる。この状態から身体検査などを行うことが可能。隙を見せなければ拘束し続けられる
今回の身体検査ではアイテムだけでなく、相手の所持している武器を取り上げることもできる。さらに、急所を攻撃すれば一撃で気絶させられる
麻酔銃でPMC兵を狙い打つ。潜入行動中なので、なるべく戦場には関与しないほうがいい。非殺傷兵器を有効に使って切り抜けていきたいところ
スナイパーライフルでPMC兵を狙撃する。遠距離から安全に仕留められるが、失敗すると銃声でスネークの位置を発見されてしまう。1ショットで決めたい
開けた場所に出る場合は、なるべく遮蔽物を伝って移動するのが基本。隠れるだけではなく、余計な戦闘に巻き込まれないようにするためだ
新たなアクション、上段からの覗き込み。この姿勢のまま地面に降り立つことも可能。背後から近づいて兵士を気絶させる絶好のチャンスだ
シリーズおなじみの「ダンボール」に替わって、本作で偽装ツールとして登場するのがこの「ドラム缶」。中に入って隠れるだけでなく、ローリング攻撃も繰り出せる
主観カメラでの様子。このカメラのまま銃を発砲することはもちろん、すべてのアクションを行える。FPSに慣れたプレイヤーは、特にプレイしやすい視点だろう

建物の屋上にいる兵士から、あるいは上空のヘリコプターなどからも地上に攻撃が行われる。立ち止まっていると、すぐにハチの巣にされてしまう

スネークがPS3のコントローラで操作しているのは、無人偵察ロボット「メタルギア マークII」。オタコン特製のサポートツールだ。同社の『スナッチャー』でも補佐役を務めた
「メタルギア マークII」の操作中にも主観カメラに切り替えられる。バッテリーで稼動しているので、活動時間には注意したい。左下にある電波状況の表示も気がかり
あくまで偵察用である「メタルギア マークII」だが、電気ショックで敵兵を気絶させる機能も備わっている。非殺傷兵器なので、潜入には適している
屋上にいる敵兵に向かって発砲。相手もこちらに気付いているので、応戦してくる。近・中距離に適したアサルトライフルだが、画面上のガイドを利用して相手を狙う
今回は、仰向けになった状態からでもグレネードを投げることができる。やはりガイドを利用して投擲するが、具体的な操作方法が気になる
シリーズでおなじみとなっている、対戦車兵器「RPG-7」で装甲車を撃破。本作でも戦闘ヘリやメタルギアを相手にする時に、大いに活躍してくれるだろう
上空から謎の飛行型兵器が襲来し、地上に向かって掃射を行い飛び去っていく。二足歩行の「メタルギア 月光」のような新兵器だろうか?

■『メタルギア』関係者、大物クリエイターのコメントを一挙掲載!!

 引き続き行われた「第2部 パーティー」では、『メタルギア』の関係者やゲーム業界の著名人たちがステージに登場し、20周年を祝うコメントを小島氏に贈った。各氏のコメントは以下のとおり。
 その後、PSP『MPO』などで音楽を手掛けた日比野則彦氏による指揮のもと、歴代作品のテーマを繋いだメドレーがライブで行われ、日比野氏自身もサックスでのソロを披露。場内からは喝采が巻き起こった。

小島プロダクション監督
小島秀夫
デザイナー
新川洋司
軍事アドバイザー
毛利元貞
「20年『メタルギア』をやってきて本当によかった、『メタルギア』ってやっぱり良いなと、今日みなさんに集まって頂いて改めて思いました。『メタルギア』は皆さんのものです。作品を介して皆さんに会えたことを感謝しています。ありがとう」
「お集まり頂いた皆さん、今日は本当にありがとうございました。まだ会社には残っているスタッフもいますから、これから戻って作業を再開するつもりです」 「実は『MGS』以前から小島作品をプレイしていました。監督も、僕の本をネタに使ってくれたりしていましたね。そんな感じで出会って一緒に作品を作り始めたんです。監督、新作を作るつもりなら契約を結んでからにしてくださいね(笑)」
声優
大塚明夫
音楽家
日比野則彦
声優
井上喜久子 さん
「物語の進行と共に老いていくスネークを演じたわけですが、『4』のオールド・スネークが一番難しかったですね。僕は150歳まで現役でいるつもりですから、是非『メタルギア』を「反戦」教材として学校で配布して、僕の老後を安定させてください(笑)」 「今日はメドレーで演奏しましたが、『MGS』の曲を耳にすると、会社がまだ恵比寿にあった時代を懐かしく思い出しました。演奏曲は、先日発売になった「MUSIC COLLECTION」に収められています。是非聞いてみてください」 「作品に関われたことを嬉しく思います。小島監督は普段気さくでとてもお話しやすい方ですが、いつも私たちが想像できないことを考えつく素晴らしい人です。私も『MGS4』にかけてます!」
ゲームデザイナー
堀井雄二
D4エンタープライズ取締役
横井英克
『パワプロ』プロデューサー
上原和彦
「20周年おめでとうございます。監督は、本当にサービス精神に溢れた人です。僕のほうは、『ドラクエ9』を作っているところですが、色々あって大変です(笑)」 「MSXで『メタルギア』が発売された時のことを思い出しますね。MSXは制約の多いハードだったのですが、それを様々な手法で突破していったのは本当に凄かった。引退なんかせず作品を世に送り続けてください」 「僕もシリーズに少しだけ関わったことがあるんですが、まさか、同期の小島と一緒に『メタルギア』20周年を迎えることになるとは、夢にも思っていませんでした。次は40周年目指して頑張って欲しい」
ゲームデザイナー
シブサワ・コウ
コーエー取締役名誉会長
襟川恵子 さん
ゲームデザイナー
名越稔洋
「監督、いつも攻略本を贈って頂いて有難うございます(笑)。『MGS4』ではグラビアをもっとパワーアップしてください」
「小島さんは、ユーザーをいかに楽しませるかというサービス精神に溢れた人です。これからも、世界に向けて作品を発表されると期待しています」 「小島監督は、僕には真似できないとてもストイックな物づくりをする人です。僕も皆さんに影響を与えられるような作品を作っていきたい。近日、監督にも負けない作品を発表しますので、お楽しみに」
ゲームデザイナー
桜井正博
エンターブレイン代表取締役
浜村弘一
ゲームデザイナー
宮本茂 氏 (電報)
「小島監督はプロデューサーではなくクリエーターとして、現場に生きる人ですね。今僕が作っている『スマブラ』にもスネークが出演しますが、本当に生き生きしていて、任天堂キャラを圧倒しそうな感じです(笑)。今後の作品も期待しています」 「本当におめでとうございます。僕は小島監督を最後までゲームデザイナーとして見届けたいなって思っています。『4』以降も期待していますから、また驚かせてください」 「マリオもスネークも20周年を迎えられて本当によかったなと、とても嬉しく思っています。今日は会場に行けなくてすみません。本当におめでとうございます」


 ライブも終了し、関係者や招待客が席を立とうとすると、場内スクリーンには当日会場を訪れた全員の名前が記載されたスタッフロールが流された。ここまで作り手と受け手の一体感があるイベントというのも稀なことだろう。
 
 小島氏は最後に、「生涯現役として、ファンが望む限り作品を作り続けます」とコメントした。20年をかけたスネークの物語は『MGS4』を持って完結を迎えるが、その先に小島氏が作り出すものにも注目していきたい。

■『METAL GEAR SOLID PORTABLE OPS +』
(C)1987 2007 Konami Digital Entertainment Co., Ltd.
■『METAL GEAR SOLID 2 BANDE DESSINÉE(仮)』
(C)1987 2007 Konami Digital Entertainment Co., Ltd.
■『METAL GEAR ONLINE βVERSION』
(C)1987 2007 Konami Digital Entertainment Co., Ltd.
■『METAL GEAR SOLID 4 GUNS OF THE PATRIOTS』
(C)1987 2007 Konami Digital Entertainment Co., Ltd..
■『METAL GEAR SOLID MOBILE』
(C)1987 2007 Konami Digital Entertainment Co., Ltd.

最近記事が追加されたゲームタイトル
スポンサーサーチ
    ◆体質改善 ◆注目のワード ◆リアルラブプラス
よく見られている画像