オンラインゲーム、MMORPG、アプリ、ソーシャルゲーム、家庭用ゲームなどゲーム情報を毎日お届け!

イベントレポート  
3作目のタイトルが明らかに『レイトン教授』豪華発表会
2007.11.28
関連URL:『レイトン教授』シリーズ公式サイト
 
  いよいよ2007年11月29日(木)発売となる、『レイトン教授』シリーズ最新作『レイトン教授と悪魔の箱』。レベルファイブは11月28日(水)、同タイトルの発売を記念して「『レイトン教授と悪魔の箱』完成記念披露会」を、東京・品川にて開催した。
  イベントにはレベルファイブ代表取締役社長・日野晃博氏のほか、ゲストとしてタレントの眞鍋かをりさん、さらにメインキャラクタの声優を務めた大泉洋さん、堀北真希さん、大沢たかおさん、大後寿々花さん、そして本作のメインテーマを歌うSalyu(サリュ)さんも参加。発売目前に迫った『レイトン教授と悪魔の箱』について、ゲームの見どころや、収録にあたり苦労した点などをそれぞれ語ってくれた。


■日野社長、続いてメインキャスト4人が挨拶
  冒頭、イベントの開催に先立ち、日野社長は「おかげさまで今作では、前作の約5倍もの初回受注をいただきました。これでシリーズの合計出荷本数は144万本。
  弊社としては、年末に向けて200万本を達成できるよう、さらにプロモーションに力を入れていく予定です」と挨拶。

  前作が累計で約70万本の出荷であったことを考えると、本作は初回出荷の時点で前作の累計販売本数を早くも上回っていることになる。
レベルファイブ代表取締役社長・日野晃博氏
 この勢いのまま年末商戦に入ることができれば、シリーズ2作目にして、待望の100万本突破も夢ではなさそうだ。

【大泉洋さん(レイトン教授役)】
【堀北真希さん(ルーク少年役)】
1作目はとにかくキャラクタが定まらなくて。英国紳士と言われて浮かんだのがジェームス・ボンドだったんですね。それでボンドっぽい感じでかなりキザに演じていたら、日野社長から英国紳士は忘れてくれと言われてしまって(笑)。今回はある程度キャラが定まっているという意味では楽でしたね。でも単純にボリュームが2倍くらいになっていますので、そこは苦労しました

大泉さんもおっしゃっていましたけど、今回はお芝居の部分が多かったのがやっぱり大変でした。もちろんそこが見どころでもあるんですが(笑)。ルーク少年の役は前にもやっていたので、もう一度、自分の中でルーク少年を探して。今回はわりとすんなり入ることができましたね

【大沢たかおさん(アンソニー役)】
【大後寿々花さん(カティア役)】
ゲームの仕事というのははじめてで、最初はまず物語を見せてくださいとお願いしたんです。そうしたらもう、ゲームとは思えないくらい奥深くて、キャラクタにもそれぞれ人間模様があって。もう一発で好きになってしまいましたね。それで前作もやってみたんですが、そうしたら今度は解決するまで返事ができなくなってしまって(笑)。今回は映画を1本撮るくらいの、ものすごいエネルギーを使った気がします 私も声優というのははじめてで。いつもは自分のタイミングで演技をすればいいんですが、今回は映像のタイミングに合わせなければいけない。それがすごく難しかったですね。だから最初は探り探りで、緊張したりもしました。でもやっているうちに少しずつ慣れてきて、最後の方はやりやすかったですね


■意外!? 眞鍋かをりさんも『レイトン教授』ファンだった!
  さらにこの後、ステージには前作『レイトン教授と不思議な町』の大ファンだという、タレントの眞鍋かをりさんがゲストとして登場。ここからは眞鍋さんもトークに加わり、スクリーン上に次々映し出される「オススメシーンBest3」をバックに、本作『レイトン教授と悪魔の箱』についての熱いトークショウが展開された。
  ちなみに眞鍋さんは、すでに『レイトン教授と悪魔の箱』のソフトを借りて、一足先にクリア済みとのこと。自称・芸能界の『レイトン教授』応援団長という肩書きはさすがにダテではないようだ。
 なお、眞鍋さんによる「オススメシーンBest3」の内容はというと、第3位が「ルーク少年がかわいい」、第2位が「カティアもかわいい」、そして第1位が「アンソニーがカッコイイ!」。
【眞鍋かをりさん】
1作目ももちろんクリアしました。自分でナゾを解いていくのがすごく気持ちいいゲーム。楽屋とかで遊んでいると、現場に行きたくなくなってしまいますね(笑)。今作は問題もだいぶレベルアップしているようで、難しかったですね。意地でもヒントメダルは使いたくないので、ちょっと苦労しました
  主人公なのになぜかオススメシーン紹介がなかった大泉さんがすっかり卑屈モードになってしまうという一幕も。レイトン教授の活躍シーンについては、「製品版でのお楽しみ」ということのようだ。


  トークショウの後には、本作のメインテーマとなる「iris~しあわせの箱」を歌う、アーティストのsalyuさんによる生ライブも行われた。
 アコーディオンをバックに刻まれる、少し物悲しげなメロディーはまさに本作のイメージにぴったり。ゲーム中のどの場面で流れるのかは不明だが、ぜひゲームの中で聞けるよう、がんばってナゾを解いてみてほしい。
 ちなみにこの曲は、本日11月28日(水)、トイズファクトリーよりシングルCDがリリースされるとのこと。
【salyuさん】
タイトルの"iris"とはあやめの花のこと。あやめには、愛しています、消息、伝言といった意味の花言葉があるんですが、すべて今作のイメージにぴったりだなと思い、このタイトルを付けさせていただきました。それから、ゲームのタイトルが『悪魔の箱』なのに、サブタイトルがなぜ"しあわせの箱"なのかは、きっとゲームを遊んでいくうちに明らかになると思います

■シリーズ第3作のタイトルは『最後の時間旅行』!

  そしてイベントの最後には、ふたたび日野社長がステージに登壇。気になる「3作目」について、少しだけ新情報が公開された。
  今回初公開となった「3作目」のタイトルは『レイトン教授と最後の時間旅行』。日野社長によれば、次回のテーマは「ナゾトキ×タイムスリップ」で、タイトルのとおりレイトン教授とルーク少年が未来のロンドンへとタイムスリップしてしまうという、シリーズ3作目にしてはじめて、SFの要素を盛り込んだものになるという。もちろん今回も「頭の体操」の著者・多湖輝氏がナゾの監修として参加するほか、今回はなんとすべてのナゾが、本作のために新しく考えられた、完全オリジナルのものになるとのことだった。
  日野社長は最後に、「これまでとは、ひと味もふた味も違うナゾトキをお届けできると思います」とし、イベントをしめくくった。残念ながら発売日は未定とのことだったが、日野社長も「できるだけ早く」とコメントしており、また1作目と2作目のスパンが非常に短かったことを考えても、そう遠くないうちに、さらなる新情報をお届けできるのではと思われる。シリーズファンはひとまず、11月29日(木)発売の『レイトン教授と悪魔の箱』をプレイしながら、次回作に向けて頭をほぐしておくといいかもしれない。

スクリーンショット集
『レイトン教授と悪魔の箱』
ハード: ニンテンドーDS
ブランド: レベルファイブ
ジャンル: ナゾトキ・ファンタジーアドベンチャー
発売日: 2007年11月28日 (木)発売
価格: 4,800円(税込)
(C)2007 LEVEL-5 Inc.
最近記事が追加されたゲームタイトル
スポンサーサーチ
    ◆体質改善 ◆注目のワード ◆リアルラブプラス
よく見られている画像