オンラインゲーム、MMORPG、アプリ、ソーシャルゲーム、家庭用ゲームなどゲーム情報を毎日お届け!

ピックアップニュース  
最新作でも「オレの嫁」! トーク満載『アイマス』イベント
2007.10.29
関連URL:『アイドルマスター』公式サイト
 
 2007年10月28日(日)、渋谷O-Eastにて「Go to the NEXTSTAGE!! THE IDOLM@STER GREAT PARTY@TOKYO」が行なわれた。先日、Xbox 360用の新作『THE IDOLM@STER Live For You』が発表されたばかりで、今後の展開に関する情報も期待された今回のイベント。終始熱気と笑いに包まれた、3時間に渡るイベントの模様をお伝えする。
 
■イベントスタートと同時に新作映像!テンションは一気に最高潮!!
音無小鳥による諸注意のあとに、ダンス審査員が乱入。彼も同じく「アイマス」の名物キャラだ
 
キャラに大きな変化は見つからないものの、気になるキーワードが散りばめられていたムービー
 
今回の出演者7人。それぞれキャラクタのイメージに近い衣装を着ての登場となった
 いきなりだが、言うまでもなく『THE IDOLM@STER(以下アイマス)』のイベントには、いくつかの“お約束”がある。アイドル候補生が所属する765プロダクションの事務担当・音無小鳥による諸注意もそのひとつだ。
  そして、今回のイベントもその期待を裏切ることなく音無小鳥からスタート。しかも注意内に「オレの嫁」「ニコニコ」といった、会場に集まった“プロデューサー(ここではプレイヤー)”のココロをくすぐる単語を散りばめるというサービス。これで盛り上がらないはずがない!
  さらに、続けて最新作『THE IDOLM@STER Live For You』の映像を上映。「ライブ」で歌って踊るアイドル候補生たちの姿とともに、「オリジナルデザイン」や「音無小鳥が登場」といったキーワードが流れ、その度に会場に集まったプロデューサーからどよめきが! 今回のイベントで最も期待されていた情報が、イベントの最初から流れたのだ!
  興奮冷めやらぬなか、出演声優がステージに登場。現れたのは中村繪里子さん(天海春香役)、今井麻美さん(如月千早役)、下田麻美さん(双海亜美、真美役)、仁後真耶子さん(高槻やよい役)、平田宏美さん(菊地真役)、若林直美さん(秋月律子役)、そして最初に音無小鳥として注意をアナウンスした滝田樹里さんの7人。それぞれの自己紹介が終わり、バンダイナムコゲームスの坂上プロデューサーを迎えた質問コーナーが始まった。
 
■みんなの質問に坂上プロデューサーが回答! あ、パスって言った!
坂上プロデューサーも、なぜか質問中に観客と一緒に手を振り出すほどノリノリだった
 質問は、事前に募集された内容が書かれた用紙を声優さんが箱の中から取るという形式。明らかに事前に募集されたものではないものもあるが、それはともかく今回答えられた内容は以下のとおり。
  なお「守秘義務などもあるだろうから」という出演者の配慮により、坂上プロデューサーには2回までのパスの権利がある。しかし3回パスすると自腹で観客にプレゼントをすることになっていた。

Q:イベントの最初に流れたムービーについて説明してください。
A:ムービーは最新作『THE IDOLM@STER Live For You』のもので、この冬に発売。今度はプロデュースではなく、ライブをコーディネートします。付属するDVD用のアニメも作っていますが、まだ絵コンテしかできていません。

Q:Xbox 360『THE IDOLM@STER』(プラチナコレクション)の発売日が、「エースコンバット6」と同じ2007年11月1日(木)なのは陰謀ですか?
A:陰謀です(笑)。『ビューティフル塊魂』もですが、一緒にXbox 360を盛り上げていきたいです。

Q:今後『アイマス』でやりたいことについて、大風呂敷を広げてください。
A:どんどんいろんなことをしていきたいです。(もっと具体的に! と出演者と観客に突っ込まれ)すみません、パス1で

Q:(Xbox 360のダウンロードコンテンツである)「アイマスカタログ」で購入できるブルマや赤ちゃんセット、スクール水着などのマニアックな衣装は誰の趣味ですか?
A:私の趣味です。でもマニアックですかね?

Q:ニンテンドーDSで発売しないのですか?
A:もしそんな話があったとしても、ここでは言えません(笑)。パス2!

Q:今アメリカにいるのですが、765プロは世界進出しないのですか?
A:考えておきます(またもや突っ込まれ)。

Q:あと「何ゲイツ(マイクロソフトポイントのことだと思われる)」くらい持っていればいいの?
A:すみません、パス3で(笑)。

 というわけで坂上プロデューサーが自腹でプレゼントを用意することになり、質問コーナーは終了となった。

■ラジオの公開録音とライブドラマで、一次会は無事終了!
「渋谷deアイマSHOW!」には、サポートとして本編パーソナリティの3人も途中から参加した
 全員が一度退場したあと、ステージに下田さんと滝田さんが現れ、ゲーム内のコミュニケーションパートのような雰囲気のなかで寸劇を開始。亜美&真美と小鳥がラジオのパーソナリティとしてユニットを組むという話から始まった、ネットラジオ「ラジオdeアイマSHOW!」(先週惜しくも最終回を迎えた)の出張版「渋谷deアイマSHOW!」の公開録音である。
  番組のコーナーは、最近「アイマス」を始めたプロデューサーのお便りを紹介する「新米さんいらっしゃいませ」、ラジオで腕相撲の強さが明かされた仁後さんに、若林さん、平田さんが挑戦する「レッスン:まっちょちょんに挑戦」のふたつ。いずれも笑いを誘う展開で、会場は大盛り上がり!
  収録された内容はアニメイトTVで11月に公開されるそうなので、会場に来られなかったプロデューサーはぜひ確認してほしい。
 
今回のドラマはアフレコ風の雰囲気で進行。普段はあまり見られない光景かも?
 続いてのコーナーは、「ラジオdeアイマSHOW!」の流れでステージ上に揃った出演者全員による、「765プロホームパーティ」と題されたドラマ。
  物語は、新しく誕生した766(ナムム)プロの社長に音無小鳥が就任し、新たな展開に向けて各アイドル候補生がイメージチェンジをするというもの。そして、前社長に「私の引退後は頼む」と言われたという亜美&真美が2種類のイメージをステージ上で提示し、観客が好きなほうを選ぶというライブならではの内容だ。
  そして、披露されたのは「“いい男!”とか言いそうなほど男らしくなった真」「帰国子女で赤ちゃんキャラの春香」「軍隊あがりのエクササイズ教官という設定のやよい」。いずれもゲーム内のキャラとは大幅にイメージが異なる。そのあまりの変貌ぶりに場内のプロデューサーは大爆笑し、かつアドリブで演じた声優陣は悶絶していた。
  最後には亜美&真美が「バレンタインは頼む」を「引退後は頼む」と聞き間違えていたことがわるという、というオチに「チャンチャン」というコントでよく聞かれるSEをあわせ、ドラマが終了となった。
■パーティの二次会はもちろんカラオケ! お待ちかねのライブコーナー!
 ここまでがパーティーと題された今回のイベントの1次会。間に石原ディレクターが登場して『アイマス』関連商品の今後について紹介したあと、ライブ主体の2次会が開始した。こちらは写真でその様子を確認してほしい。
↑「春香とイメージが違うかも……」と言いながらも、中村さんはハードな「I Want」を熱唱!
 
 
 
 
 
←ライブパートのトップバッターは、「すごく緊張した」という仁後さんで「キラメキラリ」
   
次の曲がかかるというハプニングを乗り越え、
明るく歌った下田さんの「スタ→トスタ→」
メガネをアピールした若林さんの「いっぱいいっぱい」。なお、ダンサー陣もメガネをかけていた
   
シンプルな演出で、クールでカッコいい(と
思われがちな)真にぴったりの「迷走Mind」
歌が一番上手という千早の設定どおり、今井さんが圧倒的な声量で歌った「目が逢う瞬間」
   
ゲーム版『アイマス』には未登場の滝田さんも、
白い衣装に身を包み、「空」を歌い上げた
最後は出演者全員による「i」。今回は「MASTER ARTIST」シリーズ収録楽曲が披露された
 
■急遽スタートの3次会で、プロデューサー(本物)からのプレゼント
本当に紆余曲折あった末に当選番号が決まった。ホワイトボードの右側には各キャラの予定も
 
アンコールの声が鳴り止まないなか、音無小鳥から終演がアナウンスされイベントは終了!
 ライブ後、この日の出演者全員から観客へのメッセージが伝えられて終了……かと思われたが、なんと3次会に突入。3次会は質問コーナーでパスを3回行った坂上プロデューサーからのプレゼントが当たる抽選会。プレゼント内容はアイドル候補生全員のサインが入ったXbox 360版『THE IDOLM@STER』限定版と、765プロダクション商品企画部が作ったというネームプレート(坂上プロデューサーのサイン入り)。「今日来ていない人のサインがなぜあるの?」という疑問はさておき、かなりレアな景品だ。
  当選番号は本イベントの出演者が任意で選んだ数字を中村さんが加減乗除して決めるという方式。その結果、174番の数字を持ったプロデューサーが当選者に。しかし、実は今回のチケットはA、B、ローソン、ぴあの4種類があり、つまり174番のチケットが4枚存在することになる。そこで、A、B、ローソン、ぴあ、それぞれにゆかりのある出演者がジャンケンで決めることに。
  担当は、演じるキャラの如月千早が「A(血液型か…? それとも…?)」の今井さんが“A”、衣装がBlackの平田さんが“B”、ローソンで働いていた経験があるらしい若林さんが“ローソン”、あだ名の“ぴよちゃん”がぴあに似ているという滝田さんが“ぴあ”、で決定。さぁ、じゃんけん! と、今井さんが一発で勝利し、Aの174番が景品をゲット。おめでとう!
  そして最後は次回に向けて、恒例の「プロデューサーさん、ドームですよ、ドーム!」コールで、3時間にも及ぶイベントは幕を下ろした。
 
 これまでのライブ主体のイベントに比べ、トークが多く用意されていた今回のイベント。しかし観客はつねに盛り上がっており、熱気のために記者席の人もみな上着を脱いでしまうほど。特に出演者が繰り出す“お笑い”の要素に、『アイマス』の世界観の広がり、そしてその浸透度を感じられた。
  坂上プロデューサーによると、最新作『THE IDOLM@STER Live For You』は今冬発売。同作を筆頭に、まだまだ続いていくであろう『アイマス』の展開に期待を抱かせるのに十分なイベントだった。
 
(C)窪岡俊之 (C)2003 2007 NBGI
最近記事が追加されたゲームタイトル
スポンサーサーチ
    ◆体質改善 ◆注目のワード ◆リアルラブプラス
よく見られている画像