オンラインゲーム、MMORPG、アプリ、ソーシャルゲーム、家庭用ゲームなどゲーム情報を毎日お届け!

イベントレポート
 
新作続出!『ガンダムVS.ガンダム』
『戦国BASARA X』 『鉄拳6』 AMショーレポ
2007.09.13
関連URL:第45回 アミューズメントマシンショー公式サイト
 
 
 
  2007年9月13日(木)、第45回アミューズメントマシンショーが幕張メッセにて行なわれた。例年どおり多くのゲームメーカーが出展し、数々の新作が発表、展示されている本イベント。今回は、13日(木)の会場の様子をビデオゲームを中心にお伝えする。

※各写真をクリックすると、拡大版がご覧になれます。
■カプコンブースで遊べる!2D対戦格闘『戦国BASARA X』!
 『ストリートファイター』や『ヴァンパイア』など、多くの人気格闘ゲームをリリースしてきたカプコン。近年縮小傾向にあった同社のビデオゲーム事業だが、今回のブースでは新作『戦国BASARA X』が大々的に展示されていた。本作品は家庭用ゲームで人気の戦国武将が集うアクションゲーム『戦国BASARA』を2D対戦格闘ゲームにアレンジしたもの。制作を『ギルティギア』シリーズで知られるアークシステムワークスが担当しており、ゲームのリズム感や演出に“らしさ”が感じられた。
  カプコン久々の新作、そして対戦格闘ゲームの雄とも言える2メーカーのコラボレーションということで注目を集めており、20台近くあったプレイアブル筐体はつねに人が付いているほどの人気ぶり。そのうちの6台は対戦もできるようになっていたので、2D格闘ゲームファンはぜひプレイしておこう。
(C)CAPCOM CO.,LTD. 2007 ALL RIGHTS RESERVED.
 
■バンプレストブースにて、ついに『機動戦士ガンダムVS.』の新作発表!

 バンプレストブース最大の注目作品は、ステージイベントで発表された『機動戦士ガンダムVS.』シリーズの最新作だ。前作の稼働から一年以上の時を経て発表された最新作のタイトルは『機動戦士ガンダム ガンダムVS.ガンダム』。ステージに上がったプロデューサーの馬場龍一郎氏が語った“全機主役”“ガンダム祭り”というコンセプトどおり、これまでアニメ化した「ガンダム」シリーズ15作品から、主要なモビルスーツが登場する。
  本作品は基板にシステム256を使用し、操作は8方向レバー+4ボタンで行なう。基本的に従来どおり2対2で戦うが、「ちょっとした遊びが入る」(馬場氏)ようだ。この謎のシステムを解明するヒントとなりそうのが、イベント後半に紹介された画面写真の数々。RX-78(初代ガンダム)とGファイター2機がガンダムヴァサーゴと戦っている場面や、トリプルドムが出撃しているところなど、ひとりで3つの機体が使えそうなことが伺えた。
  ステージ最後に披露されたOPムービーでは、アーケードゲームの筐体が、デビルガンダムの触手によってDG細胞を植えつけられる様子が描かれていた。どうやらこれがガンダムすべてが集まるという本作品の物語に関わっているらしい。今回はステージでの発表のみだったが、馬場氏によると「近々プレイヤーが触れる日が来る」そうだ。正式稼働が予定されている2008年初春まで、すべての「ガンダム」ファンは期待して損はないはずだ。

(C)創通・サンライズ
(C)創通・サンライズ・毎日放送

■大型筐体の続編が登場したセガブース 『三国志大戦3』の映像も!
 会場内で最大の面積を占めていたセガブース。その前面にプレイアブルで出展され、多くのギャラリーを集めていたのが『ダービーオーナーズクラブ2008 feel the rush』と『SEGA-Race TV』だ。前者はアーケード用の競走馬育成シミュレーション『ダービーオーナーズクラブ』シリーズ久々の新作。プレイヤー自身のデータを残す「オーナーカード」や、レースをさらに白熱させる「追い」ボタンなどの要素が追加されている。後者は、アメリカンテイスト満載の新作レースゲーム。コース中にしかけられたトラップや超加速するブーストボタンといった、ただでさえ派手なレースシーンを、テレビ中継風の演出で盛り上げる異色作だ。
  ブース内部で出展されていたのは、対戦モードを追加した『Quest of D』の新作や、新感覚の対戦クイズゲーム『アンサー×アンサー』のバージョンアップ版など。大型筐体以外の新作としては、ストーリー性の強い『イルベロ(イルマティック・エンベロープ)』、任意スクロールという珍しいシステムの『まもるクンは呪われてしまった!』というふたつの風変わりなシューティングゲームも出展。多くのゲームがプレイアブルだったため、人気ブースのひとつとなっていた。
また、映像による新製品紹介のステージイベントで、特報として発表された作品がふたつあった。オンライン対戦麻雀『MJ4』とカードゲーム『三国志対戦3』だ。いずれもイメージ映像とロゴのみの発表に留まり、ゲーム内容や稼働日は一切明かされなかったが、双方ともファンが多いシリーズ。続報を期待して待ちたい。

■『鉄拳6』がプレイアブル出展! バンダイナムコゲームスブース
  バンダイナムコゲームスブースでは、これまで商談会でしかプレイできなかった『鉄拳6』が、プレイ可能な状態で展示されていた。グラフィック面が大幅にパワーアップされ、新キャラクターの登場、アイテムによるカスタマイズなどが追加され、注目を集めている本作品。
  今回の出展では、カスタマイズされたキャラクタが選択でき、さらに一部のキャラクターではアイテムを使った技も使用できるという、本イベント限定のスペシャルバージョンでの出展となっている。
NAMCO BANDAI Games Inc.(c) 2006 NBGI

■カードとレース、ふたつの完全新作が注目のタイトーブース
  タイトーブースでは新作がふたつ、いずれもプレイアブルで展示されていた。『悠久の車輪』は、スクウェアエニックスと共同で開発しているオンラインカードゲームだ。システムは同社の『アクエリアンエイジオルタナティブ』に似ており、カードを置く手元の画面、戦闘の様子が描かれる正面の画面のふたつを使用。カードとボタンで味方キャラを操作して、対戦相手のキャラを倒していく。キャラ操作に使用するカードには、該当するキャラクターが描かれており、イラストレーターには美樹本晴彦氏や末弥純氏、吉田明彦氏といった有名どころも多数いた。
 もうひとつの新作は「D1GP」というモータースポーツをゲーム化したレースゲーム『D1GP ARCADE』。従来のゲームと大きく異なり、本作品では順位やタイムではなく、“いかにかっこよく走るか”が勝敗の基準。つまりドリフトの時間や角度、コーナーへの進入速度などが重要になる新機軸のレースゲームとなっている。

■ケイブでは珍しい横スクロールSTG『デススマイルズ』
 毎回、歌やプライズなどで個性的なブース展開を続ける、AMIことケイブゲームのブース。今回は中毒性の高いゴシック系トランスが延々と流れるなか、新作『デススマイルズ』が出展されていた。
  本作品のジャンルは“ゴシックホラー配合アクションシューティング”。ケイブでは珍しい横スクロールシューティングで、しかもゴシックホラーという世界観だが、いつもどおりの弾幕ぶりで、多くのファンと思われる人達が筐体周辺に集まっていた。

■40周年記念で、テクモブースになつかしのゲームが集合!
 今年、創業から40周年を迎えたテクモのブースでは、“タイムトンネル”と称して同社がこれまでリリースしてきたアーケード用の作品を展示していた。アーケード参入3作目『ガズラー』から始まり、現在のところ最後のアーケード作品となっている『DEAD OR ALIVE 2 MILLENIUM』まで、各年代ごとにピックアップされた同社の作品が勢ぞろい。アクションパズルの名作『ソロモンの鍵』、トラックボールを使った独特の操作で脚光を浴びた『テーカンワールドカップ』、怪作『がんばれギンくん』など、今となってはプレイが難しい作品が無料で遊べるので、ぜひ幅広い年代の人に訪れてほしい。

■BB弾をぶっ放す『バルカンウォーズ』が熱いアトラスブース
 今回の会場にある筐体で、もっとも爽快感を得られそうな作品が、アトラスブースにあった『バルカンウォーズ』だ。システムは画面に現れる敵をどんどん撃ち倒していく、オーソドックスなガンシューティング。ただし操作する武器はなんとバルカン。筐体前面に配置されたバルカンからBB弾をバンバン放ち(振動がかなりリアル!)、敵を倒していくのだ。家庭用では再現が難しそうな、とてもアーケードゲームらしい作品だろう。
 また、ピンボール台の新作もプレイアブル可能な状態で出展されている。

  以上のように、多くの個性的な新作が出展されていた今回のイベント。ビデオゲーム全体の傾向としては、筐体の大型化やネットワーク対応など、近年の大きな流れは変化なし。そんななか、カプコンが旧来どおりのスタイルでビデオゲームをリリースするというのが、とても印象的だった。また、ビデオゲーム機以外では、メダルゲームが変わらない人気を誇っていた。
 本イベントの期間は9月15日(土)まで(ただし14日(金)は業者専用日)。15日(土)限定の催しとして、レアグッズが登場するチャリティオークションも予定されている。気になるタイトルがある人は、ぜひ幕張まで足を運んでみよう。

 

最近記事が追加されたゲームタイトル
スポンサーサーチ
    ◆体質改善 ◆注目のワード ◆リアルラブプラス
よく見られている画像