オンラインゲーム、MMORPG、アプリ、ソーシャルゲーム、家庭用ゲームなどゲーム情報を毎日お届け!

ピックアップニュース  
『ガンダム無双』ついに大地に立つ!完成記念試遊会レポート
2007.02.23
関連URL:『ガンダム無双』公式サイト
 
開始前、静かにロゴがスクリーンに映し出されていた…。
司会の女性の衣装は、地球連邦軍のマチルダさんをイメージしたとのこと
左から高須氏、襟川さん、久夛良木氏
 いよいよ来週3月1日(木)に発売が迫った『ガンダム無双』の完成を記念し、関係者を招いた発表会が2月23日(金)に都内・帝国ホテルで行なわれた。
  発表会は『ガンダム無双』のムービー上映と、マチルダさんのコスプレをした女性の進行によりスタート。まずはバンダイナムコホールディングの高須社長が「実は、本作の開発中のコードネームが“ガンダム無双”で、それがそのまま商品名になりました」と、コメント。
  続けてコーエーの代表が挨拶を行ない、特にコーエーの襟川取締役名誉会長が登壇し、「設立から29年で初の、他社とのコラボレーションタイトルで、任天堂の代表取締役の方も本作の出来具合を気にしていた。私はガンダムはアムロくらいしか知らなかったけど、経営会議で話したらみんなが一斉に盛り上がった。それを受けて私から鵜之澤さんに提案したとき、乗り気じゃなかった。なので高須さんにお願いした」などと開発当初の裏話を交えて語り、会場の笑いを誘っていた。
  また、応援のために駆けつけたソニー・コンピュータエンタテインメントの久夛良木代表取締役会長兼グループCEOは、本作を「プレイステーション3のハード性能を活かした第2世代のゲーム」と評価し、「春に向けて、ビッグプレゼントをありがとうございます。SCEとしてもできる限りのサポートをしていきたい」と、期待と応援の言葉を続けていた。ちなみに久夛良木氏は「PS3はすでに全世界で400万台以上出荷している。そして、これから発売する欧州にはすでに100万台を用意した。また、PS2も好調で、予想以上の発注を受けている」と市場のアピールも行っていた。
▼メカの動きではなく『無双』の躍動感を追求

バンダイナムコゲームスの鵜之澤氏。なぜ、乗り気じゃなかったのかは明かされず
バンダイナムコゲームスの堀内氏。ゲーム大会の司会もされていた
コーエーの鯉沼氏。バンダイナムコゲームスの思い切りの良さに何度も驚かされたという
「オフィシャルモード」のスタートでは、ストーリーの説明が入る
「オリジナルモード」の1シーン。ドモンとカミーユが戦っている
 その後、バンダイナムコゲームス副社長の鵜之澤氏の「販売目標は全世界で100万本」という挨拶を挟んで、『ガンダム無双』開発チーフプロデューサーの堀内氏(バンダイナムコゲームス)と、同じく開発チーフプロデューサーの鯉沼氏(コーエー)が登場。実機を使ってのプレゼンテーションが始まった。

  まずは「オフィシャルモード」から。「機動戦士ガンダム」のステージ1の舞台はオデッサ。「一騎当千の感覚を味わってもらう(鯉沼氏)」ために、ザクIIが実際に1,000機登場。「1年戦争中にザクIIF型は3,000機しか作られていなかったという設定がありますが、史実よりゲームとしての面白さ、爽快さを優先させた(堀内氏)」と、あくまでも“ゲーム”という面を追及したスタンスで開発されていたことを語っていた。
  さらに、操作感覚だけでなく演出面でも“ゲーム”が念頭に置かれている模様。その一端を表しているのがオープニングムービーである。本ムービーでは、ガンダム、Zガンダム、ZZガンダムの3機の戦闘シーンが描かれているが、これは「3人のヒーローがカッコ良く活躍する」がテーマとなっているという。そこで、より“カッコ良く”見せるために「やっぱり『無双』の躍動感」が重視されたようだ。
  そのこだわりは宇宙ステージのプレイ時にも語られ、「当初は宇宙ステージを入れるかどうかも迷った」そうだが、結果的には360度すべてを使ったものではなく、『無双』らしくわかりやすい平面的な形にすることを決定。背景の工夫や宇宙ステージ専用のモーションを用意することで、宇宙での戦闘を再現している。

  続いて紹介された「オリジナルモード」は、前述のガンダムと平成以降のガンダムの一部が競演する夢のモード。「どのガンダムを登場させるか、丸1日バンダイの会議室にこもって会議した(堀内氏)」「最初、ターンAを出すと言われたときは耳を疑った(鯉沼氏)」結果、すでに発表されている3機が登場することになった。フィールドでの戦闘中、ゴッドガンダムとZガンダムが出会うとドモンとカミーユの掛け合いイベントが始まり、ウェイブライダーとゴッドフィンガーが激突するなど、まさに「本作だけのオリジナルストーリー」が展開される。

  さらに、デザイナーのカトキハジメ氏によってリファインされた武者ガンダムの存在が明らかにされた。SDガンダム世代にはおなじみのこのガンダムは、「オリジナルモード」のラスボスとして登場するそうだ。

▼ジーパラ編集部【まろん】が勝ち抜きトーナメントに挑戦!

会場内で告知されていたゲーム大会の賞品群。テレビにデジカメ、豪華だなぁ
受付時に渡されたチケット。右の57番が選ばれた番号。まさかねぇ
会場横に設置された試遊スペース。こちらの試遊台では、1人プレイ専用だった
 両プロデューサーによるプレゼンが終了したあと、会場内では本作の試遊タイムへと突入。そして、それと平行して、出席者から8人を選んでの『ガンダム無双』トーナメント大会が開催された。

  対戦方法は「バーサスモード」内の「撃墜数競争」を改良したもの。次々と出てくる敵機を100機倒して、その後に登場する武者ガンダムを先に倒したほうが勝ちとなる。この大会の賞品が豪華で、1位はソニーの液晶テレビ「ブラビア(40インチ)」「プレイステーション3(60GB)」『ガンダム無双』「図書カード(5万円分)」「ガンプラ(マスターグレード)」。そのほか大会上位者や、選ばれた8人、選ばれなかった人にもそれぞれデジカメなどが当たる可能性があった。この盛大な大会に、120人を超える参加者の中からジーパラ編集部の【まろん】が見事に選出!「プレイしたことないんだけど…。でも、ブラビアほしい、ブラビア」という戸惑いと物欲とともにトーナメントに挑戦した。

  1回戦は「ゲームをプレイしたことがない」という女性を相手に「ジュドー+Zガンダム」というマニアックな組み合わせで接戦の末に勝利。「女性に勝っていただきたい」という堀内氏の意向に反する形になった。続く準決勝では「ハマーン+キュベレイ」を操り、シャアと百式を使った男性に、アニメ「機動戦士Zガンダム」最終回と同じく勝利。決勝へと進出した。

  決勝戦では準決勝と同じく「ハマーン+キュベレイ」を操って、「ヒイロ+ウィングガンダムゼロ」を使っていた相手と途中まで接戦となる。しかし90機以降に現れるジオングの大群に手間取ってしまい、あっさり敗北。残念ながら「ブラビア」を手にすることはできなかった。


■難しいことを考えずに斬り倒せる!“簡単さ”はまさに『無双』

 なお、大会後に試遊台でプレイした感想は、とにかく簡単でサクサク遊べる、の一点。『無双』シリーズの経験が少ないユーザーでも、□ボタンを中心としたガチャプレイでどんどん敵を倒せ、必殺技を出すことができた。
 また、モビルスーツのモーションも良くできている。複数の武器を攻撃によって使い分けるのだが、その一連の流れもプレイの中で違和感はない。もちろん、実際には「そんな動きはムリ」と思うところもあるのだが、それは“ゲーム”だから、特に気にする必要はないと感じた。
 ちなみに、ゲーム開始当初から選ぶことはできないと思われるが、初心者にはキュベレイがオススメ。この機体、かなり使い勝手が良い。□→□→□→△のチャージ攻撃が周囲へのファンネルになるため、乱戦において有効なのだ。
 また、いちガンダム好きとしては、ドモンがファンネルを「ビット」と言ったり、「ターンAガンダム」のホレス氏が出てきたりしたところがヒットした。

■『ガンダム無双』関連記事
【新作紹介】
● 2007.01.19 『ガンダム無双』最新画面追加!パイロット及びMSビジュアルも掲載!
● 2007.01.26 僚機出撃!百式&ジ・オも使える!『ガンダム無双』続報
● 2007.02.09 G・ターンA・ウィング登場!『ガンダム無双』新情報&新画面!
● 2007.02.22 マスターガンダム&エピオン登場!『ガンダム無双』続報
 
【プレスリリース】
● 2006.12.21 ガンダムで豪快アクション!!PS3『ガンダム無双』2007年発売決定!
● 2007.01.10 発売日は2007年3月1日!PS3『ガンダム無双』いきまーす!!
ガンダム無双
ハード: プレイステーション3
メーカー: バンダイナムコゲームス
ジャンル: タクティカルアクション
発売日: 2007年3月1日(木)予定
価格: 7,800円(税込)
プレイ人数: 1~2人
最近記事が追加されたゲームタイトル
スポンサーサーチ
    ◆体質改善 ◆注目のワード ◆リアルラブプラス
よく見られている画像