オンラインゲーム、MMORPG、アプリ、ソーシャルゲーム、家庭用ゲームなどゲーム情報を毎日お届け!

イベントレポート
 
見逃せないぞ、リニューアル続報!『RO』ファン感謝祭2010を徹底レポ

2010.05.03

『ラグナロクオンライン』公式サイト
 

 2010年5月1日(土)、ガンホー・オンライン・エンターテイメント社は同社の運営するMMORPG『ラグナロクオンライン(以下RO)』のファン感謝祭を開催した。

 このイベントでは、毎年恒例となった『RO』のキャラクタを使ったギルド対戦「RagnarokOnline Japan Championship2010(RJC2010)」の決勝トーナメントや『RO』に関するカンファレンス、コスプレ、イラストコンテストやグッズ販売など様々な催しが行われた。

▲『RO』関連のイベントではすっかりお馴染みの会場となっている、ディファ有明。今回も多くのファンが足を運び、一部では入場制限も実施された

 会場となったディファ有明には朝から多くのファンが来場し、RJC2010の決勝戦が行われる終盤には観戦スペースに入場制限が行われるほどの盛況となった。本記事では各種カンファレンスやイベント全体の模様をお届けしよう。なお、RJC2010の試合レポートは別記事として掲載予定だ。

※各写真をクリックすると、拡大したものを見ることができます。

毎年恒例の様々なイベントが目白押し

 ガンホーグループCEO森下一喜氏の開会宣言で始まった「ROファン感謝祭2010」。会場では、ステージイベントと、会場内に設置されたブースによる出展の2種類のイベントが行われた。メインステージでは「RJC2010」の試合を中心にして、その合間に各種イベントが行われたが、思いのほか試合が長引いたため、一部プログラムの変更などもあった。

 ブース出展としては、『RO』のゲーム内で使えるパワーアップチケットの販売ブース、イーフロンティアブース、BitCashブース、ラグナロクオンラインGAMESブース、ラグナロクオンライン Mobile Story体験ブース、イラスト&アイテムデザインコンテスト投票コーナーなどが設置されていた。

▲開会の挨拶を行ったガンホーグループCEO森下一喜氏。リハーサルで念を押されたにも関わらず挨拶の最後に行うはずだった開会宣言を忘れかけて会場の笑いを誘う一幕も ▲前回に引き続き、日本では未実装の3次職「アークビショップ」のコスチュームで登場したらぐなろ娘のお二人も進行役として活躍
▲ブース出展では『RO』に関連した企業などがグッズやゲーム内アイテム付きの商品を販売したり、『RO』関連作品の体験プレイなどが可能になっていた ▲『RO』のタイトル画面にも採用が予定されるイラストコンテスト。来場時に渡される投票用紙で投票することができた。ユニークなイラストや美麗なイラストなど、票を投じるにも迷うものばかり

 入場は開会式や会場内イベントへの参加列と、物販スペースへの入場列で分けられた。ゲーム内アイテム付きの新パッケージの先行販売、またRJC2010記念のラグくじが販売されるということもあって、やはり物販は長蛇の列に。午後になってラグくじが完売したことでようやく落ち着きを見せた。

 例年のファン感謝祭では物販が落ち着きを見せると共に、会場内の人もやや減少し、イベントやステージが見やすくなるのだが、今年のファン感謝祭は午後になってもあまり人は減らず、RJC2010の試合やカンファレンスなどが行われるごとに場内整理のためにアナウンスが流れるなど、会場内は終始混雑の様相を呈していた。
 これは、新ルールの採用でRJCの試合自体が盛り上がったこと、また、閉会まで観覧することで配布される“Thank Youチケットで、ゲーム内アイテム「バブルガム(4個)の箱」がもらえるうえに、このチケットでリニューアル後の仕様が体験できる「攻城戦テスト(仮称)」に参加できるという特典があったことも大きいように感じられた。

▲パッケージアイテムなどでアイテム化が予定されるアイテムデザインコンテスト。イラストコンテストと同様に審査には来場者の投票が加算されるとあって常時人だかりができていた ▲開場前の物販待機列はディファ有明の駐車場を埋め尽くす勢い。早朝からの来場者はやはりラグくじや新パッケージといったゲーム内アイテム目当ての人が多かったようだ
▲会場内後方の物販ブース。開場当初は会場内も3分の1が物販列に占拠されていたが、午後からはステージイベント観覧者で賑わった ▲販売されていたグッズ。ワンタイムパスワード用のカードトークンなども初売り。ラグくじとぽりんどらやきは午後早々に売り切れてしまっていたようだ

ケータイMMO『ROMS』中期アップデート計画を発表!

 「RJC2010」決勝トーナメントに先立ってステージイベントとして行われたのは携帯電話用MMORPG『ラグナロクオンライン Mobile Story(以下、ROMS)』の中期アップデート計画の発表。3月8日に基本無料のアイテム課金として正式サービスがスタートし、随時様々なアップデートを行ってきた本作品の、夏までのアップデート計画となる。

▲『ROMS』の発表を行ったのはガンホー荻原氏。これまでの歩みを振り返りつつ、今後のアップデートの概略を公開した

 主な計画としては5月下旬のダンジョンの拡張、夏の2次職アップデートなどが挙げられる。また、PC版『RO』でもおなじみのGvG(ギルド攻城戦)の実装も予定されているが、こちらはPC版とはちょっと違った仕様になるらしい。

 『ROMS』はプレイ可能な機種がNTTドコモのFOMA905iシリーズ以降のメガiアプリ対応機種ということで、やや間口が狭い問題があるが、6月には対応機種の拡大も予定。その他各種イベントなども行うとの計画も発表された。
 こうした情報を発信する場として、5月中旬より公式ブログをスタートさせるとの発表も。PC版『RO』で公式ブログが好評を博しているが、携帯版はどうなるのか、ユーザーはもちろん、本作品が気になっている人も注目していこう。

▲正式サービスからすぐに新ワールド「グラム」が追加され、その後はインターフェースまわりを中心に改良・アップデートが重ねられてきた ▲4月28日(水)には初のダンジョンとなるプロンテラ地下水路や、武具を強化する精錬など、PC版『RO』ではおなじみの仕様も実装
▲中期アップデート計画として、今夏ついに2次職がお目見えする。また2次職実装にともない、新たな街やマップの追加も予定されている ▲実装されたばかりのダンジョンに最深部が追加予定。またレベルキャップなどは毎月開放を計画しているとの話も
▲PC版『RO』で言う2-1次職6職が実装予定。オリジナルスキルというのが気になるが……。またGvGはPC版とは異なる仕様で企画が進んでいるとか ▲まもなく10万ID突破ということでさらなる新ワールド「リズル」の追加が発表された。記念イベントも計画されているとか

大盛況のコスプレステージ、美郷あきスペシャルライブも

 その他、ステージ上ではスペシャルコスプレステージ、ラグナロクオンライン検定、美郷あきさんによるスペシャルライブが行われた。毎年異なるアーティストがRJCのテーマソングを手がけているが、今年は各種アニメソングなどでも有名な美郷あきさん。RJC2010テーマソングを含む3曲を熱唱して会場を沸かせた。
 また、毎年恒例のコスプレステージでは、例年以上にコスプレイヤーの数が多く、ステージギリギリの超満員状態。それだけにクオリティも高く、進行役を務めたらぐなろ娘のお二人も仕事を忘れる勢いで感動していた様子。

 会場から募った挑戦者が『RO』の難問に挑むラグナロクオンライン検定では、例年通りに難問珍問が目白押し。Part1ではRJC関連問題、Part2では『RO』全体の問題ということで全20問が出題された。

▲来場者に配られたシリアルナンバーでBitCash10,000ポイントが当たる抽選会も。気付かずに交換しなかった人もいたのでは…!?

▲RJC2010イメージソングを歌った美郷あきさん。張りのあるのびやかな歌声で会場を魅了した

▲ステージがいっぱいになってしまうほどのコスプレイヤーが集結したスペシャルコスプレステージ

▲らぐなろ娘のお二人も注目の月夜花(ウォルヤファ)のコスプレイヤー。ゴミ箱で作られたという鐘がユニーク ▲今年は非常に多かったパン袋。衣装が気合が入っているだけに余計に笑いを誘うバード&ダンサー
▲意表を突いた問題も出題されたラグナロクオンライン検定。この問題の答えはCの「取引要請が出せる」だった ▲最後の20問目はらぐなろ娘のお二人が挑戦。この問題の答えはCの「4種類」。ちなみにお二人の回答は残念ながらハズレ

SakrayJテストサーバ再び始動! 『RO』カンファレンス

 RJC2010決勝戦を前に行われたのは『RO』のアップデート計画を含むカンファレンス。注目はもちろん6月実装と発表されたリニューアルプランの進展状況だ。発表を行ったのはガンホーの廣瀬氏、千葉氏、中村氏。

 3月に行われたユーザーカンファレンス以降も注目が続くリニューアルプランだが、なかなか具体的な姿が見えてきていないのが現状。とはいえ、ユーザーアンケートの結果を元に既存職スキルにおける固定詠唱の撤廃が発表されるなど、細かいながらも重要な事実が判明したのは大きい。
 さらに、これまで触れられなかった属性テーブルの変更に関しても発表があった。韓国リニューアル版の属性テーブルでは特に念属性などに関して弱体化が図られているが、基本的には日本の現状の属性テーブルを基本とする修正版を採用していくとのこと(これにはゴーストリングカードの価値を維持するという目的もあるようだ)。

▲『RO』に関するカンファレンスを行ったガンホー社の方々(左から)千葉氏、廣瀬氏、中村氏。ユーザーにもおなじみの顔ぶれだ

 だんだんリニューアルの実像も見えてきているが、ついに各種プレイ感も含めて攻城戦テスト(仮称)が行われることになった。これは3-2次職までを含めた全職が実装された状態で行われる最終テストと言っても過言ではないだろう。前述した属性テーブルに関しても、現状の日本版の属性テーブルと韓国リニューアル版の属性テーブルのどちらを採用すべきかのテストが行われるようだ。

 このテストには、比較的多数のプレイヤーが参加できるが、エボリューションプロジェクトに参加しているプレイヤー以外の一般プレイヤーは当日会場で配られたThank Youチケットを5月6日までに使用するか、同じく当日会場で行われたギルド単位の受付で応募するしかない。なお、カンファレンス開始時点でギルド受付は上限の100に達しており、すでに終了していたとのことだ。つまり、残念ながらこの記事が掲載される時点では、応募は終了してしまっていることになる。

 カンファレンスではリニューアル後のアップデートにも触れられた。まず、リニューアル&3次職アップデート時には無料開放&経験値アップイベントを開催。また、変更された仕様に対してステータス&スキルリセットのNPCも配置されるとのこと(条件などは後日発表)。さらに、ユーザーからの要望の多かったルーンナイトのグラフィック変更用のイラストも公開された(とはいえ、これに関してはユーザーの注目はドットキャラのグラフィック&モーションであり、ちょっと肩透かしを食らったような感じではあった)。

▲一覧として発表されているが、「属性テーブル修正版」と「既存職スキル全般の固定詠唱撤去」は初公開の内容だ ▲SakrayJテストサーバー・攻城戦テスト(仮称)へはエボリューションプロジェクト参加者ならば接続可能
▲ファン感謝祭参加者はThank Youチケットを5月6日中に使用することで応募完了となる ▲リニューアル&3次職実装後にはステータス&スキルリセットが行われる。蜃気楼の塔や無料開放などのイベントもあるようだ

 エピソードアップデートとしては、韓国最新アップデートでもある「エル・ディカスティス」の日本実装を年内予定と発表。いわゆる異世界を舞台にしたエピソードがひと段落することになる。

 さらに、「今後のネタ」と題して、いくつかの新要素が発表された。そのひとつが「ワールド対抗攻城戦」。これはRJCなどとは異なり、ワールドごとに選出されたプレイヤーが大規模攻城戦で覇を競うイベントになるようだ。参考用として韓国で行われた「サーバー連合対戦大会」の仕様が公開されたが、日本でもこれをベースに行われることになりそうだ。

 「今後のネタその2」として発表されたのはダンジョンマップの拡張。3月のカンファレンスでも話題に出たイズルード海底神殿の拡張や、生体工学研究所に2次職モンスターや上位2-2次職モンスターの追加などを検討しているとか。中村氏が「出会い頭にチャンピオンのMVPモンスターに阿修羅覇凰拳を撃たれたりするんですか!?」と聞くと廣瀬氏が「そこでセイフティウォールを敷いていると指弾が飛んできたりするかもしれませんよ」と返すなど、もし実現すればプレイヤーとしてはかなり怖い場所になりそうで、会場のプレイヤーからもどよめきが起こっていた。

▲公開されたルーンナイトのイメージイラスト。ドットキャラや歩行モーションなどが公開されると思っていただけにちょっぴり残念な気が…… ▲年内アップデート予定のエル・ディカステス。ダンジョン2つにフィールドマップ2つ、そしてエル・ディカステスの街が実装予定だ
▲特定のアイテムに限られるが、新要素として「三段階エンチャントアイテム」が実装される ▲新たなカードも実装予定。これはエル・ディカステスを待たずに先行実装していきたいとのこと
▲新企画として練られているワールド対抗攻城戦。韓国で行われた「サーバー連合対戦大会」をベースにして仕様が決定される模様
▲韓国の「サーバー連合対戦大会」ではキャラやアイテムデータを専用サーバにコピーして参加。ヴァルキリーレルムを舞台に週1度の戦いで獲得したポイントの多いワールドに褒賞が与えられるらしい

 未来のネタはともかくとして、直近のアップデートとして発表されたのは、公式ブログやRO SNSなどでも一部が公開されているエクストラカラーの第2弾。いわゆるキャラクタのカラー変更だが、比較的さわやかな色のものが多く、会場のプレイヤーにも好評のようだった。このエクストラカラー第2弾は5月中に実装予定とのこと。

 その他の発表としては、会場内が思わず爆笑したラーメン「天下一品」と『RO』のコラボが実現する。ラーメンを食べると『RO』のゲーム内アイテムが当たるラーメンくじ(仮称)などの企画も進んでいるほか、ゲーム内にも天下一品の店舗が出店されるとか。

 そして、カンファレンスの最後には世界大会RWC2010(RagnarokOnline World Championship2010)の開催を発表。今年の開催はインドネシア、開催日は2010年10月2日~3日とのこと。日本では世界大会出場チームの選抜大会を7月に開催予定となっている。大会ルールなどは後日改めて発表されるが、ゲーム仕様のリニューアルなどもあるため、選手たちにとってはこれまで以上に厳しい大会になりそうな予感がする。

▲ダンジョンマップ拡張ではイズルード海底神殿などを拡張予定。イベントで出現したバドンXに代わるMVPボスや、神殿内部のマップが追加されるかも……? ちなみにラフは日本運営スタッフの描いたもので、あくまでもイメージとのこと
▲1次職と上位2次職の姿をしたモンスターが徘徊する生体工学研究所に、新たな姿のモンスターが追加予定? レッケンベルの脅威はまだまだ続くということだろうか ▲5月中に実装される予定のエクストラカラー第2弾。男性キャラの一覧表だ。赤系、緑系へのアレンジが多く見られる
▲こちらはエクストラカラー第2弾の女性キャラ一覧表。ハイウィザードやジプシー、ハイプリーストなど、これまでのイメージとはまったく異なるカラーも用意されている ▲エクストラカラーにまつわるおまけ調査も公開。エクストラカラーの割合が多い1位はプロフェッサーとのこと。余談ながら筆者のプロフェッサーはあえてノーマルカラーです
▲RO SNSもオープン。オープン初日にはアクセスが集中し、急遽サーバの増強を行ったとか ▲RO SNSではゲームデータの連動も予定。ダンジョンの入場クエストの状況など、忘れがちな項目が参照できるようになるのはうれしい

▲おまけ企画として、とあるワールドのレア頭装備集計を発表。スロットエンチャントで製作する太陽神の兜[1]と、メモリアルダンジョン「オークの記憶」で入手できる材料が必要な大型オークヒーローの兜[0]が同率1位で少数 ▲ラーメン「天下一品」と『RO』のコラボが実現! イラストは雄一郎氏の描き下ろしだが、やけにリアルなラーメンどんぶりをノリノリで描いてくれたとのこと
▲ゲーム外だけでなくゲーム内にも天下一品が出店予定。この背景はどう見てもアマツ……!? ▲昨年のRWC2009では見事日本チームの優勝で幕を閉じたが、今年もRWC2010の開催が決定した
▲RWC2010の舞台となるのはインドネシア。開催日は2010年10月2日~3日の2日間とのこと ▲RWCに向けてチーム選抜は新たに試合を行って決定する。もちろんRJC2010で優秀な成績を収めたチームには優先枠が用意される

盛況のまま幕を閉じた「ファン感謝祭2010」

 RJC2010の決勝戦は、激戦の末、Lokiワールドの「放課後ティータイム」ギルドが制した(各試合の様子は別記事で詳しくお伝えする)。決勝戦決着後、すぐに表彰式、閉会式が行われ、ガンホー越智氏の挨拶でファン感謝祭は終了となった。

▲表彰式にて越智氏を囲む優勝ギルド「放課後ティータイム」と準優勝ギルド「Rampage...」の面々

 『RO』のゲーム内は、リニューアルに対する不安もあって、やや勢いが落ちているようにも感じられる昨今だが、ファン感謝祭は例年以上の活気に溢れていた。リニューアルの情報を求めてカンファレンス目当てに来場した人も多かったとは思うが、RJCのルール改変によって試合自体の見応えが増したことも一因だろう。

▲閉会時には恒例となったじゃんけんポリン大会も開催。BitCashやPC1台が当たるなど、景品もかなり豪華 ▲閉会の挨拶をする越智氏。かなり時間が押していたためか、「もう一言だけでお願いします」と司会から釘を刺される場面もあり、会場から笑いが漏れた

 6月のリニューアルに向けて、SakrayJテストサーバー・攻城戦テスト(仮称)なども控えているが、しっかりとしたリニューアルが実施されれば、『RO』はこれまで以上の賑わいを見せるポテンシャルを秘めていることを実感させられた。

◆「ラグナロクオンライン ファン感謝祭2010」 概要
●日時:
2010年5月1日(土)
9:30開場
10:00開演
18:00終演
●場所:
東京・お台場 ディファ有明
東京都江東区有明1-3-25
ゆりかもめ「有明テニスの森駅」もしくは
りんかい線「国際展示場駅」下車
●主催:
ガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社
●協賛:
ビットキャッシュ株式会社/株式会社イーフロンティア/株式会社ジー・モード/株式会社サードウェーブ/株式会社ブロッコリー
●入場料:
無料
●ステージスケジュール:
9:50 開会式
10:20 ラグナロクオンライン モバイルカンファレンス
10:50 RJC2010 見どころ紹介
11:20 RJC2010 1回戦第一試合
11:50 RJC2010 1回戦第二試合
12:20 スペシャルコスプレステージ
12:50 RJC2010 1回戦第三試合
13:20 RJC2010 1回戦第四試合
13:50 ラグナロクオンライン検定 Part 1
14:30 美郷あき Special Live
15:05 RJC2010 準決勝第一試合
15:35 RJC2010 準決勝第二試合
16:05 ラグナロクオンライン検定 Part 2
16:35 ラグナロクオンライン カンファレンス
17:20 RJC2010 決勝戦~閉会式


■関連コンテンツ
[イベントレポート]
「放課後ティータイム」優勝までの軌跡。 「RJC2010」全試合を完全レポ
韓国最新情報&'10年はどうなる!? 『RO』カンファレンスを完全フォロー
ユーザーと運営が直接対話『RO』ユーザーシンポジウムの全容を完全再現
日本にもテストサーバーを設置!? ROファン感謝祭&RJC2009レポート
ROファン感謝祭&RJC2009レポート その2【RJC編】
ROファン感謝祭&RJC2009レポート その3【カンファレンス編】
★「RWC2009」レポート記事
RWC2009レポート01:世界大会初優勝! 日本チーム王座までの戦いを追う
RWC2009レポート02:『グランディア』小清水亜美さんアイテムは年内に!?
RWC2009レポート03:DEMが実装『ECO』次期大型アップデート12/17実施
グラビア「RWC2009 コスプレコンテスト」:選りすぐり参加者をご紹介!
[プレイレポート]
新種族が登場!?『RO』Episode8.1イグドラシルアップデートを体験レポ
リニューアル情報も飛び出した『RO』「Episode8.0」アップデート取材
街が完全崩壊…!? 『RO』魔王モロクアップデート直前レポート
『RO』モスコビアアップデートを先行体験&開発インタビュー!
3次職などのインタビューも必見!『RO』名もなき島アップデート
[インタビュー]
エボリューション実施は2010年第1Qか!?『RO』運営チームにインタビュー
森下社長語る:新体制で世界へ挑む2009年のガンホーと『RO』
「RJC2009」予選トーナメント:ガンホー中村氏、厳選3試合を映像で紹介!
「メモリアルダンジョン」は3月! 2009年前半の『RO』の全貌とは
[プレスリリース]
3次職先行体験『ラグナロク』ファン感謝祭でテストサーバー入場権配布
【リリース】携帯からでもOK『ラグナロクオンライン』公式SNSを開設
【リリース】『ラグナロク』ファン感謝祭のステージスケジュール発表
『ラグナロク』和風マップで春祭り「アマツ大春祭」を開催
■関連リンク

『ラグナロクオンライン』
(C)Gravity Co.,Ltd. & Lee MyoungJin(studio DTDS). All rights reserved.
(C)2010 GungHo Online Entertainment,Inc. All Rights Reserved.
※画像は開発中のものです。デザインや仕様などは予告なく変更する場合があります。
『ラグナロクオンラインMobileStory』
(C)Gravity Co.,Ltd. & Lee MyoungJin(studio DTDS). All rights reserved.
(C)2010 GungHo Online Entertainment,Inc. All Rights Reserved.
(C)eitarosoft,Inc. All Rights Reserves.
※画像は開発中のものです。デザインや仕様などは予告なく変更する場合があります。

最近記事が追加されたゲームタイトル
スポンサーサーチ
    ◆体質改善 ◆注目のワード ◆リアルラブプラス
よく見られている画像