オンラインゲーム、MMORPG、アプリ、ソーシャルゲーム、家庭用ゲームなどゲーム情報を毎日お届け!

イベントレポート
 
雰囲気はオフ会!? 美女登場で気分↑↑『龍が如く4』ファン感謝イベント

2010.04.26

『龍が如く4 伝説を継ぐもの』公式サイト
 

 セガは2010年4月24日(土)、東京・六本木の「カラオケ館六本木本店」において、プレイステーション3向けソフト『龍が如く4 伝説を継ぐもの』(以下、『龍が如く4』)の発売を記念し、ファン感謝イベントを開催した。

 『龍が如く4』は、同社の人気アクションアドベンチャー『龍が如く』シリーズの最新作。本作では、過去のシリーズで主人公を務めてきた桐生一馬に加えて、秋山駿、冴島大河、谷村正義の3人の新たな主人公が登場し、歓楽街「神室町」を舞台に4人の視点でストーリーが展開される。

▲『龍が如く4』ファン感謝イベントが行なわれた「カラオケ館六本木本店」

 ファン感謝イベントの当日は、『龍が如く』シリーズ開発陣と、本作でキャバクラ嬢役を演じた美女たちと直接会話を楽しめる時間に加え、豪華な賞品がもらえる「DARTSLIVE2」を使用したダーツ大会や、ゲーム内のリズムゲームを使ったカラオケ大会など、様々な催しを実施。さらに、エンディングテーマである「Receive You The Ballad」の生ライブも行なわれた。

※各写真をクリックすると、拡大したものを見ることができます。

▲会場では、『龍が如く4』とカラオケ館とのコラボメニューとして展開中の「角テル」の展示も行われていた

 ここでは、ダーツ・カラオケ大会や生ライブなど、会場で行なわれたイベントの模様をレポート。さらにイベント後、開発陣の方々に『龍が如く4』発売後の心境や、今回のイベントについて伺ったので、そちらも併せてお届けしよう。

『龍が如く4』最後のイベントは、無礼講で――!

 「DARTSLIVE MEMBERS CARD会員」および、「カラオケ館」公式モバイルサイト「カラ館クーポン&歌詞」特設ページから携帯でアクセスし応募したユーザーの中から抽選で選ばれた20名が招待された今回のファン感謝イベント。

 まずはMCの紹介のもと、『龍が如く4』でシナリオ・演出を担当した横山昌義氏とディレクターの折原純氏が登壇。「『龍が如く4』は、50万本以上が出荷ではなく販売されているようなので、この後も長く売れてほしいと思っています。作品が発売されて、今はほっとしています」と横山氏、続いて折原氏が「まずはひと安心です。ネットを見ながら一喜一憂しています」と会場に訪れたユーザーたちに挨拶をした。

 ここでゲストとして、『龍が如く4』でキャバクラ嬢役を担当している、水谷望愛さん、一木千洋さん、愛原エレナさん、少し遅れて斉藤支靜加さんが登場。さらに、本作のエンディング曲「Receive You The Ballad」を歌う水季可奈さんも登場して、会場は大盛り上がり。

▲左から、『龍が如く4』ディレクターの折原純氏、シナリオ・演出担当の横山昌義氏 ▲『龍が如く4』でキャバクラ嬢役を担当している、水谷望愛さん、一木千洋さん、愛原エレナさん
▲少し遅れて会場に到着したキャバクラ嬢役の斉藤支靜加さん ▲『龍が如く4』のエンディング曲「Receive You The Ballad」を担当した水季可奈さん

 ゲストとして会場に訪れた水季さんは、「この曲はもともと1作目の『龍が如く』のロックでかっこいい感じのオープニング曲だったものを、バラードにアレンジしています。ファンの方をがっかりさせないようにしたいと思う一方、自分らしさを出したいという気持ちもあったので、かなりプレッシャーを感じました」と、本作のエンディング曲に対しての想いを語ってくれた。
 その後、ユーザーを前にしての披露は初となる生歌での「Receive You The Ballad」を歌唱。水季さんの美しい歌声に思わず、手拍子や合いの手を入れるユーザーたちが出るほどの盛り上がりとなった。

▲会場では、『龍が如く4』とカラオケ館とのコラボメニューとして展開中の「角テル」の展示も行われていた

 水季さんの生ライブの後は、開発スタッフと出演キャストが会場に訪れたユーザーの席へ加わり、『龍が如く4』にまつわるトークや、世間話などに花を咲かせていた。この際、会場に設置されていた「DARTSLIVE2」でのフリープレイや、記念写真の撮影、サインなど、ファンを交えたイベントならではの光景も。

▲会場は、ゲームのイベントとは思えないような、“オフ会”さながらの盛り上がりっぷり

 ユーザーと開発スタッフ・キャストたちの交流の後は、『龍が如く4』の4人の主人公になぞらえ、4チームに分かれて得点を競い合う、ダーツ大会とカラオケ大会を実施。ダーツ大会では、一般人とは思えないような上手さを見せ付けるユーザーたちを前に、開発スタッフやキャストたちは終始驚きっぱなし。
 一方のカラオケ大会は、実際にカラオケを歌うのではなく、『龍が如く』シリーズでお馴染み、ゲーム内の「カラオケ館」でプレイできるカラオケのリズムゲームを使って行なわれ、普段からどれだけプレイしているかが試されるものとなっていた。

 両大会で見事、優勝したチームには、バスタオルや麦焼酎といった『龍が如く4』にまつわる賞品がプレゼントされ、勝敗とは関係なく、一番活躍していたユーザーには限定の麻雀牌やジッポライターが贈られていた。

▲豪華な賞品を賭けて得点を競い合うことになったユーザーたち。カラオケ大会では、画面にかぶりつくように近づいてプレイするユーザーや、キャストがユーザーの横について応援するといった光景が見られた

 一通りのイベントが終わり、横山氏から「たぶん『龍が如く4』関連のイベントは今日が最後ですが、名越が総合プロデュースしている『PROJECT K(仮題)』を始め、シリーズはこの後も続いていくのではないかと思いますので、皆さん続報をご期待ください」と、閉めの挨拶をして、ファン感謝イベントは幕を閉じた。
 ユーザーを交えてのイベントはここまでだが、最後に会場に訪れていた『龍が如く4』の開発スタッフである横山氏と折原氏に、今回のイベントについてや、『龍が如く4』後の心境について伺ったので、お届けしよう。

――『龍が如く4』の発売から1ヵ月が経ち、販売も50万本を超えていますが、いまの心境はいかがですか?

★横山昌義氏(以下、横山氏)
 実際は発売から1ヶ月しかたっていないんですけど、もう1年くらい経っているように感じられますね(笑)。僕らは作ったら終りというわけではなくて、常に次のチャレンジに向かって歩み続けているんです。ですので、発売日が1年前の出来事だったくらいに感じられるのですが、今日こういうイベントがあって、振り返れたのでよかったです。「昨日クリアーしました」と言ってくれる方もいるので、うれしさをかみしめています。

★折原純氏(以下、折原氏)
 シリーズの5作目ということで、長い集大成というのを感じる1本だと思います。次のチャレンジという話もありますが、「ひと区切りした」という感じが、この作品に対してはすごくあります。今はほっとした気持ちと、これからどうやって行こういう気持ちがありますね。

――『龍が如く』シリーズは5作目になりますが、ユーザーの方をお呼びしてのイベントは初めてですよね?

★横山氏
 東京ゲームショウやラジオの公開録音などはしたことがあるのですが、直接ファンの方とお話するのは初めてですね。会場に来るまでは、「どういうふうになるのかな? ゲームの質問とかバシバシぶつけられたらどうしよう?」って思ったのですが、あまりなかったです。僕の場合はラジオとかにも出ているので、素性を知られているわけですが、今日来てくださった方も、ある意味知り合い感覚でいてくれているみたいですね。僕も『龍が如く』を挟んでの関係なので、初めて会うという感じではなくて、何かオフ会みたいな感覚で、すごく楽しかったです。

★折原氏
 僕のほうは、いろいろと質問をされて、「しゃべっていいのかな?」ということもありましたね(笑)。日ごろなかなか話せないこともあり、貴重な体験でした。ありがたい時間を過ごさせていただきました。

――ファンの方からはどんな質問が?

★折原氏
 たとえばですが、「ヒートアクションはどうやって考えたのか?」とか。ヒートアクションは、名越総監督から「おまえが歩いて見つけてこい、おまえが天啓を得てこい」と言われたというエピソードなどを話しました。

★横山氏
 今日来てくださった方を見て、『龍が如く』ファンは幅が広いと感じましたね。「こういう人が『龍が如く』シリーズを好き」というようなひとつのカテゴリーではなくて、色々なところに広がっているんだということを感じました。今回来ていただいた20名にしても色々な方がいましたので、これを全国規模でみたらさらにすごいんだろうな、ということを今日改めて実感しました。

――『龍が如く4』では、横山さんのシナリオが難産だったとのことですが、折原さんから見ていかがでしたか?

★折原氏
 これまでのシリーズに比べて一番遅かったのはたしかです。結果論ですが、その分、過去最高傑作だと言えるものができました。そういう意味では結果オーライなのですが、当時は気をもみましたね、正直。「早くできないかな」と。本当にいいものを書いてもらいました。素直に「ありがとうございます」という気持ちがあります。

――発売してからユーザーさんの意見を耳にしていると思いますが、印象深かったものはありますか?

★横山氏
 強烈なファンの方っていらっしゃると思うのですが、ブログとかでこっちが思ってもみなかった時系列で事件を追いかけてくださる方もいるんですよ。「○時○分にはこの人はここにいるのに、なんでここにはこの人がいないんだろう?」っていう。そういうのを読むのがすごい好きで、自分でも「なるほど」と思っています。言いかたは悪いのですが、客観視なんですね。シナリオを自分で書いているときは、当然感情移入しているのですが、いったん仕上げてしまうと、それはもう人のものというか、嫁に出した娘じゃないですけれど、客観的に見ているので、「じゃあ、子どもがどういうふうに思われていくんだろう?」というのはずっと客観視しながら見ていました。
 今回、ファンの方たちがどういう感想を書くのか注目して見ていたのですが、発売して1週間くらいで、「ツッコミどころ満載なんだけど、総合して今回はなんとなくおもしろかった。2周目をやって、もっと粗を捜したいです」と書いてあって、「ああ2周目もやるんだ」と思ったときに、すごくよかったなと思いました。『龍が如く3』の時は2周目をやっていただけなかった人もいたので、今回はちょっと期待に応えることができたかなと思うと、うれしかったですね。こういったダイレクトな意見は匿名性のあるところじゃないと、中々伝わらないと思うので。

★折原氏
 彼、毎回そうなのですが、シナリオを書き上げて完成間近になると、自分で書いた話なのに一人で感動しているんですよ(笑)。ドラマシーンで。

★横山氏
 映像とかを込みで、ですよ。効果音とかが入ってきて、「これ、おもしろいな」と。

★折原氏
 開発の末期とかになって叫び声があがると、だいたいバグなので、こっちはドキッとするのですが、横山が大声を上げたので、ドキッとしたら、「感動した!」って言うんですよ(笑)。

★横山氏
 「この話おもしれえな!」「秋山、超おもしれえな!」って(笑)。

★折原氏
 しかも毎作やるんです、びっくりするくらい。だから客観視しているというのは間違いないです。

――『龍が如く4』には、たくさんのサブストーリーがありますが、いちばん印象深いのはどれでしょうか?

★横山氏
 サブストーリーは、自分はまったく書いていないのですが、今回は新しい主人公の部分に注目してほしいですね。桐生以外の3人に関しては、メインストーリーで書ききれなかった、それぞれの生い立ちとか、こういう人物になったといういきさつがあるのですが、サブストーリーのほうで、連作という形で描いています。
 「なぜ冴島は妹にこだわるのか」とか「なぜ谷村はああいう刑事になったのか」とか、「なぜ秋山はどういう金の貸しかたの理念があるのか?」といったことを、それぞれ描いています。そういったサブストーリーのコンセプトを決めたのはメインシナリオ側なのですが、実際のサブシナリオは、よくできているなと思います。見事にメインシナリオの穴を埋めてくれている形になっているので。一番作るのがたいへんだったと思いますが、作ってくれたメンバーには「ありがとう」って思います。やっていておもしろかったですね。

★折原氏
 桐生の場合はシリーズ主人公なので、彼の人格とかは決まっている。だから、「桐生ならどうする?」という発想でものを動かしたりできるのですが、今回新しく登場する3人の主人公は、それでは効かないんです。もとを書いた横山が、彼らはどういう行動原理なのか? ということをいちから説明して、いちいちリテイクを出すという場面が多々あって、それでブレをなくしていったというところはあります。それで、本当の意味でキャラクタが固まっていったと思います。サブストーリーは、そういう役回りという意味では、いちばん大きかったですね。

――お時間頂き、ありがとうございました。

◆カラオケ館×ダーツライブ『龍が如く4 伝説を継ぐもの』発売記念イベント
【開催日時】
2010年4月24日(土)13:30受付開始/14:00開演/16:30終了(予定)
【開催場所】
カラオケ館六本木本店
【出演者】
・『龍が如く』開発チーム ・愛原エレナ(キャスト)
・一木千洋(キャスト) ・水谷望愛(キャスト)
・斉藤支靜加(キャスト)
・水季可奈(歌手) ※出演者は変更になる場合がある。
【応募方法:方法は2種類】
●「DARTSLIVE MEMBERS CARD会員」のユーザー、または4月11日(日)までに「DARTSLIVE MEMBERS CARD会員」になったユーザーの中から抽選で5組10名を招待。
●「カラオケ館」公式モバイルサイト「カラ館クーポン&歌詞」の特設ページより携帯でアクセスの上、応募。抽選で5組10名を招待。 応募締切りは4月12日(月)まで。

◆『龍が如く4 伝説を継ぐもの』
メーカー:セガ
対応機種:プレイステーション3
ジャンル:アクションアドベンチャー
発売日:2010年3月18日(木)
価格:7,980円(税込)
プレイ人数:1人
CEROレーティング:「D」(17歳以上対象)

■関連コンテンツ
[やじうまゲームニュース]
最新作に至る道は――『龍が如く』シリーズ総合監督・名越稔洋氏に訊く
[イベントレポート]
『龍が如く4 伝説を継ぐもの』完成披露会:出演者、アーティストら登場
神室町の新たな物語:『龍が如く』新プロジェクト『PROJECT K』が判明
『龍が如く4』体験&サイン会:名越監督に気になるアレコレ聞いてみた
【現場レポ】サイン会in「ドンキ」の店内!『龍が如く』名越監督が登場
名越監督×曽利監督対談:世界を捨てた、世界で戦った2人がアツく語る
スタジオに潜入:Zeebraと“戦友”3人が『龍が如く4』テーマ曲を生披露
名越監督がジャッジ! 「松屋」で販売される『龍が如く4』カレーを決定
事務所NG寸前のセリフも!?『龍が如く4』矢口真里さんインタビュー
【TGS2009】桐生の物語は完結するのか!?『龍が如く4』名越稔洋氏に直撃
【TGS2009】映像、主人公を初披露! PS3『龍が如く4 伝説を継ぐもの』
TGS2009の出展情報も公開『龍が如く』総監督・名越稔洋氏がラジオ出演
『龍が如く4』キャバ嬢最終オーディション:競争率は200倍以上、7人決定
1,500人からキャバ嬢選抜『龍が如く』次回作オーディション会場に潜入
[新作紹介]
『龍が如く4』怒涛の武器攻撃、「師匠」の鍛錬でさらなる高みを目指せ
主人公達の戦闘シーンを確認『龍が如く4』天啓、チェイスバトルも再登場
『龍が如く4 伝説を継ぐもの』新たな伝説を彩る男たち/女たちを一挙紹介
[インタビュー]
ゲストは釘宮理恵さん『龍が如く』Webラジオ:作品の魅力を訊く
[プレスリリース]
全国一の店舗が決定『龍が如く4』「ディスプレイコンテスト」結果発表
『龍が如く』シリーズの公式チャンネル「龍Tube」オープン
「新・神室町 RADIO STATION」ファンの要望に応えて4/16に復活
『龍が如く4』ファン感謝イベントを「カラ館六本木本店」で開催
■関連リンク
最近記事が追加されたゲームタイトル
スポンサーサーチ
    ◆体質改善 ◆注目のワード ◆リアルラブプラス
よく見られている画像