オンラインゲーム、MMORPG、アプリ、ソーシャルゲーム、家庭用ゲームなどゲーム情報を毎日お届け!

イベントレポート
 
ムショがジゴク――!戦慄の「PrisonBreak2」が「AVAれ祭2010」で発覚

2010.04.05

『Alliance of Valiant Arms』公式サイト
 

 ゲームオンは2010年4月3日(土)、東京・渋谷の「表参道ヒルズ」において、オンラインFPS『Alliance of Valiant Arms』(以下、『AVA』)のオフラインゲーム大会「AVAれ祭2010 ヒルズの陣」を開催した。

▲「AVAれ祭2010 ヒルズの陣」が行なわれた「表参道ヒルズ」地下3F スペース オー

 『AVA』は、2007年11月に韓国にて正式サービスが開始された作品で、架空のヨーロッパ大陸を舞台に戦いを繰り広げるオンラインFPS。本作では、「ポイントマン」「ライフルマン」「スナイパー」という3つの役割を、戦況に合わせてプレイすることができるほか、「分隊長システム」による戦況の把握など、「部隊」としての戦闘を楽しめる点が特徴だ。

 今回行なわれた「AVAれ祭2010 ヒルズの陣」では、最強クランを決定する「爆破トーナメント」「護衛リーグ」オフライン決勝大会のほか、次期大型アップデートで実装される新モード「PrisonBreak2 -Rescue-」の披露や試遊プレイを実施。そのほか会場では、デバイスメーカーの即売会なども開かれていた。

▲会場には、新モード「PrisonBreak2 -Rescue-」試遊台や、PCゲーマー向け周辺機器の出展のほか、「爆破トーナメント」「護衛リーグ」オフライン決勝大会の出場チームへのメッセージコーナーが設けられていた

 ここでは、新モード「PrisonBreak2 -Rescue-」の紹介を中心に、会場で行なわれたステージイベントの模様をお届けしよう。「PrisonBreak2 -Rescue-」の映像もお届けするので、ぜひそのカオスっぷりを堪能していただきたい。

※各写真をクリックすると、拡大したものを見ることができます。

「PrisonBreak2 -Rescue-」は『AVA』初の救出ミッション!
 「爆破トーナメント」「護衛リーグ」オフライン決勝大会の前に行なわれたのは、本作のプロデューサー・井上洋一郎氏と、バーサーク軍曹が登壇しての、新モード「PrisonBreak2 -Rescue-」の紹介。

▲本作のプロデューサー・井上洋一郎氏(左)と、バーサーク軍曹(右)が登壇して、新モード「PrisonBreak2 -Rescue-」の紹介を実施

 「PRISON BREAK2 -Rescue-」は、2009年9月に実装された「PRISON BREAK -Survival-」、同年10月に実装された「PRISON BREAK - Escape-」に続く「Co-op(協力)」プレイの第3弾となるモード。本モードは、3ステージで構成された施設の奥深くに囚われている女性士官「エヴァ・マリア・ヴォレル中尉」を救出し、彼女と共に狂暴化した暴徒ひしめく施設から脱出することが目的の、本作で初の救出ミッションとなっている。

 また、「PRISON BREAK2 -Rescue-」では、ゲーム難易度を「NORMAL」モードまたは「Easy」モードのいずれかに設定することができる。「NORMAL」では、キャラクタが倒れてしまった際、復活する回数(リスポーン)が3回と「Easy」に比べ少ないが、最大5名で参加することが可能。逆に「Easy」モードでは、リスポーン回数こそ5回と多いものの、最大参加人数は4名と少なくなっている。その他、プレイヤーキャラクタの持つライフが「Normal」よりも多く設定されていることが特徴だ。

▲「Co-op(協力)」プレイの第3弾にして初の救出ミッションが楽しめる「PRISON BREAK2 -Rescue-」。プレイヤーは、施設の奥深くに囚われている女性士官「エヴァ・マリア・ヴォレル中尉」の救出を目指すことになる

 ちなみに「PRISON BREAK2 -Rescue-」において重要な役回りを担っている「エヴァ」のキャラクタボイスを担当するのは、「攻殻機動隊」シリーズの「草薙素子」や、海外映画・ドラマの吹き替えでお馴染みの女性声優・田中敦子さん。
 井上氏によると、本作で男性キャラクタの声を「攻殻機動隊」シリーズでバトー役を演じている声優・大塚明夫さんが担当していることから自然と決まったとのこと。ゲーム内容だけではなく、登場キャラクタまで気を使われている本モードの気になる実装日は4月21日(水)となっており、それに先駆けて特設サイトが4月7日(水)にオープンする予定となっている。

 以下で、新モード「PRISON BREAK2 -Rescue-」のストーリーおよび「エヴァ」のプロフィールに加え、ステージ構成について紹介していこう。

<新モード「PRISON BREAK2 -Rescue-」>

【ストーリー】
 先に起きた捕虜狂暴化による暴動事件(「Prison Break」事件)。この作戦により、EU軍はNRF軍が廃棄した特殊生物化学兵器のサンプルと、これに感染した多数の捕虜の確保に成功する。EU軍は生物兵器分析の調査および治療法確立のため、ルーマニアの港町コンスタンツァの軍病院へ資料と感染者を移送する。
 一方、NRFの政治体制に不満を持ち、EUへ亡命した エヴァ・マリア・ヴォレル 中尉 は、EU情報部士官として活動していた。NRF国防省に潜入した彼女は、特殊生物化学兵器の研究資料と、そのサンプルを入手し、戦線を越えてコンスタンツァの軍病院に急行する。しかし、軍病院にはすでにNRFの工作員が潜んでいた。


 軍病院に到着したエヴァは、工作員により病院内の一区画に監禁された。NRF工作員たちは、施設内に非常警報を発令。研究員および病院勤務者を施設から退避させ、施設内の要所で爆発物を作動させ火災を起こす。非人道的兵器を開発した事実が明らかになり、政治的に利用されることを恐れたNRF軍部は、化学武器と証拠を施設もろとも破壊することを決定したのだ。数多くのNRF捕虜らと共に。
 エヴァ中尉からの無線連絡で状況を知ったEU情報部は、科学兵器のサンプルと資料を持つ中尉救出のため、特殊部隊の派遣を決定する。

「PRISON BREAK2」の映像を観るにはこの画像↓をクリック!
【ストリーミング映像】 WMV形式: 29MB 1分1秒

【登場キャラクタ】

Eva Maria Vorel(エヴァ・マリア・ヴォレル)
CV:田中敦子
出身:チェコ共和国
年齢:26歳
所属:EU情報部 NRF被占領地域担当
階級:中尉

 チェコの独立を掲げるNRF体制に反対する政党の政治指導者、マキシム・ヴォレルの娘。NRFの統合過程でマキシムが暗殺されEUへ亡命。軍に志願入隊する。主に母国の人脈を活用したNRF内の諜報と防諜任務を担当。部隊における目覚しい活躍から、NRF軍特殊部隊に要注意人物及び暗殺対象とされている模様。
 高潔な政治家であった父の影響で卑怯・卑劣なことを嫌い、堂々としているが、やや自信過剰な行動が見られ高慢に見えることも。所属部隊内でのリーダーシップには問題なし。


【第1ステージ】


 施設の1から2階が舞台となる。スタート地点である1階のロビーから、2階に移動し、エレベーターを作動させ乗り込むことでステージクリア。エレベーターは2階中央に設置されているスイッチを起動させることで動作する。

▲配置されている囚人の数も少ない印象を受ける第1ステージ。油断せず確実にエレベーターを目指そう

【第2ステージ】


 施設の7から8階が舞台。7階エリアは、火災が発生しており防火扉によってルートが閉ざされている。防火扉を開けながら8階へと進む途中、ところどころで発生している火災の炎に触れると、ダメージを受けてしまうので注意が必要。そして8階のエレベーターに辿り着くと、一気に13階へ移動することが可能だ。

▲暴徒と化した囚人たちがプレイヤーたちに襲い掛かる!

【第3ステージ】


 13階から屋上ヘリポートまでで構成されているマップ。13階もすべてのスペースが防火扉によって封鎖されている。この防火扉は、13階フロアにある全ての解除スイッチを作動させることにより開けることが可能。14階には、救出目標となる「エヴァ」が囚われていおり、フロア内に4か所ある手術室のいずれかにランダムで配置されている。
 「エヴァ」は、プレイヤーと合流することによって自動的に最上階のヘリポートを目指して移動。敵の攻撃を受けると「エヴァ」の体力は減ってしまい、体力がなくなるとゲームオーバー。ヘリポートでは、マップ奥にある通信機をつかって、救助ヘリの出動を要請し、ヘリ到着までの間「エヴァ」を守りきり脱出に成功すればクリアとなる。

▲第3ステージでようやく「エヴァ」が囚われているエリアに行くことができる。「エヴァ」を開放したら、囚人たちの猛攻を凌ぎつつヘリポートを目指して突き進もう

【主な褒賞一例】

  各条件を満たすことによって、褒賞が付与される。
・各ステージクリア時:補給値200ポイントを支給
・「エヴァ」救出成功時:5,000ユーロの支給 ※その他にも、様々な条件により勲章などの褒賞を受け取ることが可能。


韓国最強クランとの試合も決定!「爆破」&「護衛」決勝
 「PrisonBreak2 -Rescue-」の紹介が終わると、「爆破トーナメント」「護衛リーグ」オフライン決勝大会がスタート。

 今大会では、両チームお互いに防音対策のされた個室に入って作戦漏れを防ぐ万全の体制で試合が行なわれた。作戦や戦略が重要となるゲームにおいて、このような対策が行なわれることはプレイヤーとしてもありがたい処置といえるだろう。

▲お互いに別々の個室に入り試合を実施。チームメンバー同士のコミュニケーションには、「skype」を利用したボイスチャットが使用されていた

 まず先に試合が行なわれたのは、クラン「Frontier」対「IDiot」による「護衛リーグ」決勝戦。「Frontier」先攻のもと、夜の市街地マップ「RISING DUST(Nigth OPS)」で、激しい銃撃戦が展開。戦車を守ることが重要となる「護衛リーグ」なのだが、その肝心の戦車が残り時間2分半に差し掛かったところで、まさかの建物内へリスポーンするというアクシデントが発生してしまう。どうやら、このアクシデントは以前からゲーム内で起きている不具合のようだ。

 予想外のアクシデントにより試合は一度リセットされ、残り時間2分半のところから再開。前半でリードしていた「Frontier」は、残り少ない時間に「IDiot」が守りを固める戦車に猛攻を仕掛け、見事「Frontier」が勝利を勝ち取った。

▲「護衛リーグ」決勝戦では、建物内にある補給ポイントを活用して、RPG-7を乱射する選手と、必死に戦車を修理する選手の姿が目立っていた

 続いては、クラン「Nil」対「ReGuLuS」による「爆破トーナメント」。前半で1対4と一気に差をつけられた「Nil」だが、取って取られてを繰り返し、一時は6対5まで迫るも、「ReGuLuS」の攻略ルートの迅速な切り替えに翻弄されてしまう。会場からは、「いい勝負だ」といった声がこぼれる中、勝利を掴み取ったのは「ReGuLuS」で、その戦いぶりは井上氏も絶賛するほどだった。

▲目的のエリアにC4を設置することが目的となる「爆破トーナメント」。決勝戦では、C4を設置してではなく、相手チームを殲滅しての勝利が主流となっていた

 2つの決勝大会が終わると、優勝チームと準優勝クランの表彰式を実施。表彰式が行なわれる中、突如、ステージのスクリーンに謎の映像が流れ出し、韓国最強クラン「ASTRICK」から、「爆破トーナメント」で優勝を掴み取った「ReGuLuS」へ宣戦布告がなされるといった、予想外のサプライズに「ReGuLuS」のメンバーはかなり驚いているようだった。

 なお、韓国最強クラン「ASTRICK」と「ReGuLuS」による試合は、東京・秋葉原の「ベルサール秋葉原」において、5月に開催予定とのことだ。

▲韓国最強クラン「ASTRICK」から「ReGuLuS」へ宣戦布告がされた表彰式

◆オフラインイベント「AVAれ祭2010 ヒルズの陣」概要
●開催日時
2010年4月3日(土)開場14:30 開演15:30
●開催場所
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前4丁目12-10
表参道ヒルズ 地下3F スペース オー
●新情報
<次期アップデートの最新情報をいち早く公開>
・「PrisonBreak2 -Rescue-」情報公開
・「PrisonBreak2 -Rescue-」試遊台設置
試遊台でゲームをプレイすると、もれなく10,000ユーロをプレゼント。さらに、ある条件を満たすと「リアルガチャ」をプレイできるコインをプレゼント
●「爆破トーナメント」決勝 出場クラン
[Nil]
『Alliance of Valiant Arms』のクラン戦ではお馴染みの古豪クラン。組織力に優れた戦いで決勝に進出。
[ReGuLuS]
新興といわれる部類に入るクランだが、急速に力を付けてきた戦闘集団。優勝候補たちを倒し、見事決勝進出。
●「護衛リーグ」決勝 出場クラン
[Frontier]
護衛ミッションに特化した古豪クラン。護衛についての戦術研究と経験を数多く積んでおり、状況への対応力に定評がある。
[IDiot]
『Alliance of Valiant Arms』を代表する爆破クランであるが、卓越した個人技に定評があり、個人技から生まれる連携は護衛でも活かされる。


■関連コンテンツ
[ジーパラ特集]
FPS『AVA』世界大会の日本代表が決定!「AVAれ祭り2009春の陣」
[新作紹介]
【動画配信】体験した、この地獄?『AVA』新モード「Prison Break」プレイ…
“次”世代FPS開戦!『Alliance of Valiant Arms』Cβに100名ご招待
[プレスリリース]
『AVA』4/3のオフイベントで新モード「PrisonBreak2 -Rescue-」を公開
周りはすべて敵!『AVA』新モード「FFA BreakOut」を導入
【リリース】『AVA』オフライン大会の特設サイトをオープン
決勝会場は“表参道ヒルズ”『AVA』4/3に日本最強クランが決定!
■関連リンク

(C)NEOWIZ GAMES. All rights reserved. (C)REDDUCK., All rights reserved.
(C)2010 GameOn Co., Ltd. All Rights Reserved.

最近記事が追加されたゲームタイトル
スポンサーサーチ
    ◆体質改善 ◆注目のワード ◆リアルラブプラス
よく見られている画像