オンラインゲーム、MMORPG、アプリ、ソーシャルゲーム、家庭用ゲームなどゲーム情報を毎日お届け!

イベントレポート
 
隠し球は、中田英寿さんとの共同基金 『イナズマイレブン3』発表会をレポ

2010.03.29

『イナズマイレブン3 世界への挑戦!! スパーク/ボンバー』公式サイト
 

 サッカー部のキャプテンである主人公・円堂守が、サッカーの試合を通して様々な選手たちを仲間に加え、最強のサッカーチームを作り上げていく「収集・育成サッカーRPG」『イナズマイレブン』シリーズ。

 第一作目『イナズマイレブン』が2008年8月に発売され、翌2009年10月には、登場キャラクタなどに違いがある『イナズマイレブン2 脅威の侵略者 ファイア』と『イナズマイレブン2 脅威の侵略者 ブリザード』の2バージョン(以下、『イナズマイレブン2』)が第二作目として登場。現在テレビ東京系列では、同シリーズを原作としたTVアニメが放映されており、小中学生のみならず、幅広いファン層が拡大している。

 そんな同シリーズの最新作であるニンテンドーDS向けソフト『イナズマイレブン3 世界への挑戦!!』(以下、『イナズマイレブン3』)に関する発表会が、2010年3月28日(日)に東京・江東区にある「東京ビッグサイト」で開催された。

▲午前中から開催されていたゲーム大会、「『イナズマイレブン2 脅威の侵略者 ファイア/ブリザード』 フットボールフロンティア」に引き続き、本作の発表会が開催された

 発表会では、『イナズマイレブン3』に関する発売日や価格、ストーリーや新システムなどが発表。さらに、元サッカー日本代表選手である中田英寿氏も来場し、中田氏と同作が共同で推進するプロジェクト「11 for AFRICA」についての説明も行われた。その様子をお届けしていこう。

※各写真をクリックすると、拡大したものを見ることができます。

▲発表会の前には『イナズマイレブン2』の全国大会「フットボールフロンティア」も開催。年齢制限不問で、2人チームを組んで対戦する「ダブルバトル」や、小学生以下の部、中学生以上の部の3部門で開催 ▲「フットボールフロンティア」で上位に輝いた選手たちには、賞状やトロフィーが授与。各部門の優勝者には、『イナズマイレブン3』にキャラクタとして出場できる権利も与えられた

今回も2Ver.用意!「エイリア学園」最強のライバルも仲間に
 イベントでは『イナズマイレブン3』の説明役として、『イナズマイレブン』シリーズを制作しているレベルファイブの代表取締役社長・日野晃博氏が登場。日野氏からはまず、『イナズマイレブン3』は、前作『イナズマイレブン2』と同じく、ゲーム内容に差異がある2つのバージョンが発売されることが発表された。
  
 2つのバージョンの名前は『スパーク』と『ボンバー』。どちらのバージョンも2010年7月1日(木)で、価格は各4,980円(税込)となる。

▲『イナズマイレブン』『レイトン教授』シリーズなどを手がけるレベルファイブの代表取締役社長・日野晃博氏 ▲日野氏は、最新作『イナズマイレブン3』も前回同様、2バージョンを同時発売することを発表

 日野氏は、『イナズマイレブン3』のストーリー部分に関しては、「世界の強豪サッカー選手たちとの戦いを描いたものになります」とコメント。

 本作では主人公・円堂守たちのチームが、サッカーの世界大会「フットボールフロンティア・インターナショナル」の日本代表「イナズマジャパン」に選出され、世界の強豪たちと熾烈なバトルを繰り広げていくことになる。この世界大会は、海に浮かぶ“サッカーアイランド”こと「ライオコット島」で開催されるのだ。
 また今回は、前作『イナズマイレブン2』の最強敵チームとして登場した「エイリア学園」の基山ヒロトが仲間に加わり、円堂たちの新たな戦いが幕を開ける。

 なお『イナズマイレブン3』の登場キャラクタは2,000人以上、登場必殺技は300種類以上で、DS向けソフトの最高容量である「4Gb(ギガビット)ROM」が採用されるとのことだ。
 さらに、元サッカー日本代表選手・中田英寿選手をモチーフにしたキャラクタであり、前作『イナズマイレブン2』で隠しキャラクタとして登場した「ヒデ ナカタ」が、ストーリーの重要な鍵を握る立場として登場。ほかにも、「イナズマジャパン」を率いるナゾの新監督「久遠道也」など、新キャラクタも登場する。

▲「フットボールフロンティア・インターナショナル」が開催される「ライオコット島」 ▲こちらが『イナズマイレブン3』で活躍する「イナズマジャパン」のメンバー
▲前作では隠しキャラクタとして登場した「ヒデ ナカタ」。今回のストーリーでは、重要な役回りになる。果たして、敵か、味方か…!? ▲「イナズマジャパン」を率いるのは、正体不明の新監督「久遠道也」

 『イナズマイレブン3』は、前作『イナズマイレブン2』と同じ形式で、『スパーク』と『ボンバー』の2バージョンが同時発売される。バージョンによって、敵として登場するチームに違いがあり、『スパーク』の場合は天使のようなユニフォームを身に着けた「天空の使徒」チームが、『ボンバー』の場合は、悪魔をイメージさせるユニフォームに身を包んだ「魔界軍団Z」チームがそれぞれ登場するとのことだ。

▲各バージョンで、異なる敵チームを相手にすることになる ▲こちらが『イナズマイレブン3』のパッケージイメージ

 また『イナズマイレブン3』では、TVアニメ版に先行して登場している、チーム全体でフォーメーションを形成し、試合を有利に進める「必殺タクティクス」が新システムとして登場。「必殺タクティクス」には、1人の相手選手を炎の壁で囲んでプレッシャーを与える「パーフェクトゾーンプレス」など、豊富な種類のものが揃っているという。
 TVアニメ版との連動要素として、6月30日(水)に放映される1時間スペシャルの中で、3分間に渡る『イナズマイレブン3』のCMが放映される予定だ。

 前作『イナズマイレブン2』と『イナズマイレブン3』を通信させると、『イナズマイレブン2』でしか登場しなかったキャラクタを『イナズマイレブン3』でも仲間にできるなど、色々な特典を得られる「2→3(ツースリー) スーパーリンク」という要素も用意されている。

▲チームメンバー全員の力を合わせて発動する「必殺タクティクス」が追加され、より戦術の幅が広がることになりそうだ ▲『イナズマイレブン2』に限定登場した仲間たちも、連動要素を通して『イナズマイレブン3』のチームへスカウトできる

 会場では、『イナズマイレブン3』についてのプロモーションムービーも披露されている。

▲『イナズマイレブン3』プロモーションムービー

中田英寿氏、寄付プロジェクト「11 for AFRIKA」に参加表明
 続いて会場には、元サッカー日本代表選手であり、現在は一般財団法人「TAKE ACTION Foundation」の代表理事を務めている中田英寿氏がスペシャルゲストとしてステージ上に登場した。

▲かつて日本代表選手としても活躍した、元サッカー日本代表選手・中田英寿氏が登場。場内からは大歓声が巻き起こった

 中田氏は「TAKE ACTION Foundation」で、日本ユニセフが進めている、サッカーボールを寄付して南アフリカの子どもたちにサッカーボールを与え、“生き抜く力(ライフスキル)”を身につけてもらおうという活動「サッカーボール配布 教育プロジェクト」に貢献してきた。
 そんな中田氏は今回、『イナズマイレブン3』とタッグを組んで、この活動の更なる活性化を狙うためのプロジェクト「11 for AFRIKA」に参加することを発表した。

 「11 for AFRIKA」の内容は、『イナズマイレブン3』が1本販売されるごとに11円の寄付金が発生し、そのお金が「TAKE ACTION Foundation」を通じて日本ユニセフへと寄付されていくというもの。

▲プロジェクト「11 for AFRIKA」を推し進め、サッカーボールを多くの子どもたちに与えてあげたいと中田氏は話す

 中田氏は「日本はゲームに関して世界でも優れた技術を持っていることと、小学生ぐらいの子どもたちの力を借りたプロジェクトを実現したかったという思いから、今回のプロジェクトを日野さんに持ちかけました。実際に『イナズマイレブン3』とこういった取り組みを実現することができ、本当に感謝しています」とコメントした。
 なお中田氏は、『イナズマイレブン3』におけるCMや広告などにも出演する予定だ。

 さらに会場には、財団法人 日本ユニセフ協会の浦上綾子氏と、在日 南アフリカ共和国大使 ガート・ヨハネス・グロブラー氏が登壇した。

▲財団法人 日本ユニセフ協会 浦上綾子氏 ▲在日 南アフリカ共和国大使 ガート・ヨハネス・グロブラー氏

 浦上氏は、「南アフリカの子どもたちには、サッカーを通じて、自分の人生を自分の力で生き抜くことのすばらしさを学んでほしい」と語った。
 一方のグロブラー氏は、「“11 for AFRICA”の取り組みは非常にすばらしい。あと12週間ほどで南アフリカ共和国を舞台にしたワールドカップ大会がスタートしますので、多くの日本の方が合観戦に南アフリカを訪れられるのを楽しみにしています」と語っている。

▲『イナズマイレブン3』発表会の登壇者一同、および「イナズマイレブン2 脅威の侵略者 ファイア/ブリザード」フットボールフロンティア各部門の優勝者

『イナズマイレブン3 世界への挑戦!! スパーク/ボンバー』
イラスト・スクリーンショット

▲『イナズマイレブン3 世界への挑戦!! スパーク』パッケージ ▲『イナズマイレブン3 世界への挑戦!! ボンバー』パッケージ
▲イメージイラスト

▲円堂守 ▲豪炎寺修也 ▲鬼道有人

▲宇都宮虎丸 ▲飛鷹征矢
▲久遠道也 ▲久遠冬花

▲ヒデ ナカタ ▲「天空の使徒」選手 ▲「魔界軍団Z」選手

▲舞台となる「ライオコット島」イラスト

▲ゲーム画面

■関連コンテンツ
[イベントレポート]
【TGS2009】『イナズマ2』で宇宙人とサッカー対決!0-10で大敗
新作3タイトルの試遊レポートもお届け!「LEVEL5 VISION 2009」総集編
新型ゲーム機も発表!? 「LEVEL5 VISOIN 2008」まとめレポート
まんが、アニメ、TCGを展開―『イナズマイレブン』クロスメディア発表会
ゲーム業界を目指す人にアピール レベルファイブ会社説明会レポート
『スマブラX』『イナズマイレブン』盛況「次世代WHF’08冬」レポ
[プレスリリース]
今夏発売『イナズマイレブン3 世界への挑戦!!』前作/アニメとも連動
『イナズマイレブン2』公式大会会場で必殺技&キャラクタを配信
『イナズマイレブン2』公式大会予選のルール詳細発表
『イナズマイレブン2』最強プレイヤーを決める公式大会を2010年開催
■関連リンク

『イナズマイレブン3 世界への挑戦!!
スパーク/ボンバー』※2Ver.あり
ハード: ニンテンドーDS
ジャンル: 収集・収集・育成サッカーRPG
メーカー: レベルファイブ
発売日: 2010年7月1日(木)予定
価格: 各4,980円(税込)
CERO審査: 審査予定

(C)LEVEL-5 Inc.

最近記事が追加されたゲームタイトル
スポンサーサーチ
    ◆体質改善 ◆注目のワード ◆リアルラブプラス
よく見られている画像