オンラインゲーム、MMORPG、アプリ、ソーシャルゲーム、家庭用ゲームなどゲーム情報を毎日お届け!

イベントレポート
 
韓国最新情報&'10年はどうなる!? 『RO』カンファレンスを完全フォロー(1)

2010.03.15

『ラグナロクオンライン』公式サイト
 
 2010年3月13日(土)、ガンホー・オンライン・エンターテイメント社は、「ガンホーカンファレンス2010」と題し、同社の運営する『ラグナロクオンライン(以下RO)』と『エミル・クロニクル・オンライン(以下ECO)』に関するカンファレンスを開催した。ここでは第1部として行われた『RO』カンファレンスの様子をお届けする。

 本カンファレンスには『ECO』ユーザーも参加することができ、入場は無料。事前登録もいらず、公式サイトの告知ページを印刷したものか、当日、携帯などに表示した同webページを提示することで入場することができるようになっていた(会場の座席と立ち見分までの収容人数を超えた時点で締め切り)。

▲カンファレンス開始前の様子。モニターではRWC2009の試合が流されていた。当日はリニューアル施策の発表もあるとのことで、朝から駆けつけた熱心なファンも多かった。最終的に立ち見分まで埋まり、会場のキャパシティ的には必要十分といった感じだった

 今回のカンファレンスの主題は『RO』のリニューアルプランと2010年の施策の発表。特にリニューアルプランに関しては昨年から何度も取り上げているように『RO』ユーザーの関心が高い。今回は日本でのリニューアルプランの発表に加え、韓国で『RO』を開発しているGravity社のスタッフが参加し、質疑応答を行うということもあり、注目度も高かった。

※画面写真をクリックすると、拡大したものを見ることができます。

▲登壇者は右からガンホー社ゲーム事業部オンライン本部長、飯野平氏、ゲームサービス部一課主任、大岸秀典氏、同課長、廣瀬高志氏、Gravity社開発1ディビジョン長、HONG SANGKIL(ホン・サンギル)氏、同社RO1スタジオ企画チーム チーム長、YANG HOONTAEK(ヤン・フンテック)氏、同社CTO堀誠一氏 ▲司会はガンホー社第一マーケティング部の中村聡伸氏(右端)。カンファレンスの内容は終始通訳が行われGravity社スタッフにも伝えられていた

『RO』リニューアルは6月に!現在最終段階の協議中!?
 まずはリニューアル内容の発表に先立ち、Gravity社の堀氏からリニューアルの企画意図と日本への対応についての話が行われた。

 これまでも何度かガンホー社から説明があったが、基本的にはアップデートを重ねるうちに、開発当初想定していた計算公式(100を基準とする計算式)が限界に近づいていること、そして今後のアップデートのための幅を持たせるためのシステム(サーバおよびクライアントプログラム)の改修がメインとなっている。同時にゲームバランス的に好ましくないと思われる点の修正も行われる。
 ただ、韓国で行われたリニューアルは、現状の『RO』とかなり異なってしまうことが判明。ガンホー社も日本のユーザーには韓国のリニューアルは合わないとして、Gravity社と協議。独自のリニューアルを模索するという決定になった。

 Gravity社としても日本のユーザーの意見を重視し、韓国でいったんリニューアルを行ったものを、可能な限り“プレイ感”を保ったまま上記の限界を突破させる新たなリニューアルプランとして練っている。ただし、時間的制約やソースコードの管理的な制約、異なる基盤の上での今後の企画に対する制約など、様々な懸念事項もあり、Gravity社とガンホー社での議論が続いている。
 「しかしゴールは同じだと思っています」と堀氏は語った。今回の発表はGravity側の提示するリニューアルプランとガンホー側の求めたリニューアルとがぶつかり合った着地点という見方もできるだろう。

▲Gravity社としての日本の『RO』のリニューアルに関する意図。韓国では現在進行形でリニューアルが続いており、あまりに日本に特化したリニューアルは難しい

 Gravity社の発表に続き、廣瀬氏がこれまでの日本の『RO』リニューアルの流れを振り返った。日本では「エボリューションプロジェクト」と題し、SNSやテストサーバを通じて意見を集約。スタッフがGravity社へ赴くなどしてユーザーの意見を伝えたりしてきた。これらの内容は本サイトでも何度かお伝えしたとおりだ。
 当初、ガンホー社は2010年第一クォーター(第一・四半期。ガンホー社は1月~3月)にリニューアルを行うと発表していたが、協議が長引いたせいもあり、現実的には厳しくなり、日本のリニューアルの実施を6月に延期することになった。

▲図を見ると調整・開発が4月からとなっており、実際には作業開始前の段階であることがうかがえる。今回のカンファレンスでの反応や、近々行われる公式サイトでのアンケートを踏まえた上で最終決定を行うのではないだろうか

 また、リニューアルの方向性は公式サイトで1月に発表が行われているが、今回は具体例を示しつつ、改めてその方向性が語られた。

 日本のテストサーバで行われたテストプレイでは、ステータスの持つ意味が薄くなり、育成感が減少したことや、その成長速度、また攻撃スピードや敵への命中率など、ゲームの基礎的な部分への批判的な意見が集中。ガンホー社ではこれらを現状の日本『RO』に近づけるリニューアル案を提示していた。結果的に攻撃力に関するステータスを上げたときの影響と攻撃速度に関する計算式は、韓国のリニューアル版でも現状の日本版でもない式を使い、可能な限り日本のプレイ感を損なわないようにするとした。

 ただ、それ以外の項目については最終的には協議中となっており、細かい点まではまだわからないことも多い。特にスキルの仕様変更に関しては問題だろう。現状の『RO』ではほんの少しスキルの内容が変更されるだけで大きな話題になる状況だ。例として提示されたスペルユーザー系の3つのスキルなどは、ゲーム内ではその職業の命綱とも言えるもので、これだけ大きなスキルの仕様変更は長い時間かけて転生まで行ったキャラクタの存続にも関わってくるほどなのである。

 また、これもプレイヤー間でよく話題に上ることだが、詠唱時間の問題も取り上げられた。現状ではDEX値が補正込みで150に届くか、スキルと装備品の効果が重なることで、本来詠唱が発生するはずのスキルの詠唱時間が0になり、“無詠唱”で発動できるという仕様になっている。韓国版のリニューアルでは計算式を変更する以外に「固定詠唱」と呼ばれる“減少できない詠唱時間”を設けた(ただし、以前にも書いたように固定詠唱を減少させることのできる3次職スキルやアイテムも実装されており、仕様を知らないプレイヤーにとって非常にわかりにくくなってしまっている)。
 “無詠唱”の存在については公式サイトでアンケートを行うことでGravity社とガンホー社の最終合意を決定するとされている。堀氏は「どういった質問をすれば我々が必要とする情報が得られるのかという点でまとめるのに時間がかかってしまいました。固定詠唱に関しては無詠唱に対するカウンターではなく、詠唱時間の価値をシステムに反映させるという意図があります。ただ、これに関してはGravityとガンホーだけでは決めきれないことも多く、ユーザーさんのご意見をいただきたいと思いました」と語った。

▲日本の『RO』リニューアル後のステータスとその効果のイメージ。二次曲線を維持しているが、韓国版と大きく異なる点は、あとあとの開発への不安もよぎるうえに、結局弱体化していることは変わらず、日本のユーザーにはやはり不満の種となりそうだが…… ▲Aspd(攻撃速度)のイメージ図と状態異常耐性についての言及。Aspdに関しては3次職になることで現状の最大値190を突破して193までアップさせることができる。能力が低い状態でも攻撃速度が速くなるため、上方修正と言えるかもしれない。ただ、状態異常の耐性に関してはやはり協議中とのこと
▲韓国におけるスキルの変更。これは一例であり、変更の入っているスキルは多い。ステータスに関わる部分も大きいため、スキル単体でどうこう言うことはできないが、例えば図にあるソウルチェンジは転生後に取得できるスキルであり、このためにキャラを育てて転生させる人すらいるのだ ▲スペルユーザー系の無詠唱状態は、昔はほとんど到達できなかったDEX値150到達が、新アイテムなどで比較的容易になったことで起こった問題で、現状では攻城戦など詠唱妨害が頻繁に起きる場で利用されている。通常の狩りでは威力と詠唱速度のバランスを考慮し、最適な値を割り出して調整している人がほとんどだ。むしろ元々DEXが高く詠唱がないことを前提としてきたアーチャー系のスキルに詠唱が発生することによる問題のほうが多い気がするが……

 キャラクタの成長と切っても切れない関係にあるのが経験値の問題だ。韓国版ではレベルアップに必要な経験値テーブルの数値を大幅に減少させたが、モンスターから獲得できる経験値も減少した。結果から言うと、3次職の実装(成長限界の突破=本来はより経験値を稼ぐ必要がある)に伴い、数値的に見ると成長速度はアップしたようだ。
 ただし、日本で行われたテストサーバではモンスターレベルに応じた取得経験値が均一化され、自分のレベルに応じた狩場を転々とするという、いわゆる量産型のMMORPG化が起こっていた。『RO』は昨今のシステムが確立する以前の古いゲームであり、その点を好むプレイヤーも多く、日本ユーザーにはこの点も不評だった。

 やや話題とずれたが、日本のリニューアルでは経験値テーブルは現状のものを維持すると発表された。3次職以降の経験値テーブルやモンスターの経験値は日本向けに新たに決定することになる。モンスター配置はこれまでも何度か日本独自に変更を加えているが、これも現状と同様に日本向けのものとなる。ここで懸念されるのは3次職になったあとに必要経験値が膨大になるのではないかという点だ。
 この点については言及されなかったため、詳細はわからないが、仮に現状の転生以後のペースで必要経験値が増えていったら、3次職は現在実装されているマップで狩りをしてもレベルアップは難しい。必然的に“3次職だけの膨大な経験値を生み出す狩場”が必要になり、さらに仮にそこへ3次職未満のキャラが行けるようになれば、急激な速度でのレベリングが容易になってしまう。逆に狩場の進入を制限すると、3次職になっているプレイヤーとそうでないプレイヤーを断絶することになりかねない。最終的な仕様がどうなるかはわからないが、拡張性を持たせるというリニューアルのポイントと照らし合わせるとやや疑問の残る点ではある。

 余談ながら、日本でのモンスターの経験値変更や配置変更は壇上の大岸氏が担当しており、廣瀬氏が「掲示板などで“誰得(誰に得があるのかわからない微妙な)変更”と言われて凹みながら作業をしていました」といった裏話も。
 大岸氏が「以前お話しさせていただいたこともあるのですが、大型アップデート時だけでなく、もうちょっと短いスパンで変更を行っていきたいと考えています」と説明すると廣瀬氏が「みんなのアイドル“師匠”(特定キャラにとってお金稼ぎがしやすいスリーパーというモンスターの愛称)を守ってあげてください」と、コアユーザーだけにわかる応援を行い、客席の笑いを誘っていた。

▲経験値テーブルは現状のものを維持するという発表はこの日が初。現状では転生後のレベル98から99になるのに3億4千万以上の経験値が必要となるのだが、単純に考えて100になるにはこれ以上となると、ちょっと気が遠くなる。現実的に考えれば3次職以後は必要経験値がいったん減少するのだろうが、不安なことに変わりはない

 その他においてはテストサーバなどで収集した意見を元に韓国版に微調整が加えられたという印象の項目が続いた。このあたりだけを見ると「韓国版のリニューアルがベース」と言えなくもないが、基礎的な計算式が変更される予定のため、以前テストサーバでプレイした印象とは大きく異なってくることが予想される。とにかく変更点が多すぎるため、「実際にプレイしてみないことにはわからない」というのが現状だ。

▲ダメージ計算式が変更されるため、防具などのDEF値(防御力)が増加しても効果の予想が立てにくい ▲ショートカットキーは増加したが、いったんEnterを押してからでないとチャットができない仕様に戸惑うプレイヤーも多かった。チャットのしやすさというのは『RO』の利点と言われているだけに、現状の仕様も残したいとのこと。堀氏曰く、Gravity社側からは「(これらの仕様は)変更可能だろう」という見通しになっているそうだ
▲テストサーバで不評だった、装備欄とステータス欄の統合はなくなり、現状と同じ仕様になる。ただし、ステータスを振り分ける際に確認を行うというのは仕様的に難しいとのこと ▲スキルの効果時間の表示とスキルの使用不能状態(スキル使用後のディレイタイム)を表示する。テストサーバで好評だったものはそのまま実装されるようだ。ただ、スキル効果時間については、テストサーバと同様なら効果消失2分前程度にならないと減少しないという仕様がややわかりにくかったが…?

気になる「3次職」の状況は!?
 リニューアルの核とも言えるのが3次職の実装だ。韓国では段階的に3次職が実装されたが、日本では13種のすべてが同時に実装予定となっている。
 転職条件は韓国とは異なることが決定しており、日本ではBaseレベル90以上の上位2次職(転生後のキャラ)となっている。また転職クエストは3次職実装時には実装されず、クエストなしか他の条件を満たすことで転職が可能になるとのこと。 さらに、3次職転職時にはステータスをリセットできるようになる。

 なお、特に反響の多いグラフィックに関しては、実装を行ったあとも調整を行う可能性があるらしい。Gravity社内ではルーンナイトなど、現在修正を行っているものに関しては、ある程度完成に近づいているとのこと。ちなみに、堀氏によれば、グラフィックチーム長から「今まで使っていたルーンナイトのグラフィックもルーンナイトとしてはよくなかったかもしれないけれど、何かで利用できないかな」といった意見も聞かれたとのことだ。

▲レベル上限の突破やステータスの限界突破などはこれまで発表されてきたとおり。スキルに関しては調整中とのみ記述され、具体的な効果の例や韓国版からの変更点などは示されなかった

未来の『RO』の姿をチラリ! 韓国最新アップデート情報
 リニューアルの説明が終了すると、堀氏から韓国の最新情報を含むリニューアル以後の『RO』の展開について発表が行われた。Gravity社としてはリニューアルに注力するあまり、こうしたプロモーションがやや少なかったとの反省も聞かれたが、たしかに韓国からの新規実装要素の発表は久々ではある。

 まずは韓国で昨年12月に実装された巨人都市・エル・ディキャスティスが紹介された。エル・ディキャスティスは現状の日本の状況の次のエピソードにあたるもので、魔王モロクが逃げ込んだとされる異世界にある巨人(マヌク)族の首都の名前。エル・ディキャスティスには人間も住んでおり、魔王モロクに繋がる手がかりも存在するとのことだ。

▲巨人都市エル・ディキャスティスの様子。韓国のEpisode13の完結編となり、今後は新たなエピソードが展開される予定

 また、エル・ディキャスティスと並行して3次職関連の新システムも実装された。(日本では)プロフェッサーから転職する3次職「ソーサラー」の“精霊システム”、(同じく日本では)クリエイターから転職する「ジェネティック」の“ホムンクルスS”がそれだ。
 精霊システムはソーサラーのスキルに関連したシステムで、火風土水の精霊を、スキルでモードを切り替えながら使役するというもの。ホムンクルスSはレベル99のホムンクルスが“変異”した状態のもの。変異のためにはクエストクリアが必要で、条件を満たすことで変異が起こるものの、条件の達成度によっては望みのホムンクルスSにならない可能性もあるらしい。ホムンクルスSはレベル150までの育成が可能で、変異前の能力も使用可能とのこと。

▲ソーサラーの使う精霊とそのシステム。韓国にのみ実装されている傭兵システムとはまた異なるもので、ソーサラーの戦い方を変化させることになっているという ▲ジェネティックのホムンクルスS。ジェネティック実装時から構想のあったホムンクルスの限界突破後の姿だ

 ここからは韓国でもテスト中、および未実装、構想段階の話となる。まずはエクステンド職業とカテゴライズされた、3次職に繋がる13職以外の職業群の拡張についての内容が公開された。まず、日本で言う養子キャラの3次職転職のテストが準備中。これまでの養子キャラはステータス限界が80だったが、3次職では108(ヤン氏曰く「煩悩の数」だそうだ)まで成長可能になっている。
 また、ノービスに関してもクエストをクリアすることでレベル99以降のレベルを拡張可能に、スーパーノービスに関してはレベル拡張に加えて2次職の一部が使えるようになるというスキル拡張が計画されている。スーパーノービスのスキル拡張に関してはこれまでとは異なるジョブレベルが割り当てられるという。その他の能力も計画しているが、公開までのお楽しみとのこと。

 ほかにも、忍者やガンスリンガーに関してもエクステンド上位職が実装される見通しになっている。その後テコンキッド、拳聖、ソウルリンカーの3職業についてもエクステンド上位職を作成予定らしい。

▲レベルが拡張される3次職に続き、少なくとも拡張職のレベルも150まで上がることが明言された。また、転生のない拡張2次職群にも上位職が実装予定 ▲原作者、Lee MyoungJin(イ・ミョンジン)氏によるガンスリンガーのエクステンド上位職(男性)のラフスケッチ。決定稿ではなく、あくまでもイメージだが、ムリを言って公開させてもらったとのこと

 さらに、今後の展開としては「Episode14.1 ビー・フロスト」「Episode14.2 アルフヘイムへ…」といったアップデートが予定されている。異世界にいるもうひとつの種族、妖精族との関わり、そして魔王モロクとの決戦が待ち受けている。
 それとは別に、アマツやブラジリスのような、いわゆるローカルマップシリーズとしてインドネシアをモチーフにしたマップが作成される予定。また、ミッドガルド大陸を舞台にしたサブストーリーとして猫の手サービスたちの物語「外伝シナリオ“猫の島”」といったものも計画されている。いずれも詳しくは実装が近くなったら改めて公開されるとのことで、今回は概要だけの発表に留められた。

 これ以外にも韓国ではパーティーブッキングシステム(パーティーマッチングシステム)などシステム面での拡張も進んでいるとのこと。韓国と日本でリニューアルを進め、以後はワールドワイドでリニューアルに着手。開発スタッフも新たな仕様、新たなシステムをどんどん組み、堀氏曰く「『RO』は止まらないというところをお見せしたい。そんな意気込みで頑張っています」とのことだ。

▲同じくガンスリンガーのエクステンド上位職(女性)のラフスケッチ。単に強くなったというだけではなく、独自の特徴を出すのに非常に悩み、苦労されているらしい ▲忍者のエクステンド上位職のラフスケッチ(男女)。肩に獅子がついているのがポイント…!? ▲韓国で予定されているアップデートの一部。中止されていたローカルマッププロジェクトが復活しているということは、今後も『RO』がサービスされている各国のマップが追加される可能性もあるのかも?

無料開放あり! リニューアル前にも数々の施策を予定
 韓国での情報のあとは直近における日本での展開が発表された。まずは様々なアトラクションの報酬を一本化する「リンクシステム」。『RO』に実装されているアトラクションはそれぞれで異なるポイントを取得し、異なる報酬をもらえる仕様だった。

 これらのポイントの報酬に日本独自のアイテム「コイン」を導入し、そのコインによって武器や防具など、装備アイテムがもらえるようになるというもの。装備アイテムは対人戦に特化したものが多く(人型モンスターにも有効)、特に攻城戦などで役に立つものになりそう。

▲いろいろなアトラクションの中で自分のプレイしたいものをクリアすることでコインが獲得できるようになる。GvG(攻城戦)では砦宝箱から「GvGコイン」が入手できるようになるとのことだ ▲コインは取引可能だが、報酬としてもらえる武具は取引不可能。倉庫にも入れられないとのこと。ここでピンとくるコアユーザーもいるかもしれないが、もしかしてコレって事実上凍結されている「戦場システム」の報酬の一部なのでは…??(正式にコメントがあったわけではないので間違っていたらゴメンナサイ)

 また、初心者向けの要素として設置された冒険者アカデミーを改修予定。2次職に転職したあとのサポートも行いつつ、プレイヤーのコミュニティとなる施設が追加されるとのこと。これはリニューアルを待たずに4月ごろからの順次実装を予定しているようだ。

▲初心者向けのリニューアル施策が再び展開される。3次職の導入を見越してということもあるのだろうが、これはリニューアルとは関係なく、日本独自で早期に実装予定とのこと。新しい施設には現在のアカデミーシークレットストーリーに相当する新クエストなどもあると嬉しいのだが…

 システム的な追加だけではなく、各種キャンペーンも実施予定。大掛かりで期間の長く好評だったバレンタイン&ホワイトデーイベントが終わってすぐにスプリングキャンペーンが開催される。特に注目なのは、昨年10月に行われた無料開放デーに引き続き、今度は3月19日(金)の18時ごろから3月23日(火)の10時(定期メンテナンス開始時間)まで、88時間もの長時間の無料開放が行われるコト。休止していた人もブラジリスなどが追加された『RO』を無料で覗けてしまうのだ。

 これに合わせて3月16日(火)からは人気コンテンツの“蜃気楼の塔”が1週間ほど再登場。その他にもキャラクタの服の色を変更するエクストラカラー化が一定期間無料になる(ただし、元の色に戻すのは有料なので注意しよう)など、サービス要素が盛りだくさんの内容となっている。

▲キャンペーン自体は3月16日(火)から開始。無料開放期間は金曜の夕方から翌週の火曜のメンテまでと覚えておこう。GvG(攻城戦)の時間も無料で接続できるので、休止していた人も昔の仲間と共に久々に腕を振るってみるというのも一興だろう

 その後の展開としては4月13日(火)から「ラグナロクオンラインSNS」がサービス開始される。これはガンホーIDで接続できる『RO』ユーザー専用のSNSサービスで、ゲームアカウントを選択してログインする。そのアカウントごとのマイページを持つことができるようになっており、将来的にはゲームデータとの連動も計画されている。
 また、これにともない、現状のエボプロSNSは『RO』のリニューアルが実施される6月手前の5月31日(月)でクローズされることになる。残念ながらデータの自動移行はできないため、エボプロSNSにアップした日記やアルバムなどが必要な人はクローズされるまでに手動で移行しておくようにしたい。

▲サービスが予告されていたSNSサービスがついにお披露目。もちろん携帯からも接続可能なので、外出先から仲間に連絡を取ることもできる。これまでエボプロSNSで集約された意見を反映させたまったく新たなSNSとなる予定だ

 新規ユーザー発掘のためにスクルドワールドに代わって開始された「Welcomeサービス」は今後、Urdrを除く全ワールドを巡回することになる。Welcomeサービスとは、新規アカウントが期間限定(およそ3週間程度を予定)で特定ワールドのみ無料で接続できるサービス。これまでのスクルドワールドのように新人だけの空間ではなく、実際に熟練者が遊んでいるサーバへ無料で接続できることが特徴だ。

 このサービスはすでにGarmワールドで実施されているが、今後は全22ワールドを順次回ることになる。これと同時に、各ワールドのプレイヤーがそのワールドの街(プロンテラ)の特徴を投稿することのできるコミュニティマップも随時更新し、これらはSNSやクライアント起動時のランチャーからも参照できるようにしていきたいとのことだ。

▲新規ユーザー獲得のための施策も継続。これまでは主に接続人数の少ないワールドへの人員流入を狙っていたが、今回は全ワールドが対象になるとのことだ ▲上半期の『RO』のロードマップ。まだ秘密のポイントもあるが、3月と4月の(おそらく4月1日限定の)イベントなど、わかりやすい秘密(笑)も含まれている。リニューアルまで大掛かりなアップデートこそないものの、既存コンテンツのリニューアルや様々なキャンペーンによってユーザーを楽しませようという心意気がうかがえる


★後半は、様々な質問・要望がユーザーから投げかけられた「質疑応答」パートをまるごとお届け!

1 2 次へ

(C)Gravity Co., Ltd. & Lee MyoungJin(studio DTDS). All Rights Reserved. (C)2010 GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved. ※職業名・未実装のスキル名称は全て仮称です。今後変更になる可能性があります。

最近記事が追加されたゲームタイトル
スポンサーサーチ
    ◆体質改善 ◆注目のワード ◆リアルラブプラス
よく見られている画像