オンラインゲーム、MMORPG、アプリ、ソーシャルゲーム、家庭用ゲームなどゲーム情報を毎日お届け!

インタビュー
 
「BEST FPS」であり続けるために――『サドンアタック』インタビュー

2009.12.21

「ONLINE GAME messe.2009」公式サイト
 

 2009年12月13日(日)、ウェブマネーが主催し、ファンの投票によってその年もっともユーザーに愛されたオンラインゲームを選出する「WebMoney Award」が今年も開催された。

 通算5回目の開催となった今回は、ネクソンの『アラド戦記』が見事グランプリに輝いたのをはじめ、『グランドファンタジア』や『サドンアタック』など23タイトルが「BEST ONLINE GAMES 2009」を受賞。

 その中から特に、今回は「BEST GAMES賞」と「BEST FPS賞」に選ばれた『サドンアタック』を運営する、ゲームヤロウ・小野誠プロデューサーにインタビューを行い、受賞の喜びや今後の展望などについてうかがった。


▲ゲームヤロウ パブリッシング事業本部 プロデューサー 小野誠氏


――まずは「BEST GAMES賞」と「BEST FPS賞」のダブル受賞、おめでとうございます。

小野誠氏(以下、小野氏):
 ありがとうございます。昨年も「BEST GAMES賞」はいただいていたのですが、今年はさらに「BEST FPS賞」にも選ばれ、運営チーム一同喜んでいます。これも『サドンアタック』を支えてくださったユーザーの皆さんのおかげです。

――ユーザーから寄せられたメッセージの中で、特に嬉しかったものはありましたか?

小野氏:
 やっぱり「運営がいいから」と言われると嬉しいですね。

――運営会社にとっては最高のほめ言葉ですね。

小野氏:
 これまで『サドンアタック』を運営するにあたって、二つの「ふれあい」を心がけてきたんです。ユーザーとのふれあい、それから地域とのふれあい。プレイしている人はご存知だと思うんですが、『サドンアタック』では公式ネットカフェを使った店舗大会を積極的に支援して、ユーザーと運営チームのメンバーが直に話せる機会を設けるようにしています。多いときには、月に4~5回くらい。

――ほとんど週1ペース! 大変じゃないですか?

小野氏:
 大変ですね(笑)。でも現実にそうしてユーザーと顔を合わせてみると、ネット上ではなかなか見えてこない部分が見えたりするんです。それにオンラインだけだと、なかなかユーザー同士が知り合える機会がない。
 でも店舗大会などで顔を合わせれば、それをきっかけにコミュニティが広がっていくんです。もちろんネットカフェ側の盛り上がりにもつながりますし、地域とのふれあいを大切にする意味でも、店舗大会は今後も支援し続けたいですね。




――昨年から今年にかけ、かなり多くのオンラインFPSがリリースされましたが、そのあたりの状況についてどう見ていますか?

小野氏:
 まさに今年は「FPS戦国時代」でしたが、その中で『サドンアタック』が「BEST FPS賞」をいただけたのは本当に嬉しかった。FPS人口も少しずつ増えてきているようですし、『サドンアタック』自身がFPSの間口をもっと広げていけるようにがんばっていきたいと思います。

――今の子供たちの中には、はじめて遊ぶFPSが『サドンアタック』という人も多いかもしれませんね。

小野氏:
 今年の6月に調査したところ、10代後半くらいのユーザーがもっとも多い状況でした。初心者でもすぐにマッチングできますし、低スペックのPCでもサクサク動きますから、敷居はかなり低い方だと思います。今までオンラインゲームやFPSで遊んだことがなかった人たちが、『サドンアタック』をきっかけに遊んでくれるようになったら嬉しいですね。

――来年はそのあたりが目標ですね。

小野氏:
 そうですね。あと今後は、初心者や中級者でも楽しめるような仕組みをもっと充実させていきたいと思っています。『サドンアタック』ももうスタートして2年半になりますから、それだけキャリアに差があると、どうしても初心者は追いつけなくなってしまう。

――ああ、たしかにそれはあるかもしれません。

小野氏:
 まだ企画段階ですが、純粋に初心者同士だけで戦えるシステムは用意したいと考えています。今の初心者サーバーは階級さえ低ければ、経験者でも入れてしまったりするので。たとえば15分プレイして、1人も倒せなかったりしたらやっぱりヘコんじゃいますよね。

――よっっっっっくわかります(笑)。

小野氏:
 また中級者向けの要素としては、有名プレイヤーがゲームのコツを教えてくれる「オフライン教室」のようなものを開きたいと思っていて。実は昨年一度だけ行ったことがあったんですが、これを定期的にやっていけたらなと。
 FPSって経験と反射神経がすべてだと思われがちなんですが、知っていると有利になるポイントって意外に多いんです。でもオンラインだと情報交換の機会が少ないから、知らない人は知らないままプレイしてしまいがち。そのあたりを補完していけたら……というのが狙いです。

――かつての高橋名人のような感じですね。

小野氏:
 目標は全国キャラバンですね(笑)。

小野氏:
 今のところボイスチャットの導入、動画のキャプチャ支援機能などは考えています。今も動画サイトなどにプレイ動画をあげてくれているユーザーがいて、そういうユーザー側の「盛り上げよう!」という動きにはなるべく答えるようにしていきたい。もちろん、日本独自の武器やキャラクタの追加、ゲームバランス調整なども積極的に行っていきますよ。
 また、韓国で実装されたばかりの超大型アップデートも早い段階で導入しますので、ご期待下さい!




――それでは最後に、ユーザーに向けてメッセージをお願いします。

小野氏:
 ええと、本当にたくさんのご投票をいただきまして、本当に運営一同、感謝の言葉で……ああ、いろいろ伝えたいことがありすぎてうまく出てこない。

――(笑)。

小野氏:
 とにかく喜びとともに、身の引き締まる思いです。これ以上はもう「グランプリ」しかないということで、次はもっとユーザーの皆さんに愛されるよう、運営チーム一同がんばっていきますので、なにとぞご声援のほど、よろしくおねがいいたします!

――ありがとうございました。




受賞を記念して、12/22・23は経験値とポイント20%アップ!

 「BEST GAMES賞」「BEST FPS賞」の受賞を記念して、12月22日(火)18時から23日(祝・水)の23時59分まで、以下のイベントを開催予定とのこと。経験値・ポイント大量獲得のチャンスなので、『サドンアタック』プレイヤーは要
チェック!
◆取得経験値・ポイント20%UP!
 12月22日(火)18:00 ~ 12月23日(祝・水)23:59まで
 取得経験値とポイントがそれぞれ20%UP

◆GM教官による強襲イベント!
 12月22日(火)~12月23日(祝・水)の各日、
 18:00~19:00、20:00~22:00の2回
 GM教官が新武器「89式小銃改」を持って強襲。さらにGM教官と同じルームでプレイしたユーザーを対象に、抽選でポイントアイテムの中から「ご好評感謝アイテム」をプレゼント

※12月22日(火)・23日(祝・水)は「二冠受賞ありがとう記念」として、ルーム名に「WebMoneyAward2009」と記載したルームを優先して襲撃

 
■関連コンテンツ
[イベントレポート]
オンラインゲームのヤバイ話をしよう。業界人「覆面座談会」やりました
サドンアタック祭り2009:『鉄鬼』のボスモード実装がサプライズ発表に
2009年の人気一位は『アラド戦記』に「Online Game messe」を振り返る
ネクソン:新作コミュニティゲーム『おしゃらんど ファンテージ』発表
「Online Game messe 2009」コレクション:素敵な女子スタッフをご紹介
新情報に、全国大会決勝、メイドさんも!?「サドンアタック祭り」レポ
[インタビュー]
運営移管もプレイヤーは離れず――グランプリ受賞『アラド戦記』に訊く
「BEST ROOKIE」の理由は『グランドファンタジア』運営チームに訊く
[プレスリリース]
お城で戦闘『サドンアタック』マップ「ストーンキャッスル」開放
『サドンアタック』クラン大会の決勝戦はアキバで開催!
『サドンアタック』練習モードと占領マップ「アクアバレット」実装
『サドンアタック』「SAOMT2009」優勝クランが決定
■関連リンク
最近記事が追加されたゲームタイトル
スポンサーサーチ
    ◆体質改善 ◆注目のワード ◆リアルラブプラス
よく見られている画像