オンラインゲーム、MMORPG、アプリ、ソーシャルゲーム、家庭用ゲームなどゲーム情報を毎日お届け!

イベントレポート
 
矢追純一氏VS.大槻教授!宇宙人の真相とは?『Mass Effect』完成披露会

2009.05.14

 
 マイクロソフトは2009年5月14日(木)、東京・渋谷にある「渋谷 Lounge NOE」において、超常現象研究の第一人者・矢追純一氏による「緊急記者会見」を実施した。

こちらが記者会見の会場。怪しげにライトアップされ、重々しいリズムのBGMが響き渡る…

※写真をクリックすると、拡大したものを見ることができます。


 今回の記者会見は、矢追氏が「宇宙に関する重要かつ重大な情報を入手した」という事実を受けて開かれたものである。果たして、矢追氏の身に何が起こったのであろうか…。その全貌をお伝えしよう。

矢追氏が未知の宇宙人と遭遇? 果たして、真相は…!?
 記者会見の場に姿を現した矢追氏は、「先日私はUFOにさらわれてしまい、そこで色々な形状の宇宙人と遭遇しました」という、信じられない一言を口にした。

超常現象研究の第一人者・矢追純一氏

 矢追氏は「私がさらわれて乗り込むことになった宇宙ステーションは、我々の想像を春香に超えるような科学技術が発展した場所でした。そして、そこで様々な宇宙人と出会ったのです」とコメント。さらに、自身が遭遇したという宇宙人たちの姿を、我々プレス関係者に向けて次々と紹介していった。

こちらが矢追氏が乗り込むことになった宇宙ステーション。 ここで彼は、恐るべき科学技術を目にしたという

 最初に矢追氏が紹介したのは、「トゥーリアン」と呼ばれる種族。その中でも最も凶暴な「サレン」という宇宙人が、宇宙全体のコミュニティを破壊しようとしているという情報も、矢追氏は掴んでいた。

「トゥーリアン」の1人であり、銀河を混乱に陥れようとしている「サレン」

 さらに矢追氏は宇宙ステーションの中で、「アサリ」と「サラリアン」と呼ばれる2種族にも遭遇したという。
 矢追氏によると「アサリは1,000年以上も生きる種族で、美人が多いです。普通の宇宙人にはできるだけ遭遇したくないものですが、彼女達ならばさらわれてもいいかもしれませんね」とのこと。一方、「サラリアンは諜報活動などが得意な頭のいい種族ですが、40年ぐらいしか生きられません」とそれぞれの種の特徴を説明した。

美人揃いの種族だという「アサリ」 知能が発達した種族「サラリアン」

 矢追氏は記者会見の最後に「宇宙人は、我々の科学力をはるかに超える技術を所持しています。彼らが地球へとやって来る日も近いのかもしれません」と話した。
 ところがその時、「ちょっと待ってください矢追さん!こんなのデタラメですよ!」という誰かの声が会場に響いた。声の主は、様々なバラエティ番組などに出演しては、宇宙人の存在を否定し続けている早稲田大学の名誉教授・大槻義彦氏であった。

早稲田大学名誉教授・大槻義彦氏

 大槻氏の「今までの画像は全て、マイクロソフトが今度発売するゲームソフトのものでしょう!」との言葉に、矢追氏は「ああ、バレちゃいましたか(笑)」と一言。そうなのである。「緊急記者会見」とは仮の姿。本当は同会場で、5月21日発売予定のXbox 360向けソフト『Mass Effect(マスエフェクト)』の完成披露会が開催されていたのである。

大槻教授、本当は宇宙人“肯定派” !?「トークセッション」
 会場ではその後、『Mass Effect』の魅力から宇宙人に関する話題までを矢追氏と大槻氏が語る「トークセッション」が開催された。

「トークセッション」の模様

――近年、UFOが墜落したり、宇宙人の姿が目撃されたりといった報道がなされていますが、それに関してはどう思いますか?

★矢追氏
 最近、過去に宇宙飛行士だった人物が「宇宙人に遭遇した」という話をしています。アポロ12号が撮影した、光り輝く球体や地球上のものではない物体など、映像や記録なども多数残っています。もはや、宇宙人がいるかいないかと話している段階ではないのです、近日もっとすごいことが発覚するのでは、と期待しています。

★大槻氏
 ここのところ、地球外生命体が発する電波をキャッチして、その存在を確かめようという「SETI計画」が、アメリカだけでなく日本でも行われつつあることが報道されています。これは、科学者が大真面目に宇宙人の存在を探ろうとしているという事になりますが、私も他の科学者と同じく、この実験を続ければやがて宇宙人とコンタクトできると思っています。

――では、大槻教授も宇宙人は存在すると考ているのですか?

★大槻氏
 だれも居ないとは言ってません。よく誤解されるんですが、私も宇宙人は存在すると考えています。地球など、広大な宇宙から見たらほんの一部にしか過ぎませんから、同じような条件で同じ種族として存在している知的生命体が居てもおかしくないでしょう。

――近い将来、宇宙人と我々人類は遭遇できるのでしょうか?

★矢追氏
 漫画やアニメ、映画などでSFファンタジーものを例にとると、そこで描かれていたハイテク技術がどんどん実現しています。このまま科学が進歩していけば、宇宙人と会える日も近いと思います。

★大槻氏
 宇宙人の存在は肯定しますが、宇宙人が「そこら辺にゴロゴロいる」だの、「住民票を獲得している」だの、「地球人に成りすまして結婚している」だの言ってる人の事は信用しませんからね!

――最後に、『Mass Effect』についての感想を聞かせてください。

★矢追氏
 多数のキャラクタが綿密に設定付けられていて、プレイヤーは好きなキャラクタを選んでプレイできるのが魅力的です。科学技術などを見ても、近い将来こういった時代が来るのだろうかと想像できるのも楽しいです。

★大槻氏
 ゲーム映像がかなり鮮明で、遠くまでクッキリ見えるのはすばらしいです。また、ゲーム中に登場する進化した科学技術を見て取っても、現在研究が進められている「プラズマ推進ロケット」など、近い将来登場しそうな技術がストーリー上で採用されているのにも驚きました。

――ありがとうございました。

左から、早稲田大学名誉教授・大槻義彦氏、超常現象研究の第一人者・矢追純一氏

◆『Mass Effect(マスエフェクト)』
メーカー:マイクロソフト
対応機種:Xbox 360
ジャンル:RPG
発売日:2009年5月21日(木)予定
価格:7,140円(税込)

■関連コンテンツ
[プレスリリース]
銀河系RPG『Mass Effect』戦闘システム、キャラクタ成長システムを公開
発売カウントダウン『Mass Effect』トレーラー6本を連続配信
広大な銀河で謎を追う!Xbox 360『Mass Effect』5月21日発売
オリジナルサントラ収録『Mass Effect』購入者特典ディスク
■関連リンク

最近記事が追加されたゲームタイトル
スポンサーサーチ
    ◆体質改善 ◆注目のワード ◆リアルラブプラス
よく見られている画像