オンラインゲーム、MMORPG、アプリ、ソーシャルゲーム、家庭用ゲームなどゲーム情報を毎日お届け!

イベントレポート
 
本日開催「東京国際アニメフェア2009」見どころを会場よりレポート!

2009.03.18

 
 本日2009年3月18日(水)から3月21日(土)の4日間、東京・有明の「東京ビッグサイト」において国内最大のアニメ見本市「東京国際アニメフェア2009」が開催されている。


※画面写真をクリックすると、拡大したものを見ることができます。

 会場ではアニメ制作会社をはじめ、放送局、玩具メーカーがそれぞれブースを出展し、自社の製品のPRをおこなっている。4日間の会期のうち、本日18日(水)と翌19日(木)は関係者向けのビジネスデイとなっているが、週末の後半2日間は一般の来場者も受け入れる。
 今回は、今週末に「東京国際アニメフェア2009」へ足を運ぼうと計画している方のため、会場での見どころをピックアップして紹介していこう。一般日に行われるイベントを観つつ、各ブースを訪れる際の参考にしていただければ幸いだ。

「ジャングル大帝」が新たなテレビシリーズで復活

 言わずと知れた漫画の神様・手塚治虫氏に関連した多くのテレビアニメや劇場向け長編を世に送り出している手塚プロダクション。同社のブースで気になるのは「ジャングル大帝」の新たなテレビシリーズが2009年夏に放送されるという発表。

 この2009年版「ジャングル大帝」の正式名称はまだ未定となっているが、概要をお伝えしていこう。本作は、手塚治虫氏の生誕80周年とフジテレビ開局50周年を記念して制作されるもので、放送局はフジテレビ系列。
 監督は「コードギアス 反逆のルルーシュ」で知られる谷口悟朗氏、脚本は「SMAP×SMAP」構成や脚本などを担当している鈴木おさむ氏。さらに、キャラクタデザイン原案として『ファイナルファンタジー』シリーズのキャラクタデザインで有名な天野喜孝氏が参加するという、豪華スタッフ陣にて制作が行われている。
 物語の時代背景は、近未来20XX年。止まらぬ環境破壊への打開策として建造された人工の「ネオジャングル」を舞台に、ホワイトライオンのレオと、賢一少年の物語を描く。

 ブース内には、2009年版「ジャングル大帝」のメインビジュアルや関連資料、試作品だというレオのフィギュアも展示されているので、お見逃しなく。

人気パチンコ機がまさかのアニメ化!「うみものがたり」

 三洋物産の人気パチンコ機シリーズであり、「マリン」「サム」といった登場キャラクタの知名度もあって、パチンコをあまり詳しくない人にも周知されている「海物語」シリーズ。そのキャラクタたちがなんと、今夏テレビアニメに登場する。タイトルは「うみものがたり~あなたがいてくれたコト~」。

 注目すべきは、原作に新解釈を大幅に盛り込み、独自の世界観を展開している点だろう。「マリン」が海の巫女(つまるところ魔法少女)として、世界を覆う闇と戦っていくというストーリーになっているのだ。
 監督は「ARIA」「ケロロ軍曹」シリーズで知られる佐藤順一氏。そのほかにも、かなり強力なスタッフ布陣となっており、実際にブース内で放映されていた映像もかなりハイクオリティという印象。なお主演声優陣は、マリン役に阿澄佳奈さん、ウリン役に堀江由衣さん、夏音(かのん)役に寿美菜子さんとなっている。

 この「うみものがたり」のブースは、白い砂が敷き詰められた砂浜となっているが、中に入ることも可能。ぜひ展示してある設定資料や映像をご覧いただきたい。


『MJ4』で「咲 -Saki-」のキャラクタと卓を囲む

 スクウェア・エニックスの刊行するコミック誌「ヤングガンガン」で小林立氏が連載しており、2009年4月からのテレビアニメ化も話題となっている萌え系美少女・麻雀漫画「咲 -Saki-」。本作が、アニメ放送開始と同時期、セガの業務用匡体『セガネットワーク対戦麻雀MJ4』のゲーム内にゲストキャラクタとして登場する。

 GONZOのブースでは、さっそくこの「咲 -Saki-」のキャラクタたちが登場するバージョンの『MJ4』が設置されていて、実際にプレイすることが可能。
 ゲストとして参加するキャラクタは、宮永咲(CV:植田佳奈)、原村和(CV:小清水亜美)、片岡優希(CV:釘宮理恵)の3名。いずれも、初心者向けにCPUを交えた4人打ちを行う「シングルモード」にCPUとして登場する。アニメ版の映像や音声も収録されているのが、ファンには嬉しいところだろう。

(C)SEGA

発売が待ち遠しい! 「空の境界」両儀式が「ねんどろいど」化

 原作キャラクタに可愛らしいデフォルメを施した「ねんどろいど」や、ハイレベルな造形と可動範囲の多さで評価される「figma」シリーズなどで知られる玩具メーカー「グッドスマイルカンパニー」。同社のブースでは、発売中の商品はもちろん、今後発売される新作、さらには監修中の作品まで間近に見ることができる。

 特に注目してその造形を確かめたいのは、いくつかのライナップで登場している『Fate/unlimited codes』の「セイバー・リリィ」や、ニコニコ動画で人気者となったアニキこと「ビリー・ヘリントン」の「figma」、『アイドルマスター』の「ねんどろいど ぷち」第2弾といった、今夏にかけて発売される商品。
 なお、写真ではお伝えできないが、参考出展として「空の境界」より主人公・両儀式、「黒執事」よりセバスチャン・ミカエリスの「ねんどろいど」も展示されている。どちらも原作の雰囲気を良い意味で壊した愛らしい出来なので、ぜひその目で確かめてみてほしい。


巨大迷路で「ヴァイスシュヴァルツ」のカードを発見!?

 様々なアニメ、ゲーム、ライトノベルなどをメディアミックスさせ、トレーディングカードゲームとして展開するブシロードのブースには、巨大迷路が設置されている。迷路内には同社の製品である「ヴァイスシュヴァルツ」をはじめ、数多くのライナップが特大サイズで掲示されており、アトラクション感覚で鑑賞することができるのだ。
 商品の展示以外にも物販ブース、大会を行うスペースも併設されているので、同社のカードゲームを遊んでいるユーザーは要チェック。


新作グッズも紹介「劇場版 天元突破グレンラガン 螺巌篇」

 最近では珍しい、熱いストーリーと漢(おとこ)の生き様を描くロボットアニメ「天元突破グレンラガン」。好評を得たテレビシリーズの後、新たな展開を描く劇場版が発表され、その完結編にあたる「螺巌(らがん)篇」が4月25日(土)に劇場公開となる。
 そんな「劇場版 天元突破グレンラガン 螺巌篇」の特設ブースが今回登場している。ブース内では巨大なメインビジュアルの掲示や映像上映、新作グッズの展示が行われている。運がよければ、ニアやヨーコに会えるかも。



アニプレックス、「ハガレン」女性兵士のみなさんがお出迎え

 アニプレックスのブースでは、同社が展開する新作テレビアニメや劇場作品の出展が行われている。
 中でも目を引くのは、原作に忠実な展開を描く新シリーズ「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」の展示物。各種媒体に露出されているメインイラストを大判で見ることができ、主演の声優・朴ろ美さん、釘宮理恵さんのコメントなども掲示されている。ブース内では、同作品の軍服をまとったアメストリス軍女性兵士のみなさんがお出迎え。


 そのほか、テレビアニメでは「グイン・サーガ」や、地上波版「亡念のザムド」。劇場作品では「魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st」などの映像や設定資料なども展示されているので、気になる方は足を運んでみてほしい。


東京国際アニメフェア2009 概要

主催:
東京国際アニメフェア実行委員会 (委員長 石原慎太郎(東京都知事))

協賛:
東京国際アニメフェア実行委員企業・団体 他

会場:
東京ビッグサイト 東京国際展示場 東4・5・6ホール他

会期期間:
2009年3月18日(水)~3月21日(土)
【ビジネスデー】 3月18日(水)/3月19日(木)
【パブリックデー】 3月20日(金・祝)/3月21日(土)

開催時間:
10:00~18:00
※ 今年度より、4日間共通で18時終了
※ 入場は各日終了時間の30分前まで

入場料:
【ビジネスデー】
事前登録:無料(公式ガイドブック付)
未登録:1,000円(公式ガイドブック付)
※事前登録は2009年2月よりホームページ上にて開始予定
※関係者およびビジネス目的の来場者のみ受付のため、18歳未満は入場禁止
【パブリックデー】
当日 / 大人:1,000円、中高生:500円
前売 / 大人:800円、中高生:400円
※前売券は2009年2月1日より販売開始予定
※小学生以下、65歳以上および障害のある方と介助の方は無料


■関連リンク
最近記事が追加されたゲームタイトル
スポンサーサーチ
    ◆体質改善 ◆注目のワード ◆リアルラブプラス
よく見られている画像