オンラインゲーム、MMORPG、アプリ、ソーシャルゲーム、家庭用ゲームなどゲーム情報を毎日お届け!

イベントレポート
 
“ニコ動”クリエイター参加決定『初音ミク -Project DIVA-』ステージ

2009.03.14

 
 セガは2009年3月14日(土)、15日(日)の2日間、東京・江東区にある「東京ファッションタウンビル」において、同社の家庭用・アーケードタイトルの展示会「やっぱ遊びな祭 09」を開催している。開催初日の本日3月14日(土)、同会場にて、イベント「19 secretss:初音ミク -Project DIVA-(仮称)39のひみつ」が開催された。


※写真をクリックすると、拡大したものを見ることができます。

 「39 secrets:初音ミク -Project DIVA-(仮称)39のひみつ」は、プレイステーション・ポータブル向けに制作されている、『初音ミク -Project DIVA-(仮称)』に関するイベントだ。同作は、人間の声をもとに音階と歌声を入力するだけで気軽に歌声を作り出せるPC用DTMソフト「キャラクター・ボーカルシリーズ」の第1弾「初音ミク」をモチーフにしたリズムゲームである。
 会場では、「初音ミク」の声を演じた声優・藤田咲さんが登場。さらに「ハロー!プロジェクト」に所属するタレント・能登有沙さんと、「アップフロントスタイル」に所属するタレント小倉唯さんが出演した。今回は、その模様をお伝えしていこう。

ニコニコ動画の人気アーティストや、大物作曲家も参加決定
 「19 secretss:初音ミク -Project DIVA-(仮称)39のひみつ」は、『初音ミク -Project DIVA-(仮称)』に関する39個の新情報が公開されるという内容のイベント。会場では初めに、「初音ミク」の声を演じた声優・藤田咲さんと、「初音ミク」の大ファンだというタレント・能登有沙さんの2名が登場した。
 イベントでまず最初に発表されたのは、同作に関する基本情報。正式タイトルが『初音ミク -Project DIVA-』に決定となり、7月2日(木)に定価6,090円(税込)で発売されることが明らかになった。さらに、初音ミクのイラストをあしらった、同作のメインビジュアルも公開されている。

「初音ミク」の声を演じている声優・藤田咲さん 能登有沙さんは、「ワールドイズマイン」が特に好きだという
メインビジュアルは、淡いタッチで描かれた初音ミクが印象的だ

 さらにゲーム収録楽曲に関して、収録曲数は「ミク」の名前にちなんだ「39曲」となり、そのうち7曲はユーザーによる応募作品の中から採用されるということも発表された。ユーザーの作成した曲は、リズムゲームの楽曲としては使用されない代わりに、スタッフクレジットなど、ゲーム内の要所要所で登場するとのことだ。

 また、動画サイト「ニコニコ動画」にて「初音ミク」を使用した楽曲を公開し人気を呼んだアーティストが、同作に多数参加することも明らかになった。具体的には、「メルト」「ワールドイズマイン」を制作した「ryo」さんや、「Packaged」などを制作した「kz」さん、「trick and treat」の作者「OSTER project」さんらが参加することになるとのこと。
 なお、これらの曲はすべて、「ニューリミックスバージョン」となっており、今まで発表されていたものとは少しイメージが違う曲に仕上がっているという。

ニコニコ動画などで人気を博すアーティストの参加は、ファンにとっては嬉しい限りだろう
人気曲が多数収録される TVアニメ「らき★すた」の主題歌「もってけ!セーラー服」で知られるアーティスト2名も参加

 それに加えて、多数のアニメやゲームの主題歌を作成しているアーティスト・畑亜貴さんと神前暁さんの2名が、同作に楽曲提供することも明らかにされた。
 楽曲に関する発表に能登さんは「わたしは“ワールドイズマイン”を聞いて初音ミクのファンになったので、ryoさんが参加してくれるのはうれしいです」とコメントしている。

能登有沙さんが『初音ミク -Project DIVA-』体験プレイ
 続いて、畑亜貴さんと神前暁さんが制作したゲームのオープニング曲「The secret garden」が完成したことが発表されるとともに、オープニングムービーの映像も公開された。
 オープニングムービーは、「初音ミク」をデフォルメした姿である「はちゅねミク」も登場するというもので、ムービーを見終えた藤田さん・能登さんはそれぞれ「はちゅねミクがかわいい」と話している。

3Dグラフィックスで表現された初音ミクが活き活きと動き回るオープニングムービー
デフォルメキャラ「はちゅねミク」も登場

 その後ステージで、能登さんが『初音ミク -Project DIVA-』の体験プレイを行った。能登さんは収録曲の1つ「ワールドイズマイン」を選択してプレイ。終始歌を口ずさみながら、リズムに合ったほぼ完璧なタイミングでボタンを押し、評価「GREAT」を獲得してプレイを終えた。
 プレイ後に能登さんは「難しいけど楽しかったです。歌を歌いながらプレイすると上手にできるので、皆さんも歌ってプレイしてください。電車の中とかだと恥ずかしいですけどね(笑)」とコメントしている。

自身が初音ミクを好きになるきっかけとなった曲ということもあり、
非常に順調なプレイを見せた能登さん
練習では一つ下の「Normal」評価までしか出せなかったという能登さんだったが、
ここでは、見事高ランクを獲得

 続いてステージに、ゲーム中の「初音ミク」に動きを付ける「モーションキャプチャー」を担当した、タレント・小倉唯さんが登場。彼女が実際に「モーションキャプチャー」を収録した際の映像も公開された。

タレント・小倉唯さん 小倉唯さんが参加した、モーションキャプチャーの撮影シーンも公開された

 藤田さんはモーションキャプチャーによって再現されたミクのダンスについて、「曲ごとにミクの表情や動きなどが違い、それぞれのイメージに合った表現がなされているのがうれしいです」と話した。
 一方の能登さんは「どのダンスもすごくかわいい振り付けなので、私も早く覚えて、自分でも踊ってみたいです」と述べている。

「巡音ルカ」 「弱音ハク」 「亞北ネル」 もゲーム中に登場!
 また、ゲーム内で「初音ミク」に様々なコスチュームを着せて遊ぶこともできること、さらに写真撮影機能があることも発表された。
 さらに、オリジナルのリズムゲームを作成できる「エディットモード」の存在も公開された。「エディットモード」では、自分の所持しているMP3データを使用して、自由にエディットが可能になるとのこと。同ゲームモードに関して小倉さんは「このゲームで私も、史上最年少のクリエイターとしてデビューしたいとおもいます」とコメントしている。

様々なコスチュームを着せかえて、自分なりのミクを演出できる
写真撮影だけでも、長い時間やり込むことができそうだ

 ゲーム中に用意されるコスチュームも、楽曲と同じく「ミク」にちなんで39点となる。中には同社の製作する『スペースチャンネル5』の主人公・ウララや、『戦場のヴァルキュリア』のヒロイン・アリシアをイメージした衣装もあるとのことだ。

『スペースチャンネル5』の主人公・ウララをイメージした衣装も登場 海賊を題材にした衣装や着物など、バラエティ豊かな衣装が多数登場する

 キャラクタについては、すでにゲーム出演が発表されていた、初音ミクと同じ「キャラクター・ボーカルシリーズ」の「鏡音リン・レン」が、リズムゲームにて登場することが明らかになった。また、同じく「キャラクター・ボーカルシリーズ」の「巡音ルカ」、ユーザーが二次創作した「弱音ハク」「亞北ネル」も登場し、「エディットモード」にて使用できるということも公開されている。

鏡音リン・レンのほか、巡音ルカも加わり、
すべての「キャラクター・ボーカルシリーズ」のキャラクタたちが勢揃いとなる
左から、弱音ハク、亞北ネル。ユーザーが二次創作した非公式キャラクタもゲームに登場

 イベントの最後に、ゲームの予約特典として、「初音ミク」をモチーフにした「ねんどろいどぷち」が用意されていることも明らかとなった。「ねんどろいどぷち」は、グッドスマイルカンパニーが製作するミニフィギュアシリーズ。同作の予約特典として付属する「ねんどろいどぷち」は、実際には販売されない限定品となっている。

予約特典の「ねんどろいどぷち」は、お店では購入できない限定品となっている

 イベントを終えて藤田さんは「一年以上前に私が声を収録した“初音ミク”が、今ではこんなに盛り上がっているのがうれしいです。ぜひゲームを買って楽しんでください」と話している。
 また能登さんは「今までもミクが大好きだったんですが、このゲームのおかげでますます好きになれそうです。これからも“初音ミク・応援団長”として、ずっと応援していきたいと思います」と述べた。
 そして小倉さんは「私がモーションキャプチャーを担当した、ミクの動きにも注目してみてください。よろしくお願いします」とコメントしている。

左から、タレント・小倉唯さん、タレント・能登有沙さん、声優・藤田咲さん

手ごたえのある難易度『初音ミク -Project DIVA-』試遊レポ
 会場では『初音ミク -Project DIVA-』の試遊台が設けられていたので、筆者も実際にプレイしてみた。
 会場の試遊台では、「ミク」の衣装や歌う楽曲などを自由に選択してリズムゲームに挑戦できる「フリープレイ」を体験。楽曲は「ワールドイズマイン」「恋スル@VOLCALOID」「packaged」「みくみく菌にご注意♪」「The secret garden」の中から自由に選択可能。筆者はその中から、中ぐらいの難易度である「恋スル@VOLCALOID」でリズムゲームをプレイした。

『初音ミク -Project DIVA-』の試遊台は、会場で一番の人気を集めていた 様々な衣装・楽曲を選んでリズムゲームを遊べる「フリープレイ」を体験できた

 リズムゲームは、画面上に表示される灰色のアイコンに「○」「△」「×」「□」ボタンのアイコンが重なる瞬間に、それぞれに対応するボタンを押していくというもの。タイミングよくコマンドを入力できれば「ミク」が奇麗に歌い続けるが、押し間違えると音が外れてしまう。

 画面外からボタンが出現するスピードが結構速く、しかも画面上の360度様々な方向から現れるので、対処するのが大変だった。しかし、慣れれば曲のリズムに合わせてボタンを押していくというシンプルな操作で、楽しくリズムを奏でられて快感だった。結果、なんとか評価「GREAT」を獲得することができた。
 また、教室や教会、ステージなど、それぞれの曲のイメージに合った舞台で「ミク」が踊るなど、細かい点もきちんと作り込まれた作品に仕上がっている。シンプルな操作性なので、リズムゲームが苦手な人もぜひプレイしてみてほしい。



■関連コンテンツ
[新作紹介]
いつでもどこでもフルみっく!PSP『初音ミク ‐Project DIVA‐』第1報
[イベントレポート]
【TGS2008】リンもレンも一緒にみっくみく♪『初音ミク -Project DIVA-』
[プレスリリース]
「やっぱ遊びな祭09」PSP『初音ミク』39のひみつを発表
PSP『初音ミク』「咲と麻美の恋スルラジオ in TGS」を限定配信
『ファンタシースターZERO』まさかの「みっくみくのネギ」が特典
PSP『初音ミク ‐Project DIVA‐(仮称)』公式HPでカウントダウン開始
■関連リンク

『初音ミク -Project DIVA-』
ハード: プレイステーション・ポータブル
メーカー: セガ
ジャンル: リズムアクション
発売日予定日: 2009年7月2日(木)予定
価格: 6,090円(税込)
プレイ人数: 1人
CERO審査: 審査予定

(C)CRYPTON FUTURE MEDIA,INC. All rights reserved
(C)SEGA
VOCALOIDはヤマハ株式会社の登録商品です。
最近記事が追加されたゲームタイトル
スポンサーサーチ
    ◆体質改善 ◆注目のワード ◆リアルラブプラス
よく見られている画像