オンラインゲーム、MMORPG、アプリ、ソーシャルゲーム、家庭用ゲームなどゲーム情報を毎日お届け!

イベントレポート
 
ジー・モード発表会:遠藤雅伸氏の初・Wiiウェア作品が明らかに

2008.12.18

関連リンク:ジー・モード
関連リンク:『ポップルと魔法のクレヨン』詳細ページ
 
 携帯アプリゲームを中心とした事業を展開するジー・モードは2008年12月18日(木)、東京・秋葉原にある秋葉原UDXにおいて、同社の新サービス発表会を実施。新サービスとコンテンツが発表された。

新コンテンツ『ポップルと魔法のクレヨン』関係者。左から、ジー・モード熊谷亮徳氏、モバイル&ゲームスタジオ代表取締役会長・遠藤雅伸氏、同作のナレーションを担当する声優の新堂真弓さん

※写真をクリックすると、拡大したものを見ることができます。

 発表の中でも注目したいのは、Wiiウェア向けに配信される『ポップルと魔法のクレヨン』。同社初の完全オリジナルWiiウェア作品というだけでなく、ゲームクリエイター・遠藤雅伸氏が音楽や文芸面で監修をおこなっている。

「十数年ぶりにプログラムを組みました」(遠藤氏)

 『ポップルと魔法のクレヨン』は飛び出す絵本をモチーフとしたアドベンチャーゲーム。Wiiリモコンを「クレヨン」に見立て、ステージ中のオブジェクトを塗りつぶすことでギミックが作動し、ゲームが進行していく。主人公は丸くて青い、のんびりとした風貌の「ポップル」。主人公とはいっても、ポップルはクレヨンを塗ったことによって起こる出来事をボーッと見ているだけ。作中にはなんともいえないユルさと、ほんわかした空気が漂っている。
 グラフィックは、絵本のような優しい色調にまとめられており、各所で作動するギミックやイベントは飛び出す絵本そのものといった趣だ。2009年1月27日(火)、800Wiiポイントで配信開始予定。


 本作の紹介では、制作をおこなっている同社の熊谷亮徳氏に加え、『ゼビウス』『ドルアーガの塔』などで知られるゲームクリエイター・遠藤雅伸氏、ナレーション(朗読)を担当する声優の新堂真弓さんも登壇。新堂さんの生ナレーションにのせて、実際にプレイを披露しつつ、ゲーム内容の紹介がおこなわれた。
 『ポップルと魔法のクレヨン』に関して遠藤氏は「2008年の大半を費やして作りげた作品。私は監修という立場ですが、文芸や音楽面でも参加していますし、十数年ぶりに実際にプログラムを組みました。私の作品として、胸を張ってお届けできるものに仕上がったと思います。ゲームゲームしていない、雰囲気を楽しむ作品ですから、子どもたちはもちろん、ライトユーザーの方たちにも遊んでいただきたいですね」とコメントしている。

「ポップル」の着ぐるみで登場した遠藤氏 新堂さんも魔女風の衣装で登場
熊谷氏はネズミ(?)のような着ぐるみ ステージ上で実際にプレイも披露された

『ポップルと魔法のクレヨン』 スクリーンショット

人気書籍が携帯向けに「みんなで自分の説明書 ケータイ版」

 ここからは、『ポップルと魔法のクレヨン』以外に、会場で発表された新コンテンツと新サービスについて紹介していこう。
 「みんなで自分の説明書 ケータイ版」は、血液型ごとの行動パターンや、他人との付き合い方などの項目にチェックを入れていくことで自分の「説明書」(プロフィール)が作成できるというサービス。累計500万部を突破した書籍「B型 自分の説明書」を題材としている。完成した説明書は通常のメールで送付することが可能だ。12月18日(木)よりプロモーションが開始されており、ニンテンドーDS版が発売される12月30日(火)より正式サービスが開始される予定となっている。


 会場では、タレントのレッド吉田さん、にしおかすみこさん、喜屋武ちあきさん、お笑いコンビ・Wエンジンがゲストとして招かれ、自分たちのプロフィールを作成。レッド吉田さんの項目では「『命』をやっている方の相方」「もっと目立ちたかった」など、かなりキツいものが並べられ、来場者の笑いをさそった。


「おしゃべりテレビ」「もんじろう」追加、Open ID対応

 視聴者がTV番組を見ながら、リアルタイムにアバターを使ってコメントをやり取りをする“実況”コミュニティサービス「おしゃべりテレビ」が、12月から来年1月にかけてアップデートされる。すでに12月17日(水)より言葉・方言変換サイト「もんじろう」に対応し、チャット内容が様々な方言に変換されるようになった。今後は「ギャル語」や「ナベアツ風味」といったかなり個性的なライナップが控えている。アバターのアクションやパーツも続々追加されており、そのバリエーションは一億通りにも及ぶとのことだ。
 さらに、「Yahoo!JAPAN」のIDや「mixi」のIDで「おしゃべりテレビ」が利用可能となった。対応するワンセグチューナーもアイ・オー・データやバッファロー、PIXELA CORPORATION、Logitecの4社が販売する16機種に対応(2008年12月現在)しており、より手軽に参加できるようになっている。


 こちらの「おしゃべりテレビ」も、先ほどのゲスト陣が実際にステージ上で体験。「最近は月イチになった」という、にしおかすみこさんのボンデージ衣装をまとったアバターをはじめ、ゲストに似せたアバターたちがサッカーの試合中継などの実況をおこなった。


■関連コンテンツ
【新作紹介】
2つの世界が舞台の『ケータイ少女』最新作:「恋に落ちたシンデレラ」
ワープア女派遣社員が闘う!! A・RPG『史上最強 宮本ジュリア』
ボクと、彼女と、あの犬が、自分を探すRPG『セパスチャンネル』
【プレスリリース】
「おしゃべりテレビ」コラボ放送に声優・代永翼さん、大橋隆昌さん出演
「おしゃべりテレビ」門脇舞以さん&大野まりなさんと一緒にチャット!
「おしゃべりテレビ」ピクセラ製ワンセグチューナーが対応
【イベントレポート】
「おっぱい番長」相澤仁美さん、「おしゃべりテレビ」の実況を体験!
■関連リンク

(C)G-mode
最近記事が追加されたゲームタイトル
スポンサーサーチ
    ◆体質改善 ◆注目のワード ◆リアルラブプラス
よく見られている画像