オンラインゲーム、MMORPG、アプリ、ソーシャルゲーム、家庭用ゲームなどゲーム情報を毎日お届け!

イベントレポート
 
世界に一枚のカードダスで勝負!『ガンダム バトライン』完成披露会

2008.12.04

 
 2008年12月18日(木)、バンダイのカード玩具「カードダス」とPCを用いたインターネットカードゲーム『ネットカードダス ガンダムクロニクルバトライン』(以下『ガンダム バトライン』)のサービスが開始される。これに先立ち12月4日(木)、同作の完成披露会が東京・新宿にて開催された。

左から、『ガンダム バトライン』でナレーションなどを担当する女優/声優の福井 裕佳梨さん、同作を手がけたカード事業部プロデューサー・上床 威一郎氏

※写真をクリックすると、拡大したものを見ることができます。

 『ガンダム バトライン』は、通常のカードゲームとしての遊び方に加えて、インターネットを介したオンラインプレイが行える点が最大の特徴。
 オンラインプレイでは、カードに記載されたシリアルバーコードをペン型のインターネットバーコードリーダー「COSCA(コスカ)」で読み込み、公式サイトにデータをアップロード。バトルステージにカードの絵柄を表示させるた後、専用のステージでリアルタイムシミレーション風の対戦がAIによって行われる。
 対戦はあくまで、運営サイドやユーザーによってアップロードされたデータと行うもので、対人戦は今のところ盛り込まれていない。プレイヤーの腕前を競うというよりは、デッキの強さ・構成の巧みさを競うものといっていいだろう。なお、課金方式はカードの購入代金のみとなっている。

世界で一枚だけのカードダス」でオンライン対戦
 会場ではまず、『ガンダム バトライン』を手がけた同社カード事業部プロデューサー・上床 威一郎氏が登壇し、本作のコンセプトやユーザーの反応などを交えつつ、挨拶をした。


★上床 威一郎氏
「20周年を迎えるカードダスと、デジタルを融合した商品の模索は以前から行っており、前例としてはセガさんと協力して開発された業務用の『機動戦士ガンダム0079カードビルダー』が挙げられます。一方でこの『ガンダム バトライン』のコンセプトは、自宅でじっくりカードゲームが楽しめるというものです。ターゲットとしては、社会人をメインに据えており、実際に事前登録のユーザー分布でも20代~30代が多くなっています。今後は中高生にも訴求することが当面の課題です」

 さらに、上床氏からは『ガンダム バトライン』ならではの要素として、「シリアルバーコード」が挙げられている。通常、バーコードは同商品ごとの分類は認識できるものの、個別の認識は不可能。しかし、この「シリアルバーコード」では個別の認識が可能となっており、いわば各カードが「世界で一枚だけのカードダス」という仕様を持つ。
 個別認識が可能になったことで、各カードに直接経験値やポイントなどのプレイデータを記憶することができ、また同じカードを複数枚登録しても別のカードとして認識される。たとえば、「ザクII」のカードを100枚登録すれば、1から100体目まで別々の「ザクII」がゲームサイト内の自分のバインダーに登場する。

 また、課金体系をカード購入代金のみとしたのことについて上床氏は、「クレジットカードや電子マネーの課金だと複雑になりますし、カード購入方式ですとユーザーさんの手元にリアルなカードが残りますから、コレクションとしても楽しんでもらえるはず」と語った。

プロジェクト概要

ターゲットに関して

ビジネスモデルの説明

「スターターキット」「ブースターパック」紹介


インターネットバーコードリーダー「COSCA(コスカ)」実演
 上記の「シリアルバーコード」は、PCにUSB接続して使用するバーコードリーダー「COSCA(コスカ)」で読み込むわけだが、その実演が上床氏によって行われた。

インターネットバーコードリーダー「COSCA(コスカ)」の詳細

 読み込み自体は、とても簡単。カードの裏面に記載されている「シリアルバーコード」に、「COSCA(コスカ)」を軽くすべらせるだけ。「ガンダム」のカードを読み込めば、PC画面(ゲームサイト)に「ガンダム」が出現する。
 「COSCA(コスカ)」で読み込む「シリアルバーコード」を備えたカードやそのサービスは「ネットカードダス」と呼称され、今後「機動戦士ガンダム」シリーズ以外のキャラクタにも利用されていく予定となっている。

「COSCA(コスカ)」での読み込み方

「RX-78-2 ガンダム」のカードを読み込むと

PC画面に「RX-78-2 ガンダム」のユニットカードが出現

たばこのバーコードを読み込むと、日本たばこ産業(JT)のサイトが表示される


 上床氏によれば、上記「COSCA(コスカ)」の機能が『ガンダム バトライン』の発端になったという。「『COSCA(コスカ)』の機能を“何か”に利用できないか、というところから企画が動き始めました」とのこと。

地上でソーラ・レイ!? 福井 裕佳梨さんがデモプレイを披露
 ここで、『ガンダム バトライン』のゲームサイトや、対戦シーンでのナレーションを担当している女優/声優の福井 裕佳梨さんが登場し、本作のデモプレイが披露された


 『ガンダム バトライン』の対戦は、AIによって自動的におこなわれる。先に対戦相手の母艦を撃墜したプレイヤーが勝者だ。デッキには最大60枚・20ユニット(各ユニットにはサポートカード2枚装備可能)を登録することが可能で、各カードにはコストが設定されている。高コストの機体は強力だが、戦闘時になかなか出撃できないといった短所も存在する。バトル中、コストポイントと呼ばれるゲージが自動的にたまっていき、必要コストが満たされたユニットから行動が開始される。
 バトルに勝利すると、オンラインランキングの順位が上がるポイントと、MAXまでためることでユニットのレベルが上がる経験値が獲得できる。

 「今年はいっぱいゲーム機をもらいました」と語る福井 裕佳梨さんのユニットは、地上面で大型レーザー「ソーラレイ」を発射するという予想外の展開で会場を沸かせたが、後続の部隊を準備できずあえなく敗北を喫した。プレイ後福井さんは「アツい戦いでした! 太陽の砲台(おそらくソーラレイ)って、強いんですね~」とコメント。今回のデモプレイ、福井さんのナレーションで進行するゲームを福井さん自身がプレイするという不思議なものだった。


好調スタート『ガンダム バトライン』、今後のアップデートに期待
 この『ガンダム バトライン』、12月18日(木)に正式サービスが開始されるが、事前登録の段階ですでに2万人ほどの登録があり、上床氏は「サービス前としてはいい数字」と語る。上床氏によるとゲーム内イベントを絶え間なく実施していくことでユーザーを飽きさせないような運営がおこなわれるとのことだ。また、FlashとInternet Explorerが用意されていればグラフィックボードの性能に関係なくプレイできるFlash版も用意されているので、いつでもどこでも気軽に遊べるという点も嬉しいところだろう。
 カードに関しても随時追加されていくようなので、リアルのトレーディングカードゲームにどこまで迫れるか期待したいところだ。


『ネットカードダス ガンダムクロニクルバトライン』

ジャンル:インターネットカードゲーム
サービス開始日:2008年12月18日(木)
価格:
[スターターキット] 2,625円(税込)
[ブースターパック] 315円(税込)
内容:
[スターターキット] カード18枚、インターネットバーコードリーダー「COSCA」1本
[ブースターパック] カード3枚
発売:バンダイ


■関連コンテンツ
【イベントレポート】
「魂コレクターズ」内覧会レポ:仮面ライダー、黄金聖衣がインテリアに!
主人公・レイも登場「ウルトラギャラクシーNEO」第一話上映会レポート
「EXILE モデル」11月発売!「たまごっちプラスカラー」発表会レポ
あ…ありのまま「ジョジョの奇妙な百人一首大会」をレポートするぜ!
2,000人が行列!「ガンダムEXPO'08」アムロとシャアが開会宣言
「ガンダムEXPO東京2008」会場の様子を大量画像でレポート篇
【プレスリリース】
やってみたかった第3弾「ビールかけ全身シャンプー」発売
「百式」の頭部がバイクヘルメットになった
『BLEACH』の世界観を反映した“オリギナルギター”が予約開始
「仮面ライダー龍騎」の"大人向け"腕時計、予約受付中
カードのガンダムがPC上に出現!『ネットカードダス』12月発売
待望の続編ッ!「ジョジョの奇妙な百人一首 ドゥーエ」8/11予約開始
「イケメンバンク」来春に映画化! 主演は「テニミュ」の柳浩太郎さん
■関連リンク

(C)創通・サンライズ
最近記事が追加されたゲームタイトル
スポンサーサーチ
    ◆体質改善 ◆注目のワード ◆リアルラブプラス
よく見られている画像