オンラインゲーム、MMORPG、アプリ、ソーシャルゲーム、家庭用ゲームなどゲーム情報を毎日お届け!

イベントレポート
 
Rockstar社長も緊急来日!『Grand Theft Auto IV』発売前夜祭
2008.10.30
関連URL:『Grand Theft Auto IV』公式サイト
関連URL:Rockstar Games(英語)
 
 カプコンは、プレイステーション3/Xbox 360向けソフト『Grand Theft Auto IV』(以下、『GTA IV』)を、いよいよ2008年10月30日(木)より発売開始する。


  『GTA IV』は、リアルに再現された都市を舞台に、自由にミッションやストーリーをこなしていく人気アクションゲーム『Grand Theft Auto』シリーズの最新作。欧米では2008年4月に発売となっており、その総売上は5億ドル(約525億円)にも達する。
 その発売を記念した「発売前夜祭」が東京・渋谷の「CLUB HARLEM」にて、発売前日となる10月29日(水)に開催された。その模様をお届けしていこう。

※各写真をクリックすると、拡大したものを見ることができます

ゲストは『GTA』シリーズの“産みの親” Sam Houser氏
 会場ではまず最初に、カプコンのパブリシティ企画推進室・室長の萩原良輔氏、ローカライズプロデューサーの大原晋作氏が登場し、今回の発売に関してコメントした。

「カプコン」パブリシティ企画推進室・室長の萩原良輔氏

「カプコン」ローカライズプロデューサーの大原晋作氏


 萩原氏は、「Rockstarさんの協力もあって、年内発売を実現できた。様々な芸術のフォームを凝縮した、“大人の”エンターテイメント作品に仕上がっている」と述べた。大原氏は、「大画面で見ても、家庭用のテレビで見ても迫力のある映像を持つ作品なので、ぜひ実際にプレイして、その世界観を体感してみてほしい」と話している。
 その後会場では、『GTA IV』の公式サイトでも公開されているトレーラー映像が放映された。

会場のスクリーンで上映されたトレイラー映像

Rockstar Games代表取締役社長であるSam Houser氏

ゲーム内ラジオでDJを務めるMister Cee氏

 
 さらに、ゲーム開発会社Rockstar Gamesの代表取締役社長であり、『GTA IV』ではエグゼクティブプロデューサーを務めるSam Houser氏が登場。また、『GTA IV』内のラジオでDJを務めるMister Cee氏も登場し、それぞれが持つ『GTA IV』への思いを語った。

 初期の頃から『GTA』シリーズの開発を指揮してきたSam Houser氏は、「『GTA』シリーズの独特の凶悪さや内容の深さを作り出すには、長い時間が必要でした」と話した。また、自分は幼い頃から日本製のゲームを遊びながら育ったので、日本のゲームからインスパイアを受けている部分も『GTA』にはあると語り、「この作品を、アメリカやヨーロッパ同様、日本でも多くの人に受け入れてもらいたい」と締めくくった。
 一方のMister Cee氏は、「ゲーム内では、リアルなニューヨークの世界観を再現できるよう努力をしました。『GTA IV』は、ゲームファンのみならず、ヒップホップファンにもプレイしてもらいたい作品です」とコメントしている。

(左から)大原氏、Sam Houser氏、Mister Cee氏、萩原氏

会場では試遊台や、ゲーム内にも登場する「ダーツ」を用意
 会場となった「CLUB HARLEM」では、『GTA IV』の試遊台が、PS3、Xbox 360両バージョンのものが用意されていた。筆者がプレイしたところ、プラットフォームが次世代機に移ったことで、従来のシリーズ作品とは比べ物にならない程リアルなグラフィックは圧巻。車の操作には少し慣れが必要だったものの、街にあるダンボールやゴミ箱といったオブジェクトに接触して動かすことができるなど、細部に至るまで作り込みがなされていた。そのため、よりゲーム内の世界に浸る感覚を味わえた。
 また、会場内には、同作で登場する「ダーツ」を再現し、得点に応じて『GTA IV』オリジナルグッズなどの賞品をもらえる大会も開催され、場内は大いに盛り上がりをみせた。

会場に用意された『GTA IV』試遊台

ゲーム内にも登場する「ダーツ」


『グランド・セフト・オートⅣ』に登場する人物、事件などは全て架空のものです。
また、暴力シーン、銃撃シーン、流血シーンが含まれます。
CERO:Z(18才以上の対象) ※18才未満の方には販売致しません。


■関連コンテンツ
[新作紹介]
『GTA4』運命にからむ人物たちと、リバティーシティ各所を紹介
『GTA4』オンラインで遊べるゲームモード14種類を徹底解説
ついにベールを脱いだ、日本語版『GTA4』の最新映像を公開!
[欧米ゲーム事情]
ピューリッツァー賞受賞作家が“『GTA IV』への世間の評価は甘すぎ”
“『GTA IV』にはレイプがある”と信じる米議員、実体なき狂騒
『GTA』が映画化されないワケ――70年代の同名映画とバッティング?
この夏一番の映画に匹敵!? 米Rolling Stone誌が『GTA IV』をベタぼめ
過去15年に売れたゲームトップ10――アメリカ人はやっぱりアレ!
『GTA IV』主人公声優が熱唱! ゲーム大ヒットで脚光
やっぱりよく似てる! 『GTA IV』の街とニューヨーク対比写真
“『GTA IV』は都市の裏社会をよく描いている”と社会学者
あの『シェンムー』を超えた!? 話題作『GTA IV』の開発費
[プレスリリース]
ごひいきに!Xbox 360版『GTA IV』で購入者キャンペーン実施
『GTAIV』公式攻略本、ソフトと同時リリース決定
新たなトラブル満載!『GTA 4』Xbox360で10月30日発売
カプコンが『グランド・セフト・オートIV』日本語版を2008年に発売決定

『Grand Theft Auto IV』
ハード: プレイステーション3/Xbox 360
メーカー: 開発元:Rockstar Games
発売元/販売元:カプコン
ジャンル: ボーダレスアクション
発売日: 2008年10月30日(木)
価格: 8,390円(税込)
プレイ人数: (オフライン)1人
(オンライン)1~16人
CERO: Z(18才以上のみ対象)

(C) 2008 Rockstar Games, Inc.

最近記事が追加されたゲームタイトル
スポンサーサーチ
    ◆体質改善 ◆注目のワード ◆リアルラブプラス
よく見られている画像