オンラインゲーム、MMORPG、アプリ、ソーシャルゲーム、家庭用ゲームなどゲーム情報を毎日お届け!

インタビュー
 
『Xenepic Online』NPCエブリー役・下田麻美さんにインタビュー
2008.09.01
関連URL:『Xenepic Online』公式サイト
関連コンテンツ:『Xenepic Online』メインページ
 
 キューエンタテインメントは、2008年9月上旬にMMORPG『Xenepic Online』にて、NPC"エブリー"にボイスを実装する。エブリーはアイテム交換係という役職で、毎日「Xログインコイン」というアイテムをくれたり、集めたコインをアイテムと交換してくれたりする、アイテム交換の窓口的キャラクタだ。

「Xログインコイン」の配布、交換以外にも、アイテム交換係として、さまざまなアイテムを交換する窓口にとなるエブリー

※各写真をクリックすると、拡大したものを見ることができます

 毎日顔を合わせるキャラクタだけに、収録ボイスも数十パターンに及ぶのだが、その音声を担当することのなったのが、ゲーム『アイドルマスター』シリーズで双海亜美、真美役を担当する、声優の下田麻美さんだ。今回、収録スタジオにお邪魔して、収録に関する話を聞いたので紹介しよう。

エブリーは、ちょっと大人びてみせたがる15歳(初恋はまだ)で、男兄弟で育ったせいか、一人称がボク。尊敬する兄を真似て、若者を諭すような話し方をする。時々年相応の話し方やリアクションをしてしまうが、その時はあわてて冷静なフリをする……という性格のよう。アイテム交換係としてプレイヤーを助けてくれる

エブリーを演じる声優の下田麻美さん。ゲーム『アイドルマスター』シリーズの双海亜美、真美役で知られるほか、今秋にはアニメ「今日の5の2」でヒロインの小泉チカを演じることが決定している。キャラクタの引き出しの多さと表情豊かな表現力が魅力の若手声優注目株だ。所属はアーツビジョン

「下田風味」 を楽しんでください!
──まずは演じられたキャラクタのイメージを教えてください。

下田「15歳という年齢にも関わらずボクっ子(一人称がボクな女の子)ということですが、日常生活では自分を「ボク」と呼ぶ子が周りにいないんです。だからこういう場所でしかやれないな、と思いながらやりました。エブリーちゃんはお兄さんをとても尊敬していて、お姉さんになりたいというよりは、みんなにやさしいお兄さんになりたい、とお兄さんとしてふるまってるところがあります。でも驚いたり感情的になったときに、お兄さんになりきれない女の子の部分もイメージして演じました。思う存分やらせてもらったので楽しかったです」

──事前のイメージと、演じた上での違いはありましたか?

下田「演じ方については、イメージどおりにやらせてもらいました。ただ、絵で見ると落ち着いた感じだったのが、もっと元気いっぱいな感じでした。台詞中に、ぶわって顔文字があるんですが、どうやったらその顔文字をイメージさせることができるかを考えながらやりました。自分でもわけがわからなくなって、よく覚えてないぐらいのテンションで録った台詞もありますので、下田風味ということで楽しんでもらえればと思います」


──台詞のなかには、たとえば「んっふっふ~」とか「兄ちゃん、姉ちゃん」のように、下田さんが今まで演じたキャラクタとかぶるものもありますが、演じ方としてどうですか?

下田「まったく違いますよ(笑)! 同じような口癖でも、たとえばすぐごめんって謝っちゃう子っているじゃないですか。でもそのごめんにしても、ごめ~んって子もいればごめんごめん♪ みたいにいろいろあると思うんですよ。違うニュアンスでやったので、別物になってると思います」

──エブリーはお兄さんを尊敬しているキャラクタですが、下田さんご自身はご兄弟は?

下田「4つ上のお姉ちゃんと甥っ子がいます。お兄さんというよりは、お世話になっている先輩の真似をしてしまうことはあるので、そういう尊敬の眼差しを込めて演じてます」

──『XenepicOnline』はオンラインゲームですが、ほかのジャンルやハードのゲームとの違いは感じましたか?

下田「単純に言うとジャンルが違います。テキストで話が進むストーリーっぽいゲームと違うのは、そういう(ADV的な)作品ではユーザーさんが会話をしている感じの受け答えがあるじゃないですか。今回は挨拶的なものが多いので、会話というよりはボクに話しかけてくれてるんだなと思いながら、話しかけるようにやってます」


──NPCだと、同じ音声を繰り返し聞くことも多くなりますね。

下田「何回も聞くということはあまり考えてはいなかったんですけど、きっとプレイヤーさんの耳に残りやすいんだろうなとは思って、印象に残りやすいような言い回しをしてみました。たとえば"ニヤリ"って台詞には含みをもたせてくださいって言われたんですけど、そのニヤリにいかに含みを持たせられるかでがんばりました。聞いたプレイヤーさんが、このニヤリいいな……とニヤリとしてもらえるような。この台詞に限らず、いろんなニュアンスを込めてみました。「アワワワワ」って台詞を何パターンもいろんな角度で録ったので、文字だけでは想像できない感じになっていると思います。台詞というよりは、感情が思わず声になってしまったような、思わず出ちゃったような言葉が多いですね」

──それでは最後に、『Xenepic Online』で下田さんの演じるエブリーに会いに来る方々にメッセージをお願いします!

下田「応援してくださっていて、下田麻美の演じるキャラクタの声を聞きたくてプレイしてくれる皆様。私自身はまだこのゲームをプレイしたことがなくて恐縮なんですが、台詞や口癖に面白みが感じられる部分が多いと思います。エブリーちゃんの台詞にも、日常で使える台詞もあるので、使ってもらえたらと思います。これをきっかけに、たくさんのオンラインゲームを楽しんでもらえる入口になればと思います!」

──ありがとうございました!


(C)2005-2008 DNC Entertainment Co., Ltd
(C)2008 Q Entertainment Inc.

最近記事が追加されたゲームタイトル
スポンサーサーチ
    ◆体質改善 ◆注目のワード ◆リアルラブプラス
よく見られている画像