オンラインゲーム、MMORPG、アプリ、ソーシャルゲーム、家庭用ゲームなどゲーム情報を毎日お届け!

イベントレポート
 
「メタルギアソリッド4 ワールドツアー」レポート:トークショウ編
2008.06.28
関連URL:『METAL GEAR SOLID4 GUNS Of THE PATRIOTS』公式サイト
 

 KONAMIは2008年6月28日(土)と29日(日)の2日間、全国5か所にて、PS3専用ソフト『METAL GEAR SOLID 4 GUNS OF THE PATRIOTS』(以下『MGS4』)の発売記念イベント「METAL GEAR SOLID 4 GUNS OF THE PATRIOTS ワールドツアー in JAPAN」(以下「ワールドツアー in JAPAN」)を開催している。 
 

 この「ワールドツアー in JAPAN」は、『MGS4』の発売日直前から、ニューヨークやロンドンを巡ってきた小島監督一行によるワールドツアーの一環。いわば、海外で好調なセールスを記録している『MGS4』と、各国で熱烈な歓迎を受けた小島監督の凱旋帰国といったところだ。

左から、「小島監督」こと小島秀夫氏、菊地由美さん、新川洋司氏


※各写真をクリックすると、拡大したものを見ることができます


 ツアーの全会場には、シリーズを統括している「小島監督」こと小島秀夫氏、キャラクタデザインを手掛ける新川洋司氏、『MGS4』ではレイジング・レイブンを演じている菊地由美さんが登場し、トークショーやプレミアグッズを進呈する抽選会などが行われている。 
 今回は、「ワールドツアー in JAPAN」の皮切りとなるヨドバシカメラ 新宿西口店ゲーム・ホビー館でのイベントの様子をお伝え。まず、「トークショウ編」としてトークショーの内容を紹介。次いで、『METAL GEAR ONLINE』に関する重大発表を別の記事にて紹介していこう。

「メタルギアソリッド4 ワールドツアー」レポート:重大発表編


「You are My God !」 熱狂のワールドツアーを映像で振り返る
 まず、トークショーの前に、つい先日まで世界中の主要都市を巡る「ワールドツアー」を行っていた小島監督一行 の様子を、映像で振り返ることに。モニターには、パリ・ロンドン・アムステルダム・ニューヨーク・ロサンゼルスでのなどでのイベントを収めたドキュメンタリーが上映された。


 筆者も実際に見た時には驚かされた経験があるが、小島監督の海外での人気は日本以上にもの凄く、小島監督が姿を見せるとファンからは「HIDEO! HIDEO!」「MGS! MGS!」といった絶叫に近い掛け声が上がる。今回のドキュメンタリーでも、ファンの反応は今までと同じく熱狂的。もしかしたら、それ以上かもしれない。
 スネークをはじめとした登場キャラクタのコスプレをしてイベントに参加するファン、今では入手困難な歴代の小島作品を持参してサインをせがむファンもいれば、中には小島監督に対して「You are My God !」と話す少年の姿も見受けられた。


 なお、「ワールドツアー」は今後、香港・韓国・台湾などでも実施されると発表された。小島監督一行 は、7月上旬から再び日本を発つことになるそうだ。

『MGS4』は “泣ける” ゲーム
 いよいよ、トークショーの時間に。この日新宿に集まったファンは、抽選会の整理券を手に入れた50人のほかにも、200~300人ほどが観客として集まっており、ファンに囲まれる形でトークが行われた。小島監督から、『MGS4』はもうクリアしたかという質問が出ると、ほとんどのファンがクリアしているとの答え。中には、3回クリアしたという人も。 会場にいるほとんどのファンが『MGS4』本編をクリアしているということで、トークの内容は多少ネタバレを含む方向でいくことに決定。
 
 小島監督によれば、『MGS4』はプレイしていて思わず涙を流してしまうような場面が多く、特に、ナオミやオタコンのシーン、東欧へ向う機内での雷電は、「涙なしには観れない」とのこと。また、とあるイベントではボタン連打をすることになるが、これに関しては「ムービーシーンで泣くのではなく、ゲームの中で泣いてほしいという狙いがあって、あえて連打を取り入れた」と説明。
 ちなみに、小島監督は「ゲーム終盤のジジイVS.ジジイのあたりが、今までのシリーズや制作過程を思いだすので泣ける」という。また、「エンディングはもちろん、“クタラキさあーん!”のところも泣き所」らしい。


 プレイステーションで『MGS』シリーズ第1作目にあたる『METAL GEAR SOLID』が発売されてから、すでに10年以上が経過している。当時のKONAMI社内で、新人として小島監督の下で働いていたスタッフの中にも、現在は別部署へ異動となっている人も多いという。そんな元・小島組の社員に『MGS4』のテストプレイをさせてみたところ、第1作目に関わっていた頃を思い出すのか、泣きながらプレイする姿が多かった、というエピソードも明かされた。
 小島監督は「『MGS4』は結果として“泣ける”ゲームにはなったけれども、ゲームの中には、叫んで、怒って、笑ってという感情の起伏も取り入れたからこそ、泣きの場面が盛り上がる」とコメントしている。

エロかっこいい『MGS4』。 BB部隊は素っ裸だった!?
 「『MGS4』は、“エロかっこよさ”にもこだわってます。もう、スニーキングスーツを着たスネークや、BB部隊のお尻の描写にこだわりまくって、容量の大半を使っています」とおどけて語る小島監督。菊地由美さんは、BB部隊の一員レイジング・レイブンの声を演じるだけでなく、モーションキャプチャーの収録にまで参加しており、「ついに私の時代が来たかというカンジ」と話す。レイジング・レイブンのボディースーツに関しては「女の人でもなんかドキドキしちゃいますね」とのこと。

 キャラクタデザインを手がけている、新川洋司氏によれば「今回のBB部隊は実際の女優さんたちを起用するということで、デザインにも気をつかいました。最初はカツラをかぶったり派手なメイクをする案もありましたが、最終的には現実とゲームの中間のようなイメージでデザインしています」という。
 小島監督からは「当初、BB部隊は素っ裸で登場させるつもりでいた」という驚きのエピソードも明かされた。これに関して新川洋司氏は「実は、モーションキャプチャーに参加した人にお願いして、全裸でキャプチャーを収録しましたが、これはやっぱり使えないということでゲームには入れていません」とのことだった。


 また、きわどいシーンが多い『MGS4』。「実はオタコンのラブシーンは最後まで作ったんですが、さすがに採用できませんでした」と語る小島監督。ラブシーンのモーションキャプチャーを収録するにあたっては、「出演者を前日から2人きりにしたり、収録スタジオを暗くして雰囲気を出しました」と細かい演出にもこだわっていたことを明かした。

大人気! 雷電は見事リベンジを果たした
 ここでは、登場キャラクタの誰が好きかということが話題に。小島監督は「海外ではナオミがすごい人気で『あんな綺麗でセクシーな人はいないですよ』とか言われていますね。スネークがナオミの前でタバコを落とすシーンでは、ぜひ○ボタンを押してみてください(笑)」と話す。

 シリーズを通してキャラクタデザインを手掛けている新川洋司氏は、「『MGS2』の時に雷電の人気が出なかったのが心残りで、今回の『MGS4』ではリベンジするつもりで新たにデザインしました。結果的には、海外でも雷電は人気キャラクタになってくれたようで嬉しいですね」とコメント。また、「“月光”は作品を象徴する存在なので力をいれて手がけました。以前の巨大なメタルギアとは異ななるデザインということで悩みましたが、上手く仕上がったと思っています」とのこと。

 ちなみに、会場のファンに好きなキャラクタを聞いたところ、割とバラバラな答えが返ってきた。スネークやビッグ・ボスのようなメインキャラクタを上げる人もいれば、「ジョニー MKII」と答えるマニアックな海外ファンもいた。

『MGS4』は ファンのために つくった作品です
 最後に、『MGS4』のプレミアグッズがプレゼントされる抽選会が実施された。当たりの整理券を引き当てたファンに、ユニクロとのコラボTシャツや、今までの発表会で報道関係者向けに配布されていたプレスシート、特賞の当選者には本体にオタコンのマークが刻印された非売品の特製ヘッドフォンが贈られた。整理番号50番までのファンにはポスターも配られている。


 最後に、小島監督、新川洋司氏、菊地由美さんからファンへのメッセージが送られ、トークショーは幕を閉じた。

●小島監督
 『MGS4』を最後までプレイしていただいて、その後も2回、3回と遊んでみてください。『MGS4』はファンのためにつくった作品なので、ファンに喜んでもらえればうれしいです。『METAL GEAR ONLINE』は数年遊べるように今後もアップデートをしていきますから、じっくり楽しんでください。その間に何か新作が発表…できるかもしれません(笑)。

●新川洋司氏
 ようやく完成を迎えて、海外でも多くの方から好評いただいている『MGS4』ですが、まだまだやり残したものがあるなとは思っています。今後もゲームづくりに関わっていきますので、よろしくお願いします。

●菊地由美さん
  ワールドツアーで各国を巡って、本当に『メタルギア』が好きな方が多いんだなと、改めて思いました。ワールドツアーはこの「in JAPAN」を含めて、まだまだ色々なところに行きますので、応援メッセージをWebサイトに頂けると嬉しいです。 

 なお、この後、『METAL GEAR ONLINE』のプロデューサーである松花賢和氏から、同作に関する重大発表も行われた。そちらの模様は、別記事にてお伝えしていく。
 「ワールドツアー in JAPAN」の日程に関しては、こちらの記事を参照してほしい。

◆関連コンテンツ

「メタルギアソリッド4 ワールドツアー」レポート:重大発表編

★『メタルギア ソリッド 4』完成披露会 関連★
『メタルギア ソリッド 4』完成披露会【登壇者編】+アッキーナ
『メタルギア ソリッド 4』完成披露会【企業コラボ編】レポート
『メタルギア ソリッド 4』完成披露会【デモプレイ編】レポート
●プレスリリース
「METAL GEAR SOLID 4 ワールドツアー in JAPAN」、6/28・29開催
『メタルギアソリッド4』PSP専用トレーラー映像がダウンロード配信開始
『MGS4』の情報も網羅!データベースをPlaystation Storeで配信
君も『MGS』オタクかい? 『QMA5』に「メタルギア検定」登場
i-mode「週刊コナミ」に『MGS4』無料特設サイトがOPEN
『メタルギア ソリッド 4』サウンドトラック本日発売
速報『メタルギア ソリッド 4』完成披露会、コラボ発表&続編決定か?
PS3『メタルギア ソリッド 4』 SCEからも本体同梱版3種類リリース
『METAL GEAR SOLID 4』PS3【鋼 -HAGANE-】同梱版は51,800円、予約開始
待たせたな! 『METAL GEAR SOLID』がPS3・PSPアーカイブスに登場だ
『METAL GEAR SOLID 4』発売日が6月12日に決定! PS3同梱版など3種類
●イベントレポート
『メタルギア』シリーズ作品が続々と発表!20周年イベントレポート
●東京ゲームショウ2007
目玉はやっぱり『MGS4』!コナミブースレポート

チュートリアルを終えた時、キサマらは一人前の兵士となる『MGS4』体験レビュー

 

最近記事が追加されたゲームタイトル
スポンサーサーチ
    ◆体質改善 ◆注目のワード ◆リアルラブプラス
よく見られている画像