オンラインゲーム、MMORPG、アプリ、ソーシャルゲーム、家庭用ゲームなどゲーム情報を毎日お届け!

イベントレポート
 
能登さんが「れっつぱーりぃ!」 PS2『戦国BASARA X』完成記念イベント
2008.06.23
関連URL:『戦国BASARA X(クロス)』公式サイト
 
 2008年6月26日(木)に発売が迫ったプレイステーション2(以下PS2)用ソフト『戦国BASARA X(クロス)』。その完成を記念して、カプコンはトークイベントを6月21日、渋谷の「パセラリゾーツグランデ」で開催した。
 『戦国BASARA X』は、カプコンが誇る人気シリーズ『戦国BASARA』の登場キャラクタたちが激闘を繰り広げる2D対戦格闘ゲーム。PS2版では現在アーケードで稼働している同名作品に、キャラクタや新規要素を追加されているのが特徴だ。 

 イベント開始後、まずステージに登場したのは、同シリーズの名物プロデューサー・小林裕幸氏。アニメーション制作会社STUDIO 4℃が手がけたムービーや、ゲーム画面を見せながら『戦国BASARA X』を紹介。「たくさんの格闘ゲームがあるなか、『戦国BASARA』の売りといえば、やはりキャラクタ同士の掛け合い。今まで以上によく喋ります」と、同シリーズならではのキャラクタ性の強さをアピールしていた。
 

『戦国BASARA』シリーズプロデューサー・小林裕幸氏


※各写真をクリックすると、拡大したものを見ることができます


『戦国BASARA X』独自の、対戦中に盟友の武将が介入する「援軍システム」。PS2版では新キャラクタの片倉小十郎、竹中半兵衛を加えた12キャラクタが登場し、対戦時の会話パターンも非常に多彩


お市役の声優・能登麻美子さん起用の理由は、謀深夜アニメ?
 その後スペシャルゲストとして、お市役の能登麻美子さんが登場! 小林プロデューサーが質問する形でのトークコーナーとなった。『戦国BASARA』シリーズにお市として参戦が決まったときは、「なっちゃん(かすが役の桑谷夏子さん)からどういう作品かは聞いていたので、とってもうれしかったです」とのこと。
 だが、演じるのが戦国時代を扱った作品に登場する歴史上の人物なので、凛とした人物を想像していたところ、台本のお市は幸薄げではかない感じのキャラクタで、最初はどう演じるか戸惑ったそう。しかし今では、「世を儚むなかにもある心情を演じていければと思っています。最近はなんだか楽しいというか、はかなすぎるのがかわいく見えてきたので、もっと病んでいる感じでもいいかなと思っています」とすっかり演じることを楽しんでいる様子だ。

お市役の声優・能登麻美子さん


 ちなみにトークでは、小林プロデューサーが「病んでいて、はかなくて、少し怖い感じのお市にあう人を探しているときに、怖い感じの深夜アニメ(※『地獄少女』のことだと思われる)を観て、この人だと決めました」という起用の理由も披露されていた。

能登さんVS小林プロデューサー、ガチンコ勝負開始!
 そしてクライマックスとなったのが、能登さんと小林プロデューサーが、PS2版『戦国BASARA X』で対戦する対決コーナー! とはいえ、能登さんは「昔、『ストII』をやって、春麗で逆さまになる技(※おそらくスピニング・バードキックのこと)が出せてうれしかったんです」と語る格闘ゲーム初心者。
 そこで、能登さんはPS2版の新要素のひとつである「かんたんモード」を選択。「かんたんモード」は、LボタンやRボタンのワンタッチで大技が繰り出せるシステム。使用キャラクタは、能登さんはもちろんお市。小林プロデューサーはPS2版で追加されたキャラクタから、片倉小十郎を選択した。


 1本目は小林プロデューサーによるプレイ講座で能登さんが勝利したが、3本勝負の2本目からは真剣勝負。能登さんの大技が入るたびにどっと沸く会場の空気に押されながらも、2本目は小林プロデューサーが勝利してイーブンに。3本目は接待プレイか……と思いきや、必殺技の発動を(偶然?)潰されたり、予想以上にゲージを持っていかれたりした時の小林プロデューサーの反応はかなり素な感じ。見事能登さんのお市が3本目を取ると、会場はこの日一番の歓声に包まれていた。

能登さんが「れっつぱーりぃ! 楽しもうぜ!」!?
 イベントの締めは、「カルタde抽選会」。来場者には限定版に封入されるカルタが1枚ずつ渡されており、能登さんがボックスから引き当てたカルタを持っていた人が能登さんのサイン入りポスターがもらえるという趣向だ。この抽選会で面白かったのが、「カルタに書いてある台詞を、能登さんがなりきって読んでください」という無茶振り。「忠勝こそ最強よ!」と家康になりきる能登さんもよかったが、今回一番の当たりは能登麻美子バージョンの伊達政宗。「れっつぱーりぃ、楽しもうぜ!」と朗々と声を張る能登さんの姿は、ファンにとってはうれしいサプライズ。能登さんも「今度、和哉さんにやり方聞いとこう」と楽しんでいる様子だった。


 最後は、「今日はご来場頂いてありがとうございます。『戦国BASARA』が好きな皆さんに会えてうれしいです。長く関わった作品ですが、まさか格闘ゲームになるとは思わなかったので、私も楽しみです。皆さんもお手元に届いたら、好きなキャラクタでプレイして、新規開拓もして楽しんでください」(能登さん)、「こんなに客席と近い距離でのイベントは久しぶりだったので、緊張しますね。いつも言っていることですが、『戦国BASARA』は終わりません。シリーズは続いていきますので、これからも応援よろしくお願いします」((小林プロデューサー)とメッセージを伝えて、大盛況のうちにイベントは幕を閉じた。

◆関連コンテンツ
【プレスリリース】
『戦国BASARA X』PS2版の新要素「チャレンジモード」とは!?
『戦国BASARA X』アキバの店頭体験会を中止、トークライブは渋谷に変更
「認定証」はブログパーツ 『戦国BASARA X』公式検定に挑戦!
反撃に転じて連続攻撃!PS2『戦国BASARA X』竹中半兵衛の必殺技公開
能登麻美子さんのトークショウも 『戦国BASARA X』完成イベント

PS2『戦国BASARA X』 新武将・片倉小十郎の技を公開
『戦国BASARA X』PS2版の新武将・片倉小十郎と竹中半兵衛 公開!
『戦国BASARA X』サントラCD、PS2版発売日の前日にリリース
AC『戦国BASARA X』本日9日より稼動開始! 対象店舗ではプレゼントも

『戦国BASARA X(クロス)』
ハード: プレイステーション2
メーカー: カプコン
ジャンル: 対戦格闘
発売日: 2008年6月26日(木)予定
価格: 通常版6,290円(税込)、限定版8,390円(税込)
※限定版「戦国バサラボイスかるた」同梱
CERO: B(12歳以上対象)

(C)CAPCOM CO., LTD. 2008 ALL RIGHTS RESERVED.

最近記事が追加されたゲームタイトル
スポンサーサーチ
    ◆体質改善 ◆注目のワード ◆リアルラブプラス
よく見られている画像