オンラインゲーム、MMORPG、アプリ、ソーシャルゲーム、家庭用ゲームなどゲーム情報を毎日お届け!

@アキバ!がいど  

第21回 
「ゴジラ」への愛に溢れた怪獣ソフビ専門店「MONSTER'S LABO 怪獣研究所」探訪の巻

2007.01.26
 
 秋葉原にはよく行くけど、「通」ってわけでもない、そんな微妙な立ち位置の記者が、皆様と一緒に秋葉原についてお勉強してアキバ通を目指そうという、そんなコーナーであります。今回は怪獣のソフトビニール製フィギュア(以下ソフビ)の専門店を訪れてみました。

(オタクの)教養として押さえておきたい「ゴジラ」

▲ビルの通路に飾られていた「ゴジラ」のポスターは初代から「ゴジラ FINAL WARS」まで時代順に並んでいる
 現在の秋葉原ではアニメやゲーム、マンガ関連のグッズが幅を利かせていますが、オタクとして押さえておきたいジャンルのひとつに特撮があります。最近の特撮と言えば、「ウルトラマン」シリーズや「仮面ライダー」シリーズが本来のターゲット以外も巻き込んで人気ですが、その元祖と言えばやはり東宝の映画「ゴジラ」です。1954年公開の第1作以来、次第に全世界的な知名度を得て、2004年にシリーズは終焉を迎えても、マニア層からの根強い人気は健在。白黒の時代からCGの時代まで続いた、まさに日本特撮映画の金字塔とも言えるシリーズです……と、偉そうに語っていますが、筆者自身もふたつくらいしか観ていないのが辛いところ。2006年12月24日にオープンしたばかりの怪獣ソフビ専門店「MONSTER'S LABO 怪獣研究所」で少し勉強してみることにしました。
 場所は中央通りを上野方面に歩き、「EXCELSIOR CAFFE」手前の細道で左折。中古PCショップ「OAステーション」のあるビルに入ると、しょっぱなの通路から歴代「ゴジラ」映画のポスターが並んでいるので、そのまま地下1階に潜入します。
 店内は、大きく分けて左側がメーカーごとに陳列されたソフビコーナー、右側がレンタルボックスになっています。ちなみに開店してまだ1か月程度ということで、レンタルボックスにはまだ空きが目立ちます。店長曰く「怪獣限定というわけではないので、ぜひ使ってみてください~」とのことでした。

▲店舗正面。おそらく20畳弱くらいの広さですが、怪獣好きだと何時間も楽しめるんだろうなぁ~、と思うと少し羨ましかったり ▲レンタルショーケースには「プレイステーション3(60GB)」(64,800円)も入荷。関係ないですが、ヨドバシにも大量入荷していました

商品のほとんどは、店長の私物だった!!

▲ゴジラの表皮&爪。映画を撮る際に一部だけのパーツも結構作るから無茶苦茶にレアではない、との解説でしたがさすがに目を引きます
  商品の中で注目すべきは左側のソフビコーナーです。中には数万円するものもありますが、なんとすべて店長が足で集めた私物とのこと。例えば店に入ってすぐ左に置かれている「ゴジラの爪」(39,800円)、「ゴジラの表皮」(59,800円)は、2003年に新宿の高島屋で行なわれた「大ゴジラ展」のオークションで競り落としたもの。さらに、このお店でもっとも値段の高い「ファイナルゴジラ金」(99,900円)は、2005年にHMV渋谷店で行われた「宝田明氏トークショー」(※1)に家族総出で参加し、くじで当たったもの。陳列しているソフビも多くが「○○限定」と雑誌やイベントの名前が入っており、素人の自分でも値段に納得のいくレアさです。

▲お店で一番高価な「ファイナルゴジラ金」。一部に金が使われているゴジラの胸像で、全国に10体程度しか存在しないそうです ▲筆者が知っている数少ない怪獣・ヘドラ(※2)。名のとおりヘドロでできた公害怪獣。4体セットで25,800円だったので購入は断念!

 このお店を始めた理由を店長に聞いてみると、そもそも「自分のコレクションを収めるスペースが足りなくなったから」とのこと。趣味の延長で自分のお店を持つ……以前訪れた「ポポンデッタ秋葉原店」でも感じましたが、趣味に生きるオタクとしては夢とも言えることでしょう。両店の店長ともに、取材時に楽しそうに応対して下さったのが印象的でした。
そんな雰囲気にやられてか、とにかく色んな怪獣を見たせいか、すぐに影響されがちな自分は早速「ゴジラ」に興味を持ってしまいました。手っ取り早く要点を押さえたい自分は「初心者が最初に観る「ゴジラ」は何がいいですかね?」と聞いてみたところ、店長は「初代から順番に観るのがいいね」とのこと。調べてみると「ゴジラ」は全部で28作品……怪獣博士までの道のりは遠そうです。
▲レジ前にあるゴジラ仕様のジャンバー。
このお店のために製作したオリジナル商品
▲オープン記念に製作したらしい初代ゴジラのソフビ。今後もオリジナル商品は続く予定

SHOP DATA
MONSTER'S LABO 怪獣研究所
営業時間:

10:00~19:00(平日)  
10:00~20:00(土・祝前日)

定休日: 毎週木曜日
TEL: 03-5209-2850
住所: 東京都千代田区外神田3-10-5
T&K AKIBA BLDG 地下1階
[ Google Earthで確認 ]
※閲覧にはGoogle Earth(無料)が必要です
    
アキバ NewWave

アキバの住人がオススメ最旬秋葉情報!
アキバの住民の生の声を聞いて、アキバで話題のスポットを巡る

■今月の紹介者
いつも通り大野です。最近アキバで「欲しいな」と思ったのは、『WIZ』が蘇った! と評判のニンテンドーDS『世界樹の迷宮』。
■秋葉原出没頻度
この連載を始めてから週3くらいになりました。
■よく行くスポット
Bar & Junk MIKAKU 秋葉原。もはや仲間内の溜まり場になってます。

■最近アキバで話題の場所、モノ
「メイド美容室 moesham」
名が体を現すとおり、メイドさんによる美容室です。

アキバでどうしても髪が切りたい時は… そうだメイドさんに切ってもらおう!!

メイド系サービスも飽和状態になっている昨今の秋葉原。しかしその中で唯一、美容室をしているのが今回訪れた「メイド美容室 moesham」です。人の髪を切るためには美容師の資格が必要なため、メイドさん不足(?)なのだろうと邪推をしてみたり。以前からお店の存在は知っていたのですが、前回のホコ天でチラシを配られ、そろそろ髪も伸びてきたので、試しに行ってみました。

  場所は中央通り沿いを歩き、台湾アイス屋「雪花の郷」と中古PCショップ「じゃんぱら」に挟まれた細道を前進。芳林公園北口の目の前にあるビルの2階です。店内はコミュニケーションノートや壁のところどころにコスプレ写真などがあり、ほかの美容室ではなかなか見られない光景。受付を済ませ、今回お願いしたのは、さっぱりカット+季節のシャンプーで計7,500円です。

  美容室と言えば、美容師さんとのトークも重要な楽しみどころ。今回担当して頂いたすみれさんによると、この店の利用者は30~40代で、秋葉原付近で働いているサラリーマンが多いらしい。あとお店の人気メニューはハンドケア(1,000円)で、逆にあまり頼まれないのが香水・デオドラントサービス(0円)だそうです。両方とも珍しくて面白そうなので追加で注文を頼んでみることに。確かに香水は、「なにオシャレしちゃってんの?」とか思われそうで、アキバな人は敬遠してしまうのもわからなくもないような……。あと、自分のうしろの席でウィッグ(カツラ)のカット(3,000円)もしていました。聞いてみるとコスプレイヤーさんからの依頼を受け付けているそうで、とても秋葉原らしいサービスです。

  と、そんなこんなでカットは終了。次の季節のシャンプーには「冷凍シャンプー」と「ぽかぽかシャンプー」の2種類あるとのこと。面白そうなので前者にしたところ、笑えるくらいに頭がヒンヤリ! ドライアイスを頭全体にかけられたとでも言うか、かなりの新体験です、オススメ。続いては先ほど頼んだハンドケア。ここでおもむろにもうひとりのメイドさんがやってきて、ふたりのメイドさんが自分の両手の前に座りました。そして袖をまくった両手にクリームを塗りたくって、同時にぬるぬる揉み揉み……こ、これはエロい! 1番人気な理由を身をもって体験できました、超オススメ。と、これにて今日の散髪は終了となりました。
 で、ここまでのサービスをネコミミを付けたメイドさんがしてくれるんですね。まぁ、取材した火曜日が毎週「ネコミミデー」だからなのですが、こういったイベントが多いのもこのお店の大きな特徴です。1月には巫女さんのコスプレとか、2月には節分ということでラムちゃん(※3)のコスプレとか。こういった付加価値が付いて、わりと普通の値段で髪が切れて、しかも秋葉原ではなかなか美容室は見ません。この付近で髪を切る機会がありましたら、ぜひ訪れてみましょう
▲向かって左が散髪前の筆者、右が「メイド美容室 moesham」でカットしてもらった後の僕。
かなりサッパリした? あまりかわばえしないような……。

SHOP DATA
メイドヘアサロン moesham
営業時間: 12:00~21:00(平日)  
11:00~20:00(土・日・祝日)
定休日: 毎週月曜日
電話番号: 03-3252-8688
住所: 東京都千代田区外神田3-6-17
[ Google Earthで確認 ]
※閲覧にはGoogle Earth(無料)が必要です

※1「宝田明氏トークショー」……宝田明氏「ゴジラ」が初主演となった東宝の俳優。ほかに代表作としては「あげまん」、「ミンボーの女」。ゲームとのかかわりとしては、2007年3月29日(木)発売の『シーマン2~北京原人育成キット~』予約特典で世界観を語るガイド役がある。

※2ヘドラ……「ゴジラ対へドラ」、「ゴジラ FINAL WARS」に登場する怪獣。宇宙生命体が公害のひとつであるヘドロと合体してできていて、かなり強い。「ゴジラ対へドラ」が公開されたのは1971年で公害問題真っ只中。社会状況を意識して登場した怪獣なのだ。ちなみに、怪獣ソフビではなぜかヘドラの人気が非常に高いそうだ。

※3ラムちゃん……「~だっちゃ」という新潟弁だか仙台弁のような語尾が有名な宇宙人の女の子。虎柄のビキニも有名。「moesham」では全員がコスプレをするわけではないそうなのが残念ではある。


バックナンバーはコチラです>>「@アキバ!がいど」インデックス

最近掲載のがいど
第15回 :新店舗開店でさらに加熱するか!? ラジオ会館内フィギュアショップ探訪の巻
第16回 :終電逃したらこの店へGo! マンガ&インターネット喫茶探訪の巻
第17回 :年末特別企画!あの気になるあそこをもう一度…の巻
第18回 :Vista触り放題!復活したアキバ系イベント「AKIBAX 2006」潜入の巻
第19回 :これで安心して乗り換えられる!? Macなお店総ざらいの巻
第20回 :現代秋葉原のカオスが見事に凝縮!アキバのホコ天探訪の巻

 
 
最近記事が追加されたゲームタイトル
スポンサーサーチ
    ◆体質改善 ◆注目のワード ◆リアルラブプラス
よく見られている画像