オンラインゲーム、MMORPG、アプリ、ソーシャルゲーム、家庭用ゲームなどゲーム情報を毎日お届け!

プレスリリース  

新グッズ「ポケッチ」登場『ポケモン ダイヤモンド・パール』

2006/06/15
[ポケットモンスターオフィシャルサイト]
   
 
 ポケモンは2006年6月15日(木)、今秋にニンテンドーDSで発売する『ポケットモンスター ダイヤモンド』『ポケットモンスター パール』の第2弾情報を公開した。

 『ポケットモンスター』シリーズの最新作となる『ダイヤモンド・パール』の舞台は、中央に大きな山脈を持つ緑豊かなシンオウ地方。主人公は、この地に生息するポケモンを集めて、捕まえたポケモンの情報を記録していく「ポケモンずかん」を完成させることと、ポケモンを育てて戦わせて「ポケモンリーグ」のチャンピオンになる、という2つの目的を達成するために冒険を進めていく。

 『ダイヤモンド・パール』の「ポケモンずかん」は、上下2画面構成となり、ダイヤルをタッチスクリーンを使ってまわすことにより、次々とポケモンを閲覧できる。またポケモンたちの情報だけでなく、「なきごえ」機能を使用して遊ぶことや、「たかさくらべ」「おもさくらべ」などの機能で主人公とポケモンのたかさやおもさの比較なども行える。「ポケモンずかん」は、ポケモンの進化の研究で有名なナナカマド博士から貰うことになる。

 そして『ダイヤモンド・パール』には、主人公の新グッズとして「ポケモンウォッチ(略称:ポケッチ)」が登場する。「ポケッチ」は冒険を進めると、とある街で入手できる。「ポケッチ」は最初の状態では少ない機能しか備えていないが、冒険中に新たなアプリを獲得することにより、機能が追加されていく。アプリには、日常生活で利用できる「けいさん機能」などのほか、「ポケモンそだてやさん」に預けたポケモンの様子がわかる「そだてやカメラ機能」、ポケモンのタイプ別のわざの相性がチェックできる「わざあいしょう機能」など、バラエティに富んだ機能が用意されている。

 また本作にはゲーム内に「時間」の概念が導入されている。ニンテンドーDSに内蔵されている時計機能を利用することにより、朝→昼→夕方→夜→深夜、と時間によってグラフィックの変化や、出会える野生のポケモンの種類の変化などが発生する。

 『ダイヤモンド・パール』には、新たなポケモンとして「ルカリオ」と「ブイゼル」が出現する。「ルカリオ」は、あらゆるものが発するはどうを敏感にキャッチする「はどうポケモン」に分類され、「かくとう」と「はがね」という今までになかった組み合わせのタイプを持ち、攻守に活躍することができる。「ブイゼル」は、二股にわかれた尻尾を高速回転させることで推進力を得る「うみイタチポケモン」でみずタイプに属する。またとくせいの「すいすい」により、あめが降ると「すばやさ」がアップする。

 ポケモン自体の新要素としては、画面のグラフィックで、オスとメスの違いがわかるポケモンが登場することが挙げられる。「バタフリー」の場合は羽の模様がオスとメスで異なる、「ウパー」はメスが頭のひれが1つ少ない、「ハッサム」はオスとメスで腹部の大きさが異なる、といった差異がある。「ポケモンずかん」には、オス・メスのどちらかをつかまえられれば登録されるが、オスとメスで姿が異なるポケモンを探して見るのも楽しいだろう。さらに『ダイヤモンド・パール』では、ポケモンの体力回復や手持ちのポケモンの入れ替えなどが行える「ポケモンセンター」に、地下が出現する。地下にどのような施設が設けられているのかは不明だが、新たな要素などが用意されていることが期待できる。

 『ダイヤモンド・パール』は、今夏に開催が予定されている2つのイベント、「ポケモン ジャングルツアーズ」と「ポケモン サマートライアルTOKYO」で体験版の試遊プレイが楽しめる。イベントの詳細は後日発表されるので、イベントで新たな『ポケモン』ワールドをひと足早く体験してみよう。



※画面は開発中のものです
(C)2006 Poké mon.
(C)1995-2006 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.
ポケットモンスター・ポケモン・Poké monは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。

 
最近記事が追加されたゲームタイトル
スポンサーサーチ
    ◆体質改善 ◆注目のワード ◆リアルラブプラス
よく見られている画像