オンラインゲーム、MMORPG、アプリ、ソーシャルゲーム、家庭用ゲームなどゲーム情報を毎日お届け!

プレスリリース  

『ときメモONLINE』がアニメ化!ドタバタコメディに

2006/03/23
[コナミ]
   
 
 コナミは3月23日(木)から開催された東京国際アニメフェア2006にて、2006年度における新作アニメ4作品を公開。制作発表会を開催した。

 発表された作品は、オリジナルアニメビデオ作品「スカイガールズ」と、テレビアニメ作品として「おとぎ銃士 赤ずきん」「ときめきメモリアル(仮)」「セイントオクトーバー」の3作。

 「おとぎ銃士 赤ずきん」は2005年にOVAとして発売された作品が、テレビアニメとして制作が決定した。物語は、数奇な運命を背負った主人公・草太が、赤ずきんと名乗る少女と出会い、現在と異世界の2つの世界を巡る物語に巻き込まれていくファンタジー作品。
 赤ずきん白雪姫、いばら姫といった少女たちが登場するように、おとぎ話をモチーフとしている。

 監督を担当する石山タカ明氏は制作にあたり「おとぎ話なので、目で見るだけでなく、目に映らないものを“感じて”ほしいと思います」と意気込みを語った。

 OVAとして登場する「スカイガールズ」は、西暦2079年を舞台に、謎の機械細胞郡による、世界的規模での人類掃討作戦が開始される。長きに渡る戦いの末、人類は劣勢に立たされ、最終兵器を使用するに至る。
 その結果、大陸は分断され、陸地の50%以上を消失してしまうが、敵を殲滅することができた。
 しかし、3年後、再び現れた敵に対し、日本海軍は全く新しい設計思想を持った戦闘機「ソニックダイバー」を持って対抗する…。

 メカと美少女が繰り広げる青春スカイアクション作品となっている本作。制作にあたり岩崎良明監督は「メカ+美少女というよくあるコンセプトですが、唯一無二の作品になるような作品作りをしていきたいと思います。またフィギュアとアニメ双方による展開を行っていきますので、アニメだけでなくフィギュアも楽しんで頂きたいです」と話していた。

 
 偶然にもモチーフとなった『ときめきメモリアルONLINE』正式サービスの日に発表となったテレビアニメ「ときめきメモリアル(仮)」。登場人物は、同タイトルから、名物先生や人気の生徒が登場する。

 物語は私立つもぎ高校に転校してきた主人公、大賀陸(仮)が、“完璧美少女”天宮 小百合、“元気娘”春日つかさ、“妹タイプ”の弥生 水奈と交流をしながら学園生活を送っていくハーチフルドタバタラブコメディとなっている。
 監督は高木宣弘氏。高木氏は「10年以上愛されたゲームをアニメ化ということで、スタッフ一同いい作品にするよう努力します。」と意気込みを語り「コミカルでぶっ飛んだものとなって行きますので期待して頂きたい」と話す。

 そしてゴスロリ服を身にまとった少女が活躍する探偵ストーリーの「セイントオクトーバー」。コナミとアニメ制作会社スタジオコメットとの初コラボ作品として制作される。

 まだまだ未確定な要素が多い作品であるが、スタジオコメット代表取締役 茂垣 弘道氏は「本日発表された作品の中で一番過激な内容だと思います。じつはこの前まで“ゴスロリ少女探偵団”と呼んでいました」と少し制作裏話を話すと続けて「まだまだ制作中なので、発表したキャラも変わると思います。コナミさんとの初作品なので、成功させたいと思います」と語った。


 今回発表された作品は、全て2006年度内、つまり2007年3月までには、放映・発売を予定している作品。今後もコナミはアニメ作品を展開していきたいと、発表会内でプロデューサーの熊坂 省吾氏から、語られた。
■おとぎ銃士 赤ずきん:(C)2005 2006 KONAMI
■スカイガールズ:(C)2006 KONAMI
■ときめきメモリアル:(C)2005 2006 KONAMI

 
最近記事が追加されたゲームタイトル
スポンサーサーチ
    ◆体質改善 ◆注目のワード ◆リアルラブプラス
よく見られている画像