オンラインゲーム、MMORPG、アプリ、ソーシャルゲーム、家庭用ゲームなどゲーム情報を毎日お届け!

プレスリリース  

ロボ兵器を開発!『Carnage Heart Portable』今夏登場

2006/03/20
[『Carnage Heart Portable』公式サイト]
   
 
 元気は2006年3月20日(月)、今夏にPSPでロボット対戦シミュレーションゲーム『Carnage Heart Portable(カルネージハートポータブル)』を発売すると発表した。

 『Carnage Heart Portable』は、1995年にアートディンクから発売された思考バトルシミュレーションゲーム『カルネージハート』のシリーズ最新作。本作の開発にはARTDINKの『カルネージハート』スタッフが携わっており、アクション要素が一切無く「ソフトウェア(思考)を考える」というシリーズ独自の斬新なゲームシステムは本作でも継承される。

 本作の舞台は、木星の軌道上に浮かぶ密閉型コロニー・フラカン。ここで行われている無人機動兵器「OKE(Over Kill Engine)」の実験開発を見学に来たケイゴ・ジョーンズは、施設内で起きたトラブルに巻き込まれる。施設内の「OKE」が暴走を始め、窮地に陥ったケイゴは1体の「OKE」を使って暴走した「OKE」に戦いを挑むことになるのだった。

 ゲームでは、無人機動兵器「OKE」を設計して、対戦させていく。設計には「OKE」の外観である機体、武装、装甲、特殊装置などのハードウェアと、「OKE」をどうのように動かしていくかを決定する「思考ルーチン」のプログラミングというソフトウェアの2種類がある。「OKE」には2脚、車両、ホバー、飛行、4脚という5タイプ30種類以上の機体があり、これをベースにオリジナルの「OKE」を組み上げていく。状況に応じたハードウェアや武装、燃料搭載量や発熱量などを検討する必要があり、リアルなロボット開発が楽しめる。そして立ちはだかる「OKE」との戦闘シーンでは、脱力体を表現する「ラグドール物理」と衝突や摩擦などの自然現象を再現する「剛体シミュレーション」の概念が採用され、リアルタイムでの計算によりシミュレーターに近いリアルな戦闘が行われる。なお戦闘は最大で3対3で展開される。

 プログラム作成とロボット開発が堪能できる『Carnage Heart Portable』。本作ではプレイヤーが作成した「OKE」の開発プログラムの配信や交換が可能となっており、PSPのアドホックモードでのデータ交換や、データのメール添付、HPでのデータ掲載、などの方法でデータのやり取りが行える。また公式サイトにもデータのアップローダーの開設が予定されている。

■『Carnage Heart Portable』
ジャンル:思考設計型ロボット対戦シミュレーション
ハード:PSP
発売日:2006年夏
価格:5,040(税込)
発売:元気
(C)2006 GENKI Carnage Heart (C) 1995-2006 ARTDINK. All Rights Reserved.

 
最近記事が追加されたゲームタイトル
スポンサーサーチ
    ◆体質改善 ◆注目のワード ◆リアルラブプラス
よく見られている画像