オンラインゲーム、MMORPG、アプリ、ソーシャルゲーム、家庭用ゲームなどゲーム情報を毎日お届け!

プレスリリース  

「AOGC 2006」開幕。ガンホー家庭用機への進出はいつか?

2006/02/09
[有限責任中間法人ブロードバンド推進協議会 AOGC2006]
   
 
 国内はもちろん、アジア主要各国で市場を牽引するゲームデベロッパー、パブリッシャーなどからパネリストを招いて開催される「アジア オンラインゲーム カンファレンス 2006 東京」(AOGC 2006)が、東京・千代田区で本日より2日間の日程で開催。開会式と、ガンホー・オンライン・エンターテイメント代表取締役 森下一喜氏による基調講演が行われた。
 アジア オンラインゲーム カンファレンスは、ブロードバンド推進協議会の主催で、2005年2月2月28日(月)、3月1日(火)に東京で開催され、同年10月には韓国・ソウルでも開催(主催は韓国コンテンツ研究所)されたカンファレンス。ブロードバンドの普及につれ、爆発的なスピードで市場拡大を続けるオンラインゲームに関して、開発面、運営面、経営面とさまざまな切り口で20以上の講演が行われる。
 演壇に立ったガンホーの森下氏の基調講演は、「BB時代のゲーム産業革命における成長戦略」と題されたもの。同社が運営する個々のゲームに関するものではなく、今現在、そしてこれからガンホーが向かおうとしている方向や、同じくこの業界が向かおうとしている方向に関しての自らの考えを述べたものだ。
 この中で、2005年に行ったゲーム・アーツやジー・モード、ブロッコリーとの資本提携、韓国グラヴィティと行った海外展開に関する業務提携などについて振り返り、今後はこれらの結びつきを元にグループ展開を進めていくつもりだとコメントした。ジー・モードとの提携で生まれた新会社「ガンホー・モード」を中核にメディア事業に力を入れ、映像、音楽、アニメなどを総合エンターテイメントとして提供していく計画だ。これらによって作り出されるポータルで、“ゲーム”というアプリケーションの枠を超えてコミュニティを形成していくという構想を述べた。
 これらのことは、森下氏がいままで繰り返し述べていたことである部分が大きい。同じく今まで繰り返し述べていた事に、ガンホーによるマルチプラットフォーム戦略がある。これは、同社が提供するゲーム、エンターテイメントはプラットフォームにこだわらないというもの。従来のPCだけではなく携帯電話や家庭用ゲーム機にも進出したいと、森下氏は今まで述べてきている。この発言を裏付けるように、昨年は携帯電話用ゲームアプリの大手であるジー・モードとの提携が発表された。次に考えられるのはコンシューマ機への進出だが、現時点では具体的な発表は一切行われていない。
 今回の基調講演中、森下氏はコンシューマゲーム機の可能性について触れた。初期の8bit機から続いた進化では、主にグラフィックの向上がユーザーへ与える次世代への「サプライズ」となってきた。この進化が進み映画さながらの体験を得ることが出来るようになり、そしてブロードバンドの急速な普及が進んだ現在。次の世代に求められるのは、ネットワークコミュニケーションによる「サプライズ」、新しい遊び方による「サプライズ」が重要になってくるだろう。その変化が、産業革命―パラダイムシフトを起こすだろう、と述べた。その中でガンホーは、単純なゲーム産業にはならず、“コンテンツ”を持ったメディア産業になっていく。そこにはさまざまなコミュニティが生まれ、さまざまなエンターテイメントの場を提供するサービス業へと変わっていくとのこと。そして、こうしたコンテンツやコミュニティを提供するためにプラットフォームにこだわらない展開を行っていくと強調。PCプラットフォーム、携帯電話プラットフォーム、そしてコンシューマゲーム機のプラットフォームを強く意識していることを再び述べた。
 また、現在“次世代ネットワーク技術”に関しての研究にも取り組んでいるということも明らかにした。それが何なのかはまだ発表されないが、、オンラインゲーム、MMORPGのあり方を根本から変えて、次の世代に「シフト」させるほどの変化をもたらすかもしれないという。現時点では、その技術が何なのかについての情報はない。そして、コンシューマ機への進出に関しての具体的なコメントも無い。次、あるいはその次のガンホーの一手に注目しておこう。
主催:有限責任中間法人ブロードバンド推進協議会

 
最近記事が追加されたゲームタイトル
スポンサーサーチ
    ◆体質改善 ◆注目のワード ◆リアルラブプラス
よく見られている画像