オンラインゲーム、MMORPG、アプリ、ソーシャルゲーム、家庭用ゲームなどゲーム情報を毎日お届け!

プレスリリース  

ゲーム機史上最速!ニンテンドーDSが500万台突破

2005/12/26
[任天堂]
   
 
 任天堂が12月26日(月)行なった発表会「ニンテンドーDS Touch! Generations 新作ソフト記者発表会」にて、ニンテンドーDS本体および、ソフトに関する数字について、任天堂 代表取締役社長 岩田 聡氏から発表された。

 岩田氏はニンテンドーDSを発売した経緯として「年齢・性別・ゲーム経験の有無を問わず、全てのお客様に同じスタートラインからビデオゲームを楽しんで戴くことを目的として、2画面、タッチスクリーン、マイク入力、ワイヤレス通信の組み合わせを特徴として、開発した商品でした」と、あらためて話すと、続けてニンテンドーDSにより、ゲームユーザー層と言われる中高生以外の30歳半ば以上の高年齢層を数多く取り込んできたことを明らかにした。

 またゲーム業界で懸念されているソフトウェアの寿命について、「Touch Generationsとして発売してきたソフトウェアである『ニンテンドックス』『脳を鍛える大人のDSトレーニング』『やわらかあたま塾』は、通常のソフトが7週間ほどで商品としてほぼ動かなくなるのが平均的なところ、かなり長い期間、動いております」と岩田氏が話すと『脳トレ』を例に挙げ、「通常、発売週の販売数が最大となりますが、『脳トレ』の場合、発売週より3度販売数を上回りました」とし、さらに「ゲーム業界にこれまで無かった、敬老の日需要がありました」と発表した。

 2004年12月2日に発売したニンテンドーDSの数字について、「日本のゲーム機史上最速で実売500万台を突破しました」と岩田氏は発表した、これまで500万台突破は、ゲームボーイアドバンスが最速で14ヶ月強、プレイステーション2でも17ヶ月を要したという。それがニンテンドーDS本体は14ヶ月かからず達成し、現在では544万台を出荷しているとのこと。
 ソフトについては『ニンテンドックス』が日本国内だけでも108万本出荷、北米・欧州についてもミリオンを達成しているとのこと。また『脳を鍛える大人のDSトレーニング』は138万本、『やわらかあたま塾』は108万本、さらに11月23日(水)に発売した『おいでよ どうぶつの森』は、DSソフトの中で最速のミリオンを達成し、現在127万本を出荷しているとのこと。

 岩田氏は「DSソフトでミリオンを達成したソフトのうち、3本が全くの新規タイトルであることは嬉しいですし、この現象はゲーム業界として今までにないことである」と話した、さらに近日中にミリオンを達成するタイトルがあるというニンテンドーDSソフト。携帯ゲーム市場で一歩先行く任天堂。今後もこのTouch Generationsシリーズを継続していくことを決定し、『脳を鍛える大人のDSトレーニング』を12月29日(木)に発売し、さらに2006年1月26日(木)には『英語が苦手な大人のDSトレーニング えいご漬け』を発売する予定だ。

 また発表会で2006年3月に『旅の指さし会話帳DS』を発売することを発表した。『旅の指さし会話帳DS』は、言葉を組み合わせることで、文章とし、さらに外国語と日本語を表示するだけでなく。外国語の発音までしてくれるコミュニケーションソフト。
 外国で困ったときに、ニンテンドーDSを差し出すことで、会話を行なうという新しいコミュニケーションを行なうと言うソフト。韓国語、タイ語、中国語、ドイツ語、英語をそれぞれ2,800円で同時発売する予定となっている。

 
最近記事が追加されたゲームタイトル
スポンサーサーチ
    ◆体質改善 ◆注目のワード ◆リアルラブプラス
よく見られている画像