オンラインゲーム、MMORPG、アプリ、ソーシャルゲーム、家庭用ゲームなどゲーム情報を毎日お届け!

プレスリリース  

ガンホーが『RO2』!?そして『グランディアオンライン』

2005/09/16
   
 
 ガンホー・オンライン・エンターテインメントは、2005年9月16日(金)、千葉幕張で行われている東京ゲームショウに出展、発表会を行った。ガンホーは日本国内では最大級規模のMMORPG『ラグナロクオンライン』を運営するパブリッシャー。奇しくも、『ラグナロクオンライン』を開発する韓国グラヴィティ社のブースが位置している。
 12時より予定されている発表会では、ガンホーの森下社長より新タイトルに関しての発表が行われるとの事前告知があり、会場ステージ前には多くのギャラリーが集まった。
 発表会開始直前、ステージの巨大スクリーンに『ラグナロクオンライン2』の文字が。集まった観衆から、大きくどよめくような声が上がった。『ラグナロクオンライン2』のムービーに続いて映し出されたタイトルは『グランディア オンライン』。昨年の東京ゲームショウで、“コードネーム:GO”と発表されたタイトル。モチーフとなるのは、もちろんゲームアーツ製作の人気RPGシリーズ『グランディア』。『〜オンライン』は、シリーズ1作目よりも以前の世界を舞台にしたオンラインRPGだと言う。『グランディア』らしい“冒険”を盛り込んだ、「燃えるRPG」を作りたいとのこと。現在開発ガンホーの堀取締役がゲームアーツ内の開発に参加して順調に開発中とのこと。ガンホーの森下氏は一作目の『グランディア』が特に好きだったとのことで、そのテイストを生かして行きたいと語っていた。
 発表会後に行われたインタビューで、『グランディア』はコンシューマ出身のタイトルだが、コンシューマゲーム機では展開しないのかと質問したところ、非常に前向きに考えていると言うコメントを得ることが出来た。ガンホーはさまざまなプラットフォームに展開して行きたいと言う意志は以前から変わらないが、ゲームアーツにはコンシューマ機での開発のノウハウがあることや、コンシューマでの人気シリーズであることから、「将来コンシューマタイトルの展開も行いたい」と言う従来の論調から、「可能であれば『グランディアオンライン』をコンシューマで展開したい」と言う論調へと変化しているように感じた。ただしそれが実現するには、Xbox360やPlayStation3が順調に普及していく背景が必要になり、今すぐ実現できるわけでは無いとコメントしていた。
 そのほか、発表会の席では『北斗の拳 オンライン(仮称)』の開発状況もコメント。こちらは、現在どのようなゲームにしようかと、企画をまとめている最中だという。インタビューの席で語られた内容によれば、プレイヤーが“ケンシロウ”や“ラオウ”のような有名なキャラクタとなるわけではもちろん無いが、何らかの“伝承者”となる方向でも検討しているとのこと。ただし、まだまだ全て検討中の内容だという。
 ガンホー設立時からの夢だったと言う自社開発が現実の物になってきたが、設立当時から『北斗の拳』のオンラインゲームと言うアイディアはあったという。ガンホーが生み出す世紀末救世主伝説を、楽しみに待ちたい。。

 さて、韓国グラヴィティ社で開発が進められていた『ラグナロクオンライン2』だが、日本のMMORPG市場を切り開いてきた前作『ラグナロクオンライン』に引き続き、ガンホー・オンライン・エンターテインメントがサービスを行うのだろうか。発表会冒頭のムービー以降、ガンホーより正式なアナウンスは無かった。
 発表会後のインタビューで森下氏は、「今回はブースも隣同士ですし、お互いに協力していきましょうと言うことで、深い意味は無いですよ」とコメントしたが、非常に意味深長な笑顔に見えた。

 このあと行われるグラヴィティ社による発表会に注目したい。
『ラグナロクオンライン2』
(C)2005 GRAVITY Co.,Ltd. All rights reserved.

 
最近記事が追加されたゲームタイトル
スポンサーサーチ
    ◆体質改善 ◆注目のワード ◆リアルラブプラス
よく見られている画像