オンラインゲーム、MMORPG、アプリ、ソーシャルゲーム、家庭用ゲームなどゲーム情報を毎日お届け!

プレスリリース  

話題はXbox360『ファイナルファンタジーXI』に集まる

2005/05/19
   
 
 2005年5月17日(火)(米国時間)、スクウェア・エニックスは、ハリウッドにて関係各社、メディア各社を招き、前日16日に行われたカンファレンスの発表内容における、質疑応答の場を設けた。
 1時間に渡る質疑応答の場では、マイクロソフトのプレスカンファレンスで発表されたMMORPG『ファイナルファンタジーXI』に関する質問が集中した。
 
以下、会場でメディアからの質問に答える、スクウェア・エニックスの代表取締役社長の和田洋一氏のコメントをまとめたものである。本稿では、Xbox用『ファイナルファンタジーXI』についてのみ掲載している。

 Xboxは非情に優れたマシンだと思っています。ただ、『ファイナルファンタジーXI』についてはいろんな端末からひとつの世界にアクセスできるというところをサービスのポリシーにしている。(これまでサービスに至らなかったのは)Xbox 360以前のXbox Liveでは、外から(マイクロソフト外でのサービス)アクセスしてはならないというルールがあったからやりたくてもできなかったと言う背景がある。ただ今回はこれらの障壁が我々だけではあるが取り除かれたことにより『ファイナルファンタジーXI』をリリースすることになった。

 『ファイナルファンタジー XI』は、Xbox360発売時(2005年年末に発売を予定)にクローズβをスタートする。開発の状況だが、このスケジュールに間に合うよう進めており、非情に順調に進んでいる。

 Xbox対応タイトルをリリースするからといって、基本的にどの端末(PC、PS2、Xbox360)からでも同じワールドで遊べるというコンセプトは、全く変えていないので、現状PS2、PCの方々が持っている状態と同じ状態としてリリースする。ただし今までのように時間的な順番を追って出していくのではなくて、同じもの(『ジラートの幻影』『プロマシアの呪縛』)を共有してもらう。Xbox360に対応するからといって内容を変えることはしない。プラットフォームが拡大していくという『ファイナルファンタジーXI』のサービスポリシーの実現がXbox360への『ファイナルファンタジーXI』リリースです。

 『ファイナルファンタジーXI』(のみをXbox360でリリースする)ということで今回発表しております。しかし、Xbox360の可能性を見極めながら非情に総合的な関係(プレイオンライン対応タイトル等のリリース)を築いていけるつもりです。

 また、『FF XI』は現状のWindows版PCとPS2に、今回Xbox360が加わるというようにプラットフォームが広がって行く。他のプラットフォームに対しても環境が整えば検討をしていく。
(C)2002-2005 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved. IMAGE ILLUSTRATION:(C)2005 Yoshitaka Amano

 
最近記事が追加されたゲームタイトル
スポンサーサーチ
    ◆体質改善 ◆注目のワード ◆リアルラブプラス
よく見られている画像