オンラインゲーム、MMORPG、アプリ、ソーシャルゲーム、家庭用ゲームなどゲーム情報を毎日お届け!

プレスリリース  

ガンホーの新MMORPG『ECO』2005年夏登場!

2005/04/21
[『EMIL CHRONICLE ONLINE』公式サイト]
   
 
 ガンホー・オンライン・エンターテイメント、ブロッコリー、ヘッドロックの3社が提携を発表。国産の完全新作MMORPG『EMIL CHRONICLE ONLINE(エミル クロニクル オンライン)』を展開すると、都内会場で発表を行った。

 3社の役割としては、ガンホーが運営、ブロッコリーがマーケティング、ヘッドロックが開発を担当している。ガンホーにとっては、国産第1号のオンラインRPG。またヘッドロックは、これまで『ディプスファンタジア』や『ベルアイル』といったMMORPGを制作してきた経歴がある。この3社の提携を「トリオ・ECO(エコ)」と名付け、MMORPG『エミル クロニクル オンライン』の製作委員会として力を入れていくとした。

 『エミル クロニクル オンライン』は、かわいらしいテイストのキャラクタが登場するMMORPG。開発コンセプトは、女性が参加しやすいオンラインRPGだという。3Dで表現されたキャラは、イラストのようなトゥーンシェードで描かれている。これらのキャラクタデザインには、新進気鋭のイラストレーター・羽々キロ(ハネハネ キロ)さんを起用。NPCやモンスター、衣装など百点以上にも及ぶが、羽々さんは全部デザインしたいと語っているという。また、女性が楽しみやすいように豊富な着せ替えの要素も導入。同じサンダルを履いたときでも、素足に履いたときと靴下を履いた上で履いたときでは、きちんとビジュアルも変化するという。サービス開始時点でのアイテム数はまだ未定だが、出来る限り沢山のアイテムを用意するとのこと。イラストレーターの羽々さんとヘッドロックのスタッフが、サービス開始までに出来る限りを用意すると語っていた。もちろんサービス開始後も順次追加してく予定とのことだ。

 現在は、2005年夏にβテストを実施する計画。その後の正式サービス開始時期や、その時の課金形態などに関してはまだ決定していないという。ガンホーの森下社長は発表会の席で、「これはあくまで努力目標なのだが」と前置きをした上で、オープンβテスト時には100万人の会員を集めたいと冗談めかしてコメント。同社設立時からの“夢”だったという国産MMORPGに、自信の程をうかがわせた。『エミル クロニクル オンライン』では、アジア、欧米、欧州での展開も計画しており、現時点ですでにいくつかの話が動いているという。実現すれば、同社初の国産タイトルで、初の世界進出も果たすことになる。

 今回発表された『エミル クロニクル オンライン』のゲームシステムで、特徴的なものとして、「マリオネット・システム」が挙げられた。
 これはプレイヤーがログアウト時にゲーム内にマリオネットを置いておくことができるというもの。ゲームをプレイしていない時間に、プレイヤーに代わって与えられた指示をマリオネットがこなしてくれる。マリオネットには簡単な指示しか出来ず、失敗することやモンスターに遭遇して負けてしまうことなどもあるとのことだが、長時間プレイができるユーザーと、たまにしか遊ぶことができないユーザーとの格差を少なくできるシステムのひとつとして活用されると発表された。このマリオネットの行動結果は、次のゲームログイン時に情報として得ることができると言う。
 発表会で公にされた「マリオネット・システム」ついて、具体的なものは見ることができなかったが、指示の種類は「アイテム収集」や「モンスター狩り」などと考えられる。またプレイヤーの指示をこなす「マリオネット」には、戦闘が得意なモノなど様々な特性があるらしい。

 また『エミル クロニクル オンライン』のキャラクタについても一部情報が公開された。
 キャラは人間、悪魔族、天使族の3種族から選択。ジョブについて発表は行われなかったが、各種族にはジョブの向き不向きがあるという。

 掲載している画面写真は、発表会のスクリーンに映し出されたもの。現在開発は急ピッチで進められており、毎週のようにバージョンが上がっているという。この画面写真も、現在のバージョンと比べるとすでに“古い”ものになっているとのことだが、参考に掲載しよう。

なお、発表会会場で配布された資料などをこちらで公開しているのでご覧いただきたい。
(C)2005 BROCCOLI/GungHo Online Entertainment, Inc./HEADLOCK Inc.

 
最近記事が追加されたゲームタイトル
スポンサーサーチ
    ◆体質改善 ◆注目のワード ◆リアルラブプラス
よく見られている画像