オンラインゲーム、MMORPG、アプリ、ソーシャルゲーム、家庭用ゲームなどゲーム情報を毎日お届け!

プレスリリース  

スバルのあの「ドライブシミュレータ」が商用化!?

2005/02/18
[「AOU 2005 アミューズメント・エキスポ」]
   
 
 スバルカスタマイズ工房は2005年2月18日(金)、19日(土)に幕張メッセにて行われる「AOU 2005 アミューズメント・エキスポ」に、PS2用『グランツーリスモ4』(以下、GT4)と『街道バトル2 CHAIN REACTION』(以下、街道バトル2)がプレイ可能なドライビングシミュレータ用筐体を出展した。

 「スバル ドライビングシミュレータ」は、2003年10月に行われた「第37回 東京モーターショー2003」で初登場。スバルが培った航空宇宙技術を元に『GT4』を搭載して話題を集めた。さらに、翌年の「第38回 東京モーターショー2004」には「スバル ドライビングシミュレータII」として、体に障害を持った人でもドライブシミュレーションが出来るように改良。手元アクセルやブレーキに加え、電動回転昇降シート付きで車椅子の方でも簡単にシートに乗り移ることができる。
 気になる商用名は…「突っ走り名人」。スバルカスタマイズ工房が担当したUFOキャッチャー用マシン「くっつけ名人」にちなんでこのネーミングになったそうだ。

 スバルカスタマイズ工房関係者は「将来的にアミューズメント業界に進出していくことをにらんでの参考出展です」とコメント。発売について目標を聞くと「まだどのタイトルで使われるかはわからないが、今年中には必ず商品化させたい」と力強く語ってくれた。

 この「ドライビングシミュレータ」が商用化されれば、ゲームセンターのカーレース用筐体が全て変更されるかも知れない。スバルという老舗の車会社が、真剣に車の挙動だけを考えて作りあげた技術が集約されているのだから、そのリアルさは語らずともわかるだろう。

■関連記事
アーケードゲーム祭典 AOU2005開催!詳細レポート

 
最近記事が追加されたゲームタイトル
スポンサーサーチ
    ◆体質改善 ◆注目のワード ◆リアルラブプラス
よく見られている画像