オンラインゲーム、MMORPG、アプリ、ソーシャルゲーム、家庭用ゲームなどゲーム情報を毎日お届け!

プレスリリース  

1年戦争を丸ごと体感!! 「プロジェクトペガサス」始動

2005/01/28
[機動戦士ガンダム一年戦争−PROJECT PEGASUS]
   
 
 2004年1月28日(金)バンダイは本社にて、ナムコと共同プロジェクト「PROJECT PEGASUS(プロジェクト ペガサス)」から生まれた新作の発表会を行った。バンダイがプロデュース、ナムコが開発を担当する。既報の通り「PROJECT PEGASUSU」第一弾として発売されるPS2用新作のタイトル名は『機動戦士ガンダム 一年戦争』。プレイヤーは主人公・アムロ・レイを操作し、TVアニメ「機動戦士ガンダム」で描かれた一年戦争を戦い抜いて行くのだ。
 
 ゲームはモビルスーツを操り敵との激しい攻防を楽しめるほか、銃座に座って視界に入ってきた敵を撃ち落とすシューティング、ホワイトベース内での白兵戦といったFPS要素も盛り込まれている。
 
 また今回明らかになった“メモリアルアクション”という仕様では、ゲーム内で原作と同じシチュエーションで敵を倒すと、アニメ同様のシーンがCGデモで流れる。本作のこの仕様に向けてアニメを700点以上の新たに描き起こしているという。

 発表会冒頭、バンダイのビデオゲーム事業部ゼネラルマネージャー東海林隆氏より「高いゲーム開発の技術力を持つナムコと、キャラクタ事業での実績のあるバンダイが共同開発していく計画、それが“PUROJECT PEGASUS”です。新たなガンダム像を描きます」との挨拶の後、オープニングムービーがスクリーンに映し出された。初代ガンダムファンにはお馴染みの声優・永井一郎さんのナレーションと共に、CGで忠実に再現されたオープニングシーンが流された他、アニメでお馴染みの名場面も次々と見ることができた。

 ムービーの上映後、今作のプロデューサーを務めるバンダイビデオゲーム事業部ゼネラルマネージャー・堀内氏が登壇し、氏による『機動戦士ガンダム 一年戦争』の説明が行なわれた。
 詳細は以下のとおり。

■ゲームの流れ
新作に書き下ろされたアニメカットによる「ストーリームービー」→ミッションの説明が行なわれる「ブリーフィング」→ミッションの「タイトルコール」→アクションゲームによる「ミッション」→そのミッションの結果を示す「リザルト画面」の表示

■ミッションの舞台は全3種類
地上…市街地・砂漠・水中といった重力下での戦闘となる

宇宙…無重力の下、天地の上下に関係無く、360度あらゆる角度から敵が襲ってくる。また、戦艦に着床し、足場として戦うことも可能。敵の戦艦にも着床でき、その足元を攻撃することもできる仕様になるとのこと

射撃…ホワイトベースの左舷銃座に着いての対空射撃や、銃を装備しての白兵戦といった一兵卒視点での戦闘モード

■名シーンが再現されるメモリアルアクション
アニメと同じシチュエーションで敵機を撃破すると、3DCGで再現された名シーンのムービーを見ることができる

 堀内氏は、「宇宙空間での戦艦への着床は、どうしても再現したいポイントの一つで、ナムコさんへ無理を言ってお願いしました」とコメント。氏のガンダムへのこだわりを垣間見ることができた。
 堀内氏の説明の後、ナムコ・CTクリエーターグループのプロデューサー東山氏が登場し、今作の操作方法についての説明を行なった。
 詳細は以下のとおり。

■『機動戦士ガンダム 一年戦争』ガンダム操作時の操作方法
左スティック…移動
右スティック…視点の変更
L1ボタン…スラスター使用によるダッシュ
L2ボタン…スラスター使用によるジャンプ
R1ボタン…ビームライフルによる射撃攻撃
R2ボタン…ビームサーベルによる近接攻撃
スティック押し込み…頭部バルカンによる射撃

となっている。
 操作説明後、「サイド7観光ガイド」と題され、東山氏の操作により、ミッション1の舞台となるスペースコロニー“サイド7”内が案内された。これは、二台用意されたモニターの一台に、テレビアニメに登場した施設や名場面を映し出し、もう片方のモニターにはゲーム中画面が映し出され、ゲーム内の同じ場所を案内するというもの。実寸で再現されたというコロニーの内部には、主人公・アムロが非難していたシェルター、ガンダムのマニュアルを読みふけった場所、アムロの幼馴染みフラウ・ボウがジオン軍の攻撃によって家族を失った場所など、アニメに忠実に再現された「名所」を紹介。
 要所要所にアムロのセリフを織り交ぜながらガイドする東山氏からは、作品に対する愛情と情熱を感じられた。

 発表会の最後には、今作のCMに出演するグラビアアイドル・磯山さやかさんが登場。「劇場版・機動戦士ガンダム」を見たという磯山さんは、「登場キャラクタの中ではアムロが好きです。戦争を通じて成長し、頑張っている姿が一緒に頑張ろうって気持ちになります」とコメントした。

 一年戦争の全てが詰まったといっても過言ではない『機動戦士ガンダム 一年戦争』。発売は2005年4月7日(木)と少し先だが、全てのガンダムファンの期待に応えられる作品になっているのではないだろうか。

■『機動戦士ガンダム 一年戦争』商品概要
発売日:2005年4月7日(木)
価格:7,140円(税込)
プラットフォーム:PS2
ジャンル:一年戦争体感アクションゲーム
プレイ人数:1人
(C)SOTSU AGENCY・SUNRISE (C)BANDAI (C)NAMCO LTD.

 
最近記事が追加されたゲームタイトル
スポンサーサーチ
    ◆体質改善 ◆注目のワード ◆リアルラブプラス
よく見られている画像