オンラインゲーム、MMORPG、アプリ、ソーシャルゲーム、家庭用ゲームなどゲーム情報を毎日お届け!

プレスリリース  

『リネージュII』正式サービスは6月25日(金)より!

2004/05/07
[『リネージュII』公式サイト]
   
 
  エヌ・シー・ジャパンは、MMORPG『リネージュII〜The Chaotic Chronicle〜(以下、リネージュII)』の正式サービス開始を6月25日(金)より開始すると発表。それに伴い都内にてプレス向け発表説明会を実施した。



 発表説明会では、エヌ・シー・ジャパン社長の金氏が登壇。「『リネージュII』は日本でも順調に会員を獲得しました。正式サービスと同時に大幅なバージョンアップも行うので、今後ともよろしくお願いします」と挨拶した。

 引き続きサードパーティから『リネージュII』推奨グラフィックボードを開発したNVIDIAの社長・飯田氏、パッケージ販売で提携したエレクトロリック・アーツ(EA)代表取締役・山本氏などが登壇。

 EA山本氏は「『リネージュII』のオープンベータ版パッケージは30,000本販売できました。5,000本がヒットと呼ばれるPCゲームのパッケージ販売において、この記録は驚異的な数字と言えます。最近、停滞気味のゲーム業界を本作のような韓国パワーがドンドン引っ張っていって欲しい」とコメントした。



 発表説明会後半では、エヌ・シー・ジャパン越知氏が「オープンベータテストの報告」と「正式サービスバージョン」「今後のスケジュール」の説明を行った。

 「オープンベータテストの報告」では5月7日(金)現在、登録アカウント数が約35万人、最大同時接続数が3万5千人、作成されたキャラクタの総数が954,320キャラクタであることなど、細かいデータが明らかとなった。

 気になったデータはレベル20で可能となる転職(1次)までキャラクタ成長をさせたユーザーが全体の8%前後である点。『リネージュII』の特徴である種族の分岐、血盟(ギルド)まで楽しんでいるユーザーは、単純に登録アカウント数35万人に8%を掛けると約28,000人という数字になる。



 「正式サービスバージョン」の説明では、目玉として「攻城戦」と「テイミング」の実装を解説。「攻城戦」は血盟レベル4以上のユーザーが参加可能で、高レベルキャラクタ対象のシステム。「テイミング」はあるクエストをクリアことで仲間となる「ハッチリン」を余らを自由に飛べる「ワイバーン」に成長させるのが目標のシステムとなっている。



 「今後のスケジュール」として現在行われているオープンベータテストは6月22日(火)AM0:00で終了。正式サービス開始時間については今後発表される。またオープンベータテストでプレイ中のアカウント、キャラクタ、アイテム、所持金はすべて正式サービス後に引き継がれ、そのまま使用することが可能だ。

 さらに正式サービス版のパッケージ『リネージュII スターターキット Chronicle1 戦乱を呼ぶ者たち』が、6月14日(月)に発売されることも明らかとなった。このパッケージはCD-ROM2枚組みで、フルカラープレイマニュアルを同梱。価格は3,129円(税込)で今年2月に発売されたオープンベータ版のパッケージと同じく、全国の量販店と提携オンラインショップにて予約・販売される予定だ。



 ちなみにユーザーが気になるプレイ料金の発表については、戦略的な理由でまだ発表できないとのこと。ただ決済方法は前作『リネージュ』をベースに検討しているとのことなので、プレイ料金も『リネージュ』が基準になるのではなかろうか?

 ただ正式サービス開始に関する発表説明会であっただけに、プレイ料金の発表も、正式サービスに伴うオンライン・オフラインのイベントについても詳細な説明が行われないのはいかがなものだろうか?今後の追加情報に期待したい。

『リネージュII』関連コンテンツリスト

Lineage II The Chaotic Chronicle is a trademark of NCsoft Corporation. NC Japan K.K. was granted by NCsoft Corporation the right and license to publish,distribute and transmit LineageII The Chaotic Chronicle in Japan. Copyright(c) NCsoft Corporation. All rights reserved.

 
最近記事が追加されたゲームタイトル
スポンサーサーチ
    ◆体質改善 ◆注目のワード ◆リアルラブプラス
よく見られている画像