オンラインゲーム、MMORPG、アプリ、ソーシャルゲーム、家庭用ゲームなどゲーム情報を毎日お届け!

プレスリリース  

ファン大喜び「ラグナロク」イベント しかし疑問の声も!?

2004/03/29
[「ラグナロク ジ・アニメーション」公式サイト]
   
 
 ガンホー・オンライン・エンターテイメント(以下ガンホー)は3月27日(土)、3月28日(日)まで開催された「東京国際アニメフェア」に出展し、同社ブース内で「ラグナロク・ジ・アニメーション」のイベント「ラグナロク じゃんけんポイポイ」を行った。



 このイベントは「ラグナロク・ジ・アニメーション」に出演する声優の阪口大助氏(ロラン役)と桃井はるこさん(マーヤ役)、そして監督のリー・ジョンミン氏とジャンケンを行い、勝ち残った3名にプレゼントが贈られるというもの。また、直前に「東京国際アニメフェア」メインステージでライブを終えたばかりの山崎麻衣美さんも駆けつけた。山崎さんは本アニメのオープニングテーマ及びエンディングテーマを歌うのだ。



 会場となったガンホーブースには開始30分前からユーザーが集まり始め、いざ始まったときには周囲の通路を埋め尽くすほどの人だかりとなった。その一因が、なんといっても桃井はるこさん。通りすがりの来場者が、「あれ、桃井じゃねぇ?」「あ!桃井さん!」と、桃井さんの姿を見たり声を聞いたりした瞬間にそのまま立ち止まり、観客へと化したのだった。桃井さんの人気、恐るべし!



 イベントは阪口さんと桃井さんのトークでスタート。アニメ第1話のあらすじやゲームへの印象などを語っていた。特に桃井さんの「最近、『ラグナロク・オンライン』を始めました!」との発言に観客が大きく反応。もしかしたら、桃井さんとパーティを組めるチャンスが来る!?



 トークの後はお待ち兼ねのじゃんけん。勝者への商品は、阪口さんと桃井さんをはじめとした、声優陣のサイン入りポスター。じゃんけんゲームは2回行われ、合計6名のユーザーがこの貴重なポスターを手に入れていた。そのなかには、なんと外国からのユーザーも!思わぬお土産に笑みをこぼしていたぞ。



 ブースの周囲の通路を埋め尽くすほどの観客が訪れたにも関わらず大きな混乱はなく、イベントは和やかに進行。しかし、見過ごせないシーンが1点だけあった。

 2回目のじゃんけんゲームを行っているとき、スタッフが参加して途中まで勝ち残っていたのだ。ユーザーのためのイベントであるはずなのに、関係者が参加してあわよくば賞品であるポスターを入手しようという前代未聞の事態に、ステージ上のゲスト陣は表情を硬化。しかも、激しくNGを出す桃井さんや戸惑いを見せる阪口さんをよそに、そのスタッフはそのままじゃんけんに参加し続ける始末。

 司会の女性の「ご来場の皆さん、このまま進めても良いですか?」との問いに、確かに観客は拍手で答えた。これが一応、賛意なのだろう。結果的に、スタッフは途中で負けた。しかし、もし最後まで勝ち残ったらどうするつもりだったのだろう。辞退するにしても、余った賞品をどうするのかという混乱が生じるし、賞品を受け取るなんてもってのほか。どちらにしても、イベントの進行とユーザーの気持ち、そして場内の雰囲気のすべてを壊すに違いない。

 いったい、このイベントは誰のために、何のために企画されたものなのか。ユーザーにレアなグッズを見せびらかせた後に、結局関係者が持ち帰ってユーザーに悔しい思いをさせるためのものだったのか!? じゃんけんに参加したスタッフ、またそれを制止しなかったスタッフは、来場者に必死に謝罪の表情を浮かべる桃井さんの姿を見て、もう一度考えてほしい。



 表面上は何事もなく終わったイベントだが、ため息をつきながら散っていったユーザーの姿が本イベントのすべてを物語っている。




『ラグナロクオンライン』関連コンテンツリスト

 
最近記事が追加されたゲームタイトル
スポンサーサーチ
    ◆体質改善 ◆注目のワード ◆リアルラブプラス
よく見られている画像