オンラインゲーム、MMORPG、アプリ、ソーシャルゲーム、家庭用ゲームなどゲーム情報を毎日お届け!

欧米ゲーム事情  

“2次元美少女”に恋する37歳男性、報道が巻き起こす日米の反応の違い

2009.07.27
該当記事(英語)※The New York Timesより(要登録)
音夢たんと俺の愛の日記 最終目標はラブホテル
 2次元キャラへの萌え現象で、海外の目には“奇異”に映ることの多い日本のゲーム業界。先ごろ、そんな海外の反応が露骨に表面化する出来事があった。

 きっかけは、“The New York Times”紙のサイトに掲載された記事。現実の女性の代わりに、架空のキャラにしか恋することができない男性が日本で急増していることを報じたもので、そんな男性の代表として、“兄さん”と名乗る37歳の人物(ほか数人)をセンセーショナルに紹介している。

 兄さんの恋の対象は、恋愛アドベンチャーゲーム『D.C.〜ダ・カーポ〜』のヒロイン、朝倉音夢。彼は同キャラを“音夢たん”と呼び、音夢たんの抱き枕を抱えて外出する。

 かつて、現実のガールフレンドに振られたことのある兄さんは、友達に誘われて行ったコミックイベントで、音夢たんと電撃的な出会いを果たした。それ以来、彼女の抱き枕と食事をともにし、週末のカラオケやプリクラなどにも一緒に出かけるように。さすがに職場には持っていかないが、残業にそなえて予備の枕カバーを机の引き出しにしまってあるという。

 兄さんは、音夢たんが架空のキャラであることは承知しつつも、抱き枕を本物の女性のように扱っている。「僕が死んだら、音夢たんを腕に抱かせて埋めてほしい」とまで言っているとか。

 この記事、海外(とくにアメリカ)ではとても衝撃的だったようで、コメント欄には「身の毛がよだつ」「情けない」と、嫌悪感や侮蔑の声が多数あがっている。中には、「家庭より仕事を優先してきた日本社会のツケが回ってきたのだ」と、評論じみたコメントまで飛び出すことに。

 また、萌え現象には予備知識があるはずの海外のゲーマーの間でも、「医者に診てもらうべきだ」「いや、悪いことはしていないのだから、そっとしておいてやれよ」と、意見は真っ二つに分かれている。

 なお、この兄さん、実は“音夢たんと俺の愛の日記”というブログを発信しており、日本のオタクの間では、すでにちょっとした有名人(ブログは昨年4月に一時閉鎖していたが、のちに再開)。そのためか、今回の報道に対する彼らの反応は、海外とはかなり異なる。

 確かに、行くところまで行っちゃった兄さんにドン引きする人はいるのだが、むしろ「一途さを見習いたい」といった声のほうが目立つ。ブログを一時閉鎖しても、現役で萌え続けていた兄さんに向けた応援さえ見受けられるのだ。

 このように、違いがはっきり浮かび出た日米の反応。2次元キャラへの恋をめぐっては、認識の隔たりは相当に大きいようだ。

(中島理彦)

欧米ゲーム事情 最新バックナンバー

2009.07.24
ピーチ姫が“ゲーム史上最悪の女”である5つの理由

2009.07.23
初代『ゼルダの伝説』が“1人称視点”になったら?ファンの試み

2009.07.22
『FF』シリーズI〜XIIをマラソンプレイ!自閉症ケアのチャリティイベント

2009.07.21
ゲームは“12歳の男の子向け”が多すぎる!ウィル・ライト氏の苦言

2009.07.15
誰がPCゲームを殺したか? 1位に選ばれたのは、あの……

2009.07.14
“『ゼルダの伝説』全作品の年表を発表して!”――熱烈ファンの声

2009.07.10
人気ジャンルの境界はあいまいに――RPGとアクションシューティング

2009.07.09
ゲーマー400人が抗議デモ! 人気ゲームのイベントを禁じた政治家たちに

2009.07.08
またまた警告ラベルを求める声、今度は“ゲームし過ぎは肥満の恐れあり”

2009.07.07
やはり多いのは“武器を持つ男”! ゲームパッケージ100本の傾向分析

2009.07.02
屋外パーティが盛り上がる! フロリダ発の“移動型”ゲームシアター
MS/SCEもビックリ!? 市販Webカメラによるモーション操作を実現

2009.06.30
急逝したM・ジャクソン、次のアルバムは何とビデオゲームだった!?
素手でクルマをぶっ叩き!『ストII』ボーナスステージを再現する動画

2009.06.25
建築専門誌が選ぶ“ゲームの建築様式トップ10”、なぜかテトリスも?

2009.06.24
半ズボン姿のおじさんにも注目! 360度対応の液晶画面付きガンコン

 
最近記事が追加されたゲームタイトル
スポンサーサーチ
    ◆体質改善 ◆注目のワード ◆リアルラブプラス
よく見られている画像