オンラインゲーム、MMORPG、アプリ、ソーシャルゲーム、家庭用ゲームなどゲーム情報を毎日お届け!

欧米ゲーム事情  

ゲームファンはレビューをしちゃダメ? 開発者の一言から大きな問いかけ

2009.04.15
該当記事(英語)※PALGNより
 ゲームを購入するにあたり、多くの人が参考にしているであろうゲームレビュー。このレビューについて、あるゲーム開発者が「ジャーナリストはファン心理でレビューをしないでほしい」と厳しいコメントを発した。

 その開発者とは、人気アクションゲーム『God of War』のクリエイターであるDavid Jaffe氏。彼は、ゲームニュースサイト“1UP”のポッドキャストの中で、次のように語った。

「メディアがファンと同じようにゲームで盛り上がってくれるのは悪い気持ちはしないが、一時の興奮にのみこまれて購入者の信用を失う危険もある。ジャーナリストたちにはこう言いたい。“お前たちはお金をもらってんだろ? だったら、まずファンではなくジャーナリストとしてレビューをしてくれ”とね。広告代理店の戦略に踊らされ、グラフィックがすごいと騒ぎ立てるばかりでなく、批評眼をしっかり持ってほしい。今、あまりにも多くのゲームが、むやみやたらに高い評価点をもらいすぎている。それでは情報の受け手のためにはならない」

 なるほど、Jaffe氏の言葉はしごくもっとも。だが、Jeremy Henderson記者はこの言葉に対し、逆に疑問を投げかけた――ゲームファンは本当に、レビューをしてはいけないのだろうかと。

 例えば、映画やテレビ、クルマ、スポーツといったゲーム以外の分野を見てみよう。そういった専門分野でレポートやレビューをしているのは、たいてい、対象分野を愛し、詳しい知識を持っている人たちだ。スキューバの道具はスキューバダイバー、ステーキハウスは食通の人にレビューをしてもらうのが一番。ゲームの場合も、プレイヤーの嗜好を最もよく理解し、情熱を注ぐことのできるゲームファンこそが、レビュワーに最も向いているのではないか? と、Henderson記者は、様々な人物の言葉を引き合いに出して訴えている。

 ゲームファンと一口に言っても、その中には、表層的な情報に浮かれて有頂天になり、判断の目が曇ってしまう人もいれば、逆に、冷徹な評価をきちんと下せる人もいるはず。私たちが本当に読みたいのは、後者のタイプのファンが情熱をこめて語るレビューなのではないだろうか?

(中島理彦)

欧米ゲーム事情 最新バックナンバー

2009.04.15
外国人が注目する日本の観光スポットで、ポケモンセンターが3位に

2009.04.09
世界で最も使用頻度が高い(低い)ゲーム機は? 米ニールセンの調査
トップを占めたのはやっぱり……21世紀に最も売れたゲームソフト50本

2009.03.31
プレイヤーの脳に直接聞け! ゲーム開発者向けに驚異のサービスが登場
そんなゲームじゃないってば! 報道メディアがよくやる間違い

2009.03.26
将来のカギを握るのは「アイテム課金」と「iPhone」… ゲーム業界人の声
校長の横暴? 『GTA』新作を取り上げた任天堂公式マガジンを学校から排除

2009.03.25
Wii MotionPlusの扱いには注意が必要? 新作開発中の『パラッパ』松浦氏

2009.03.24
先週に引き続きロンドンでまたまた過激イベント! 今度は『MadWorld』

2009.03.20
『どうぶつの森』をプレイする大人は“変質者”との報道にブーイング
陳列品は何と1万5000点以上! 米国でビデオゲームの歴史博物館が開設

2009.03.17
ロンドンっ子が仰天!? 生首を集める『バイオハザード5』イベント
米『人生ゲーム』は「同性婚を広めるゲームだ!」と保守系ニュース

2009.03.12
任天堂の一人勝ちが続くWiiで、ヒット作を出したメーカーの秘訣とは?
1人称と3人称の視点で音楽はどう変わる? ゲーム作曲家が語る

2008.03.10
最小サイズの傑作に期待! 4キロバイトのJavaゲームコンテスト
「子供に暴力ゲームを許した親は牢屋に入れろ!」ニュージーランドの審査官

2009.03.05
ララ・クロフトが“裸”に!? ゲームのデマを集めたWikiが立ち上げ
豪華だけど幽霊付き……ゲームの“お城”を不動産の専門家が格付け

2009.03.03
中古ゲームの収益を難病治療に! ユニークなチャリティサイト開設
懐かしのボクシングゲーム『パンチアウト!!』は“実話”だった!?

 
最近記事が追加されたゲームタイトル
スポンサーサーチ
    ◆体質改善 ◆注目のワード ◆リアルラブプラス
よく見られている画像