オンラインゲーム、MMORPG、アプリ、ソーシャルゲーム、家庭用ゲームなどゲーム情報を毎日お届け!

欧米ゲーム事情  

北米でも注目を浴びた! 『ペルソナ4』の名キャラ“巽完二”

2009.02.03
該当記事(英語)※Gamasutraより
 北米でも昨年12月に発売され、高い評価を受けているPS2向けのRPG『ペルソナ4』。中でも、登場人物の1人は、北米では珍しいタイプのゲームキャラクタとして注目を浴びている。

 高校生として日常生活を送りながら、異世界の敵と戦う本作。その登場人物“巽完二(たつみ・かんじ)”は、中学時代から札付きの不良として名前をとどろかせている男。ところが、“シャドウ”と呼ばれる存在により、完二の抑圧された感情が明らかになる。なんと、シャドウの完二は、ふんどし一丁でお姉言葉を口にする“オカマキャラ”なのだ。

 完二はもう1人の自分を受け入れることで、ペルソナを召喚する新たな力に目覚めるが、“自己の性をどうとらえるか”という問題に直面して葛藤する心理描写は、北米でも反響が大きかったようだ。開発者向けニュースサイト“Gamasutra”に掲載された記事をきっかけに、ブロガーやゲーム評論家たちがこぞって完二のことを取り上げ、業界全体を巻き込む関心を引き起こしている。

 本作が評価された背景に、日米文化の違いが影響しているのは間違いないだろう。日本では、テレビや雑誌でオカマキャラのタレントやキャラクタを見ることは日常的になっているが、アメリカでは、最近状況が変わってきたとはいえ、まだまだ抵抗は根強い。

 そんななか、北米向けローカライズを行ったアトラスUSAは、日本文化を正確に描写するため、オリジナルの内容は極力いじらないように心がけた。特に、完二のシャドウにまつわる強烈な描写は、日本のテレビで目にするものとしてそのまま残すことにしたそうだ。結果、同性愛の表層的な描写にとどまらず、人の内面にまで深く踏み込んだゲームとして賛辞を受けることになったのだから、アトラスUSAの決断は正しかったといえるだろう。

 なお、『ペルソナ4』では、完二本人が本当に同性愛者なのかどうかは明確になっていないが、“ストレートかゲイか”と答えをはっきり出したがるアメリカ人の目には、その微妙なバランスも新鮮に映ったらしい。今後も日本のゲームには、キャラクタ描写を強力な武器としていってほしいものだ。

(中島理彦)

欧米ゲーム事情 最新バックナンバー

2009.02.03
オバマ後継議員の席はおいくら? 米汚職事件をネタにiPhoneアプリ

2008.01.29
iPhone向けが大半を占めた! インディーズゲーム・モバイル賞候補作
現実にはない“日本製RPG”のサウンドトラック、海外ゲーマー配信中

2009.01.27
非暴力的なゲームでも人間関係などに悪影響?――米ユタ州での研究
世界市場でビデオゲームの売上がDVD/ブルーレイを超える

2009.01.22
2体のフィギュアが殴る、蹴る! ゲーム仕掛けの格闘ムービーに注目
EA Sportsのムーア氏、EAを去った開発者の作品を“見習いたい”と

2009.01.20
ハドソン川不時着を市販フライトシミュレータで再現! 英BBCの報道
マリオの世界で“重力”に大異変が!? アメリカ物理教師の発見

2009.01.15
ハリウッドから見て優秀なゲームシナリオは? 脚本家組合が候補作発表
“ゲームし過ぎは性格によくありません”――米で警告ラベルの法案提出

2009.01.14
ゲームの音響を本物の銃声と勘違い? 近所の通報で警官隊が突入
リアルマネートレードへの課税は米国にも波及? 米国税庁の動き

2009.01.08
『テトリス』はトラウマからの回復に効果アリ!? オックスフォード大
Wiiリモコンで編み物を学ぼう! 米のアートプロジェクトが話題に

2009.01.07
7人からプロポーズ! ララ・クロフトに扮した英国のセクシーウーマン
アルコール系炭酸飲料を子供向けゲームで禁止! 米イリノイ州議会

2008.12.26
本当に公開される?出来はどう?ゲームの映画化を一覧で紹介

2008.12.25
自作ゲームに冷たい任天堂に抗議! 100日間の引きこもり生活を中継

2008.12.19
売上本数では見えない市場の実態——“ネットの反響”ランキングに注目
セクシーダンスのWiiソフトを発表!? でもパブリッシャがいなくて…

 
最近記事が追加されたゲームタイトル
スポンサーサーチ
    ◆体質改善 ◆注目のワード ◆リアルラブプラス
よく見られている画像