オンラインゲーム、MMORPG、アプリ、ソーシャルゲーム、家庭用ゲームなどゲーム情報を毎日お届け!

欧米ゲーム事情  

ゲーム開発に意欲的なスピルバーグ監督が、過度な暴力描写に懸念

2008.05.09
該当記事(英語)※USA TODAYより
Boom Blox公式サイト(英語)
   “インディ・ジョーンズ”映画シリーズの最新作「インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国」の公開が間近に迫るなか(日本では6月21日公開)、米国の大手紙“USA TODAY”は、同シリーズの監督であるスティーヴン・スピルバーグ氏のインタビュー記事を掲載した。
 この中で同氏は、最近欧米でよく話題になるゲームの暴力描写に懸念を抱いていることを明らかにしている。

 自身も熱心なゲーマーだと語るスピルバーグ氏は、現在、ゲーム制作に強い関心を示しているところ。
 つい先日、米Electronic Arts社と協同で開発したWii向けのパズルゲーム『Boom Blox』(画像)が、同国で発売されたばかりだ。
 氏は2006年に開催されたゲーム見本市“E3”を訪れたとき、初めてWiiに触れて感銘を受け、ゲーム市場における大人と子供の溝を埋めようと考えたという。

 そんなスピルバーグ氏も、家に置くゲームタイトルは厳しくチェックしているとのこと。
 「“タブー”扱いにしているゲームはあるよ。それらを家に置くつもりはない。子供たちから“お父さんは遊んでいるのに何でダメなの?”なんて言われたくないからね」「ゲームの中には、暴力描写があまりに双方向的で度を過ぎているために、私でさえ怖いと思うものがある。具体的にタイトルは挙げないけれどね」と同氏。

 「ジョーズ」「プライベート・ライアン」など、自らも強烈な映像を世に送り出してきたスピルバーグ氏だが、ゲームが子供に与える影響は映画よりも大きいと考えているようだ。
 「うちの子たちは、R指定(17歳未満は親の同伴が必要)のDVDは決して手に取らない。だけど、M指定(17歳以上対象)と思われるゲームのパッケージにはつい目が引かれてしまうようなんだ」と、親から見た子供の反応を語っている。

(中島理彦)

(c)2008 Electronic Arts Inc. All Rights Reserved.
Trademarks belong to their respective owners.

欧米ゲーム事情 最新バックナンバー

2008.05.09
『GTA IV』の街が本物のNYと違う!ニューヨーカー記者の激白!

2008.05.02
Wiiは正直しんどい!?コアゲーマーではないことを示す11の兆候
あの『シェンムー』を超えた!? 話題作『GTA IV』の開発費

2008.04.25
Wiiリモコンの機能を自ら備えたスーパーヒーロー!? “Wiiマン”誕生
ピーター・ジャクソンの率いる“新Haloプロジェクト”いよいよ

2008.04.23
“RPGの歴史”セミナーを計画中の米大学講師、ブログで広く意見を募集
ゲームをプレイしない子はむしろ“要注意”? 米ハーバード大の研究

2008.03.27

P・マッカートニー元夫人が腹いせに水ぶっかけ! ネタがFlashゲームに
整形や豊胸もアリ!? 女の子向けセレブ育成ゲームに親が“待った!”

2008.03.25
ちょっと物騒? 首から装置をぶら下げる“人付き合いゲーム”が話題 

ネット騒然!Xbox Live Arcadeにインディ系開発会社が不満の声

2008.03.21
ギネス認定の世界最大コスプレ集会開催! 集まった人数は……?
Wii新作はゲーム初心者と熟練者の“橋渡し”――新語がネットに波紋

2008.03.18
北京オリンピックの公式Flashゲームは盗作!? クリエイターが糾弾
米国では13歳以上指定の『スマブラX』に“厳しすぎでは?”との声

2008.03.13
ベッドでは“セックスよりもゲーム”!? 英国の調査で驚きの結果
買春疑惑で辞任が決まったNY州知事、過去に『GTA』を非難

2008.03.11
大物クリエイターとの会見実現に大喜びの記者!? でも条件が怪しくて…
大手情報サイトからの解雇で話題となったレビュワー、新サイトを設立

 
最近記事が追加されたゲームタイトル
スポンサーサーチ
    ◆体質改善 ◆注目のワード ◆リアルラブプラス
よく見られている画像