【週刊ジーパラが批評286】Nintendo Switch向け『スマブラ』新作発表! スマホゲームでは『FGO』の第2部開幕に話題集中!? そして『FF』ではなく『IF』とは……!

記事カテゴリ: iPhone Android
2018年03月12日

 先週、2018年3月9日(金)には、任天堂による公式ネット放送「Nintendo Direct 2018.3.9」(外部サイトへリンク)が実施されました。個別タイトルでの“Direct”はありましたが、総合的な内容のものはちょっと久々でしたね。

 こちらでは、Nintendo Switch向けに『大乱闘スマッシュブラザーズ(仮称)』が発表されるなど、大きな話題を呼びました。ほかにも、同様にNintendo Switch向けの『マリオテニス エース』や、コアなユーザーに人気の『UNDERTALE』など、さまざまなラインナップが公開されています。

 現在はPlayStation4でカプコンの『モンスターハンター:ワールド』浸けという人も多いかもしれませんが、次に遊ぶ家庭用ゲーム機の作品はNintendo Switchになる人も出てきそうですね。

 まぁ、肝心の『大乱闘スマッシュブラザーズ(仮称)』のリリースは遠いので、Nintendo Switchの購入はまだ見送りという人もいるのかもしれませんけれど(笑)。

『Fate/Grand Order』の第2部スタート情報に話題が集中

 さて、スマホゲームに目を移してみると、先週はFGO ProjectのiOS/Android端末向け『Fate/Grand Order』の第2部である「-Cosmos in the Lostbelt-」が4月より幕を開けるということで注目を集めました。『FGO』では『Fate/Grand Order Duel -collection figure-』といったボードゲームプロジェクトなども公開され、多方面への展開も見られます。とはいえ、ユーザーに人気なのは、原作者である奈須きのこ氏の綴るストーリー。こういった展開を疑問視する声もちらほらとあったりしますね。

 また、2018年3月5日(月)には、コロプラのiOS/Android端末向けスマホゲーム『クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ』が配信開始から5周年を迎えています。これを記念して、さまざまなイベントが開催されています。特定のイベントでは主題歌を歌う声優の水樹奈々さんとのタイアップなどもあるとのことです。

 新作としては、バンダイナムコエンターテインメントがiOS/Android端末向けスマホゲームとして『ドラゴンボール新作アプリゲーム』を配信予定と発表。タイトルなどはまだ公開されておらず、これらの正式発表は3月中旬とのこと。

 『ドラゴンボール』関連ではBXDのスマートフォン向けブラウザゲームプラットフォーム「enza」向けに配信予定の『ドラゴンボールZ ブッチギリマッチ』も予定されており、こちらは事前登録者数が20万人を突破したとのこと。TVCMも公開されていて、今後も事前登録者数は伸びそうですね。

 リリース時期は被らないのかもしれませんが、ほぼ同じIPで同じスマホ向け作品を連続で予定しているというのはどうなのでしょうか。ゲーム性の違いから客層も被らないということなのか、ちょっと気になるところですね。まぁ、そんなことを言ったら、すでに『ドラゴンボール』関連のゲームはかなりの数がリリースされているのですけれど……。

『グランクレスト戦記 戦乱の四重奏』『IDOL FANTASY』『転生したらスライムだった件 〜魔国連邦創世記(ロードオブテンペスト)〜』の発表

 その他の新作では、同じバンダイナムコエンターテインメントがiOS/Android端末向けスマホゲーム『グランクレスト戦記 戦乱の四重奏』の配信を発表、事前登録の受付を開始しています。

 『グランクレスト戦記』はPS4版で本格シミュレーションゲームのリリースも予定(2018年6月14日(木)発売予定)されていますが、こちらのスマホ版は原作こそ同じですが、別のゲームになっています。スマホ版のリリースは2018年内とのことで、まだちょっと先の様子。PS4版とスマホ版、どちらも戦術性、アクション性があり、原作ファンの人は両方ともチェックしておきたいところです。

 スクウェア・エニックスはファンタジー世界から来た男の子たちをアイドルとして育成していくという、一風変わったスマホゲームを発表。iOS/Android端末向けの『IDOL FANTASY』がそれです。タイトルがちょっと『ファイナルファンタジー』に似ている感じですが、『FF』シリーズでおなじみの野村哲也氏がキャラデザインをしたアイドルたちも登場するということから、意図的なタイトルのネーミングだと思われます。

 もちろん、野村氏以外にも多数の著名人が参加しており、その顔ぶれは豪華絢爛。アイドルを演じる声優陣も人気男性声優の名前がズラリと並んでおり圧巻のひと言です。まだ記事をチェックしていない方はぜひ見ておいてください。しかし、異世界の勇者も理由あってアイドルするんですねー(それ違うゲームや!)。

 さて、アニメ化と同時期にスマホゲームがリリースされるというのもある種定番となっていますが、キック・アスとゲームゲートのiOS/Android端末向けスマホゲーム『転生したらスライムだった件 〜魔国連邦創世記(ロードオブテンペスト)〜』がプロジェクトの始動を発表しています。まだリリース日は未定で、ゲーム内容なども公開されていませんが、はたしてどんな作品になるのでしょうか。

『23/7 トゥエンティスリーセブン』『チェーンストライク』といった注目作にも

 まもなくリリース予定の作品では、藤商事のiOS/Android端末向けスマホRPG『23/7 トゥエンティスリーセブン』の配信日がついに決定したとのニュースが報じられています。気になるサービス開始日は2018年3月15日(木)ということで、今週ですね。記事中では詳しいゲームシステムなどもまとめて紹介されていますので、事前に読んでおくことをオススメします。

 最後に気になる作品をひとつ。GAMEVIL COM2US JapanのiOS/Android端末向けスマホゲーム『チェーンストライク』が事前登録受付中とのこと。こちらはチェスとRPGを融合させた戦略バトルRPG。7×5マスのフィールド内で、チェスのコマと同じ行動範囲を持つユニット「守護者」を動かして戦うバトルが特徴です。いわゆる古典ゲームのルールをモチーフにした作品はいろいろありますが、チェスをモチーフにした、と名言しているのはなかなか珍しいかもしれません(とはいえ、ナイトのユニットの範囲が簡略化されているのか、通常のナイトとはちょっと違うっぽいのが気になりますが……)。

 チェスのコマの動きの範囲と、攻撃型・防御型・体力型・支援型といった特性が合わせられることで、チェスにはない戦略性を生み出しているようで、もちろん、キャラごとのアクションポイントやスキルなども存在しています。

 オセロほど簡単ではなく将棋ほど複雑ではないチェスの基本ルール(ゲーム性や戦略性ではなく、あくまで基本ルールのみですよ!?)をどのようにスマホゲームに落とし込んでいるのか、ちょっと興味深いですね。個人的には特徴的なポーンの動きも再現してほしかったところですが(笑)。

 ということで、ジーパラドットコムでは引き続きゲーム情報を中心にさまざまなニュースをお届けしていく予定です。以下のメディアでも情報を発信していますので、用途に応じてご利用いただければと思います。

 

この記事のカテゴリ

この記事を共有しよう!

『Fate/Grand Order』第2部「Cosmos in the Lostbelt-」第1章が4月より配信開始 『Fate/Grand Order』新たなゲームプロジェクトを発表。『Fate/Grand Order Duel -collection figure-』英霊召喚ボードゲーム [事前登録]『アイドルマスター シャイニーカラーズ』事前登録数41.2万突破記念として最後の“新ユニット”を公開 『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル』スプリングキャンペーン開催。Aqoursファンミーティングツアー千葉公演開催記念キャンペーンも開催 【週刊ジーパラが批評285】「ヤフオク!」でもようやくRMT関連の出品が禁止に! そしてスマホゲームはデータ連動PC版が次々にリリース中!? 『クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ』5周年。声優・水樹奈々さんとタイアップ特別イベントプロジェクトスタート [事前登録]スマホ向けブラウザゲーム『ドラゴンボールZ ブッチギリマッチ』、TVCMの公開 [事前登録]4対4のチーム対戦が楽しめる『ONE PIECE バウンティラッシュ』 最新TVCM公開中 『SINoALICE』(シノアリス)、スノウホワイトの新ジョブが登場する「錬鉄ノ矢雨ガチャ」を開始 なんか話題になってるっぽい、男顔なのか女顔なのか診断してくれて似てる有名人を検索してくれる「pictriev, 顔検索エンジン」で遊んでみる