【週刊ジーパラが批評283】スマホを舞台にデジタルカードゲーム戦国時代に突入!? ガンホーの『クロノマギア』は『シャドウバース』『ドラクエライバルズ』の対抗馬となりえるか?

記事カテゴリ: iPhone Android
2018年02月19日

 さて、2018年の2月も後半にさしかかってきましたが、先週の大きなニュースといえば、『パズル&ドラゴンズ』のプロデューサーが手がける新作、ガンホー・オンライン・エンターテイメントのiOS/Android端末向けスマホゲーム『クロノマギア』が発表されたことでしょうか。

 この『クロノマギア』は、対戦型のデジタルカードゲーム。すでに事前登録が開始されており、サービスインは今春を予定しているとのことです。

 スマホで遊ぶ本格的カードゲームというのはここ最近増えてきています。ブームの火付け役となったのは、アメリカのBlizzard Entertainment, Incの『ハースストーン』でしょうか。『ハースストーン』は同社の『ウォークラフト』の世界観を使ったデジタルカードゲームで、最初はPC向けとしてリリースされました。実はスマホに対応したのは遅めで2015年の春でした。

 『ハースストーン』が日本語に対応したことで、日本でも徐々に人気が高まりつつあった頃、2016年6月に、CygamesからiOS/Android端末向けスマホゲーム『シャドウバース』がリリース。“日本版・サイゲ版の『ハースストーン』”と言われ、『ハースストーン』を参考にしていると思われる部分も多くみられます。

 スマホゲーム開発会社として力のあるCygamesはCM展開などにも力を入れ、国内でのネームバリューを獲得し、今では『ハースストーン』と並ぶ人気を獲得。その地位を不動のものにしています。ゲーム大会なども多数開催されており、日本でプレイするのであれば『ハースストーン』よりも気軽に触れられるのが強みと言えるでしょう。『シャドウバース』はのちにDMM GAMESやsteamといったPCプラットフォームにも対応し、プレイヤー層を増やしています。

 また、2017年11月にはスクウェア・エニックスからiOS/Android端末向けスマホゲームとして『ドラゴンクエストライバルズ』がリリース。こちらのアプリも『ハースストーン』や『シャドウバース』とよく似たルールを持つデジタルカードゲーム。ですが、『ドラゴンクエスト』シリーズのモンスターやキャラクターを使っており、シリーズ経験者ならより気軽にゲーム世界に入っていけるようになっています。現在はスマホのみですが、こちらの記事にもあるように、2018年2月22日(木)にはYahoo!ゲーム版をはじめとしてPCプラットフォームに対応予定となっています。

 もちろん、これ以外にもデジタルカードゲームのスマホアプリは多数ありますが、人気上位となるとこのあたりだと思われます。

 『クロノマギア』のルール詳細はプレイしてみないことにはわかりませんが、後発だけに、上で紹介したようなゲームも見据えているとは考えられます。

 ただ、スマホゲームの性質上、やはり先行者有利な面は否めません。スマホでデジタルカードゲームを遊ぶ層は、すでにいずれかのゲームをプレイしている可能性が高く、ある程度カードやデッキをそろえているプレイヤーを他のゲームに乗り換えさせるというのはなかなか容易ではないと思われます。はたして『クロノマギア』がどの程度プレイヤーを引っ張ってこれるのか、また、これまでスマホ向けデジタルカードゲームを遊んだことがない層を引き込めるのか。そのあたりが焦点となりそうですね。

HTML5新プラットフォーム向け新作『アイドルマスター シャイニーカラーズ』

 そして、先々週のことになりますが、バンダイナムコエンターテインメントの『アイマス』新シリーズ、『アイドルマスター シャイニーカラーズ』が発表になり、話題となりました。こちらはバンダイナムコエンターテインメントとドリコムが出資する新会社BXDのHTML5新プラットフォームでの配信予定とのこと。

 「HTML5新プラットフォームってなんのこと?」という方もいるかもしれません。超簡単に説明すると、スマホを主軸にしたブラウザゲームという感じでしょうか。ブラウザゲームなので、iOSやAndroidというOSに関係なく、対応するインターネットブラウザを使って遊ぶ作品です。もちろんPCでも遊べるはずですが、PCのインターネットブラウザすべてで動くわけではないので注意が必要です。逆に、スマホやタブレットに搭載されているインターネットブラウザは基本的にはHTML5に対応しているものがほとんどなので、おそらく問題なく遊べると思われます。スマホを主軸にしたブラウザゲームと書いたのはそういうちょっとややこしい現状があるためです。

 どんなブラウザで遊べるのかなど、詳しい対応状況は、追って発表されると思いますので、続報を待ちましょう。

 「ブラウザゲームってなんかもっさりしている印象があるんだけど?」という不安もあるかもしれませんが、そこはHTML5。アニメーションやサウンドなど扱いがダイレクトに行えるようになっており、これまでよりも格段に開発しやすくなっているとのこと。ブラウザゲームの印象を覆してくれる出来になっていると思われます。

 HTML5ベースのブラウザゲームが流行すれば、これまでのようなOSの縛りに囚われることなくゲームを遊べるようになると予想されます。支払い(課金)の仕組みなどもAppleやGoogleといった企業を介することなく行えるようになるのではないでしょうか。まぁ、それはそれで若干の不安要素も見え隠れしないこともないのですが……。

『Readyyy!』『PERSONA O.A.』など

 さて、女性アイドルのプロデュースに対抗する作品とも言えるのが、セガゲームスの発表したiOS/Android端末向けスマホゲーム『Readyyy!』。アイドル育成ゲームアプリプロジェクトとして、18人の男子高校生をプロデュースしていくという作品です。いわゆるキャラクターの中の人も勢揃いでお目見えした公式の発表会がニコファーレにて開催されました。

 その後、公式YouTubeチャンネルが開設され、早くもMVなどがアップされ始めています。ニコファーレで発表会を行ったのに、公式チャンネルはYouTube……という、最近の動画配信サイト事情が垣間見える流れになっているような……(苦笑)。会員登録なしで動画が見られる点ではYouTubeのほうが強いですからねぇ。

 さて、ゲームではありませんが、話題となったスマホアプリもありました。アニプレックスのiOS/Android端末向け『PERSONA O.A.』は、「ペルソナ」シリーズの公式サポートアプリ。「ペルソナ」シリーズの関連ニュースを配信するとともに、探索ゲームなども遊ぶことができるとのこと。単なるニュースアプリではなく、継続して遊んで「ペルソナポイント」を貯めることでいろいろなお楽しみ要素もあります。

 同様のアプリはスクウェア・エニックスの『ドラゴンクエスト』シリーズや『ファイナルファンタジー』シリーズなどにもあるので、それらを知っている方はイメージしやすいかもしれませんね。

CygamesアニメRPG『プリンセスコネクト!Re:Dive』クローバーラボ×日本一ソフトウェアの『魔界ウォーズ』

 一方、リリースが開始された新作としては、CygamesのiOS/Android端末向けスマホゲーム『プリンセスコネクト!Re:Dive』があります。タイトルのとおり、『プリンスセコネクト!』の続編に当たり、アニメRPGとも題される作品。前作のファンも含めて30万人以上の事前登録を突破したことでも期待の高さがうかがえます。「神撃のバハムート」シリーズなどTVアニメ作品を手掛けたことでも有名なCygamesの放つアニメRPGの実力やいかに!?

 また、クローバーラボからは日本一ソフトウェアと共同開発のiOS/Android端末向けスマホゲーム『魔界ウォーズ』がリリースされました。Android版が2018年2月15日(木)、iOS版が翌日の2018年2月16日(金)に配信開始されたとのことです。

 こちらはクローバーラボの『ゆるドラシル』と日本一ソフトウェアの『魔界戦記ディスガイア』が合体した作品。コマンドタイプのシミュレーションRPGなので、ちょっとした時間に遊ぶことが可能になっています。

『テイルズ オブ ザ レイズ』のコラボカフェ

 最後に気になるイベントのニュースを。ナムコの「アニON STATION AKIHABARA本店」ではバンダイナムコエンターテインメントのiOS/Android端末向け『テイルズ オブ ザ レイズ』のコラボカフェを開催。このコラボカフェ、普通のコラボだけではなく、ゲーム世界をVRで体験できるという企画があるとのこと。その名も「Tales of VR CAFE 〜カフェ オブ ミリーナ〜」。『テイルズ オブ ザ レイズ』のミリーナが店長となったカフェに歴代のキャラクターたちが訪れるという設定で、VRゴーグル越しに店を見回せば、さまざまなキャラクターたちの掛け合いが見聞きできるとのことです。

 「追加オプション(別料金)でさらにキャラクターとコミュニケーションがとれる」という一文がいろいろと余計な妄想を掻き立ててくれて気になってしまいますが、たぶん想像しているようなサービスではないと思います。きっと。とはいえ、なかなか面白そうな企画であることには違いありません。開催期間は2018年3月1日(木)から4月15日(日)。事前予約が必要なので、興味がある方は、記事中のリンクから公式サイトなどを見て確認しておきましょう。

 寒波でいろいろ大変なことになっている昨今ですが、徐々に春の兆しも見え隠れしてきています。もう少し経てばイベントなどに出かけるのも多少は楽になる……かもしれません。

 さて、そんなわけで、ジーパラドットコムでは引き続きゲーム情報を中心にさまざまなニュースをお届けしていく予定です。以下のメディアでも情報を発信していますので、用途に応じてご利用いただければと思います。

 

この記事のカテゴリ

この記事を共有しよう!

『Fate/Grand Order』第2部「Cosmos in the Lostbelt-」第1章が4月より配信開始 『Fate/Grand Order』新たなゲームプロジェクトを発表。『Fate/Grand Order Duel -collection figure-』英霊召喚ボードゲーム [事前登録]『アイドルマスター シャイニーカラーズ』事前登録数41.2万突破記念として最後の“新ユニット”を公開 『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル』スプリングキャンペーン開催。Aqoursファンミーティングツアー千葉公演開催記念キャンペーンも開催 【週刊ジーパラが批評285】「ヤフオク!」でもようやくRMT関連の出品が禁止に! そしてスマホゲームはデータ連動PC版が次々にリリース中!? 『クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ』5周年。声優・水樹奈々さんとタイアップ特別イベントプロジェクトスタート [事前登録]スマホ向けブラウザゲーム『ドラゴンボールZ ブッチギリマッチ』、TVCMの公開 [事前登録]4対4のチーム対戦が楽しめる『ONE PIECE バウンティラッシュ』 最新TVCM公開中 『SINoALICE』(シノアリス)、スノウホワイトの新ジョブが登場する「錬鉄ノ矢雨ガチャ」を開始 なんか話題になってるっぽい、男顔なのか女顔なのか診断してくれて似てる有名人を検索してくれる「pictriev, 顔検索エンジン」で遊んでみる