プロジェクト「Project U(仮称)」モブキャスト×エイタロウソフトがアニメ「幽☆遊☆白書」の新作スマホゲームを共同開発

記事カテゴリ: iPhone Android
2018年01月23日

 モブキャストは本日(1月23日)、iOS/Android端末向けにTVアニメ「幽☆遊☆白書」を題材にしたスマホゲームを、エイタロウソフトと共同開発していることを発表しました。

 このプロジェクトは「Project U(仮称)」として、リリースに向け進められており、発表によると“迫力の必殺技で原作の世界観を余すことなく再現する、「キャラクター育成型アクションRPG”になるとのこと。
 ゲーム内の戦闘では、他のプレイヤーとマルチプレイが楽しめるオンラインゲームになるようです。

本作(仮称:Project U)について

■マルチプレイ対応のキャラクター育成型アクションRPG
 本作の特徴は「浦飯幽助」をはじめとするキャラクターたちを自分で操作し、他のプレイヤーと協力してステージを攻略していくアクション要素のあるオンラインRPGとなります。

■IPを活用した高いゲーム性
 美麗なカードの収集要素や高いゲーム性を追求したタイトルとなり、本来IPが持つ世界観や魅力をきちんと表現し、IPを使用するだけの近年の作品とは差別化を計っております。

■原作の印象的なシーンをコレクションできる「名場面カード」
 「幽☆遊☆白書」のキャラクターたちが織り成す数々の印象的なシーンを、「名場面カード」として鮮やかなグラフィックで再現。
 「名場面カード」はキャラクターの強化にも使用することが可能で、収集することで原作の魅力を味わいながらキャラクターの育成をお楽しみいただけます。

■高速同期通信による遅延のない協力・対戦プレイを実現
 マルチプレイモードでは、他プレイヤーとの共闘によるステージ攻略の他、対戦要素のあるコンテンツも搭載予定となっております。

「幽☆遊☆白書」とは

 霊界探偵として蘇った浦飯幽助は、人間界と霊界の平和を守るため、桑原、蔵馬、飛影という頼もしい仲間と共に次々と現れる凶悪な妖怪たちを倒していく。
 そんな彼らの前に、因縁めいた強敵が立ちふさがり―人間界・霊界・魔界、次々と舞台を変えながら、徐々に激しさを増していく戦い、深まっていく物語の先にあるものは・・・。
 1992年10月から 1995年1月まで、全112話を放送した「幽☆遊☆白書」は、2017年にTVアニメ化25周年を迎えました。
 「週刊少年ジャンプ」で連載された冨樫義博の同名原作コミックスのアニメ化は、当時瞬く間に大ヒットとなり、日本国内のみならず全世界でも人気を博したぴえろの代表作の一つです。

■「Project U(仮称)」
対応OS:iOS/Android
ジャンル:アクションRPG
メーカー:モブキャスト
リリース日:未発表
プレイ料金:未発表


原作/冨樫義博「幽☆遊☆白書」(集英社「ジャンプコミックス」刊)
©Yoshihiro Togashi 1990年-1994年 ©ぴえろ/集英社
©mobcast inc. Developed by eitarosoft

 

この記事を共有しよう!

『Fate/Grand Order』第2部「Cosmos in the Lostbelt-」第1章が4月より配信開始 『Fate/Grand Order』新たなゲームプロジェクトを発表。『Fate/Grand Order Duel -collection figure-』英霊召喚ボードゲーム [事前登録]『アイドルマスター シャイニーカラーズ』事前登録数41.2万突破記念として最後の“新ユニット”を公開 『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル』スプリングキャンペーン開催。Aqoursファンミーティングツアー千葉公演開催記念キャンペーンも開催 【週刊ジーパラが批評285】「ヤフオク!」でもようやくRMT関連の出品が禁止に! そしてスマホゲームはデータ連動PC版が次々にリリース中!? 『クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ』5周年。声優・水樹奈々さんとタイアップ特別イベントプロジェクトスタート [事前登録]スマホ向けブラウザゲーム『ドラゴンボールZ ブッチギリマッチ』、TVCMの公開 [事前登録]4対4のチーム対戦が楽しめる『ONE PIECE バウンティラッシュ』 最新TVCM公開中 『SINoALICE』(シノアリス)、スノウホワイトの新ジョブが登場する「錬鉄ノ矢雨ガチャ」を開始 なんか話題になってるっぽい、男顔なのか女顔なのか診断してくれて似てる有名人を検索してくれる「pictriev, 顔検索エンジン」で遊んでみる