「FINAL FANTASY 30th ANNIVERSARY EXHIBITION -別れの物語展-」『FF』30年の歴史を“別れ”をテーマに回顧する体験型特別展示

記事カテゴリ:
2018年01月11日

 スクウェア・エニックスは、シリーズ累計1億3,500万本以上の人気を誇るRPGシリーズ『ファイナルファンタジー』誕生30周年の歴史を振り返る回顧展「FINAL FANTASY 30th ANNIVERSARY EXHIBITION -別れの物語展-」を実施します。
 この回顧展は“別れ”がテーマ。

 来場者ひとりひとりには、専用音声ガイド機が手渡されこれを装着して鑑賞。
 会場は「音声ARシステム」がも散られており、展示物の前に立つことで、それぞれとシンクロしたゲームのBGMやキャラクターボイス、さらに、来場者の行動や属性に応じてパーソナライズされたナビゲーションがもたらされるとのことです。

 “別れ”をテーマに『FF』30年の歴史が、全9エリアから構成。
 この展示会にあわせて用意されたオリジナルストーリーで、『FFVII』の「エアリスの遺した言葉」や『FFXV』「幻の結婚式」など体験型特別展示も用意されています。

「FINAL FANTASY 30th ANNIVERSARY EXHIBITION -別れの物語展-」『FF』30年の歴史を“別れ”をテーマに回顧する体験型特別展示
▲FFⅩ 幻の結婚式
「FINAL FANTASY 30th ANNIVERSARY EXHIBITION -別れの物語展-」『FF』30年の歴史を“別れ”をテーマに回顧する体験型特別展示
▲FFⅤII Art panel エアリス

参加型アトラクションシアター|別れの物語展

 高さ3.9m×幅12mの巨大壁面に投影された大迫力映像と、来場者ひとりひとりに手渡される専用音声ガイド機が連動。最大50人同時接続の参加型アトラクションシアターです。飛空艇エンタープライズ号に乗り込み、次元の狭間を超えてファイナルファンタジーの世界へと旅立ちます。しかし、次元の狭間を超えようとしたその時、恐るべき幻獣バハムートが現れ…。クリスタルの力を借りて、仲間とともに強敵を打ち破りましょう!

FFVII特別展示「エアリスの遺した言葉」|別れの物語展

 ゲーム本編で悲劇的な最期を迎えたエアリス。本展では、エアリスと主人公・クラウドが初めて出会った思い出の場所「スラムの教会」を再現。教会の中を自由に歩き回りながら、今回のために特別に収録されたエアリスの思い出(モノローグ)に耳を傾けていただきます。また、同エリアでは、ファン待望の「FFVII REMAKE」の本邦初公開となるイメージボード等も展示いたします。

シナリオ:野島一成
CV:坂本真綾

FFXV特別展示「幻の結婚式」|別れの物語展

 壮絶な戦いの末、主人公ノクティスとヒロイン・ルナフレーナは結婚式を迎えられたのか…。本展では”幻の結婚式”としてゲーム本編のラストシーンで一瞬だけ映し出された幸せそうなノクティスとルナフレーナに、父レギスや親友たちがやさしく語りかけます。彼らの祝辞はこの展示のために用意された特別なシナリオです。

CV(イグニス):宮野真守
CV(グラディオラス):三宅健太
CV(プロンプト):柿原徹也
CV(レギス):磯部勉

「音声ARシステム」が誘う別れの物語|別れの物語展

 「別れの物語展」では、本展のために新しく開発された「音声ARシステム」を導入し、会場内に約150個のBeacon※を設置。
 Beaconから発信される信号をスマートフォンをベースにした音声システムで受信/解析することで、展示物の前に立つだけで、装着したヘッドフォンからそれぞれとシンクロしたゲームBGMやキャラクターボイス、展示物に対する詳細解説、来場者の行動や属性に応じてパーソナライズされたナビゲーションが自動的に聴こえてくる仕掛けです。

※低消費電力の近距離無線技術を活用した信号発信機で、信号を数秒に一回半径数メートル範囲に発信

[収録楽曲(一部)]
ビッグブリッヂの死闘(FFV)
仲間を求めて(FFVI)
教会に咲く花(FFVII)
Liberi Fatali(FFVIII)
いつか帰るところ(FFIX)
ザナルカンドにて(FFX)
Main Theme from FINAL FANTASY(FFXV)
など約50曲

「別れの物語展」開催概要

タイトル:FINAL FANTASY 30th ANNIVERSARY EXHIBITION-別れの物語展-
会場:森アーツセンターギャラリー(六本木ヒルズ森タワー52階)
会期:2018年1月22日(月)~2月28日(水)
開催時間:10:00-20:00(最終入館19:00)
休館日:会期中無休
主催:「FINAL FANTASY30周年記念展」製作委員会


▽展覧会公式サイト
http://www.finalfantasy.jp/30th/exhibition/

▽Twitter公式アカウント
https://twitter.com/ff30_exhibition


□チケット販売概要
1)プレイガイド販売
販売期間:
 2017年12月16日(土)10:00~
 2018年2月28日(水)18:00

観覧料(税込):
【前売券】
・一般・大学生:2,300円
・中学・高校生:1,600円
・ペア(年齢区分なし・2名分):3,800円
【グッズ付前売券】(入館券とグッズ引換券が発券されます)
・一般・大学生:2,800円
・中学・高校生:2,100円
・ペア(年齢区分なし・2名分):4,800円 ※グッズは同じものが2つになります

※小学生以下は無料。ただし、18歳以上の同伴(有料)が必要です。
※グッズは「オリジナルチケットクリアファイル」(全3種)になります。コンビニでの購入時に発券される 「引換券」と交換でオリジナルチケットクリアファイルを会場でお渡しいたします。なお、購入するプレイガイドにより種類が異なります。
※前売券の販売場所等詳細は順次展覧会公式サイト等でお知らせします。
※グッズは数に限りがございます。無くなり次第、販売を終了します。
※グッズ売場のみのご入館はできません。※「専用音声ガイド機」は、観覧券1枚につき1名に1台お貸出しします。尚、小学生以下の方で「専用音声ガイド機」を使用される場合は、800円の当日券が必要となります。(会場でのみ販売)

販売窓口:ローソンチケット(ローソン・ミニストップ)、イープラス(ファミリーマート)、ぴあ(セブンイレブン)、CNプレイガイド(セブンイレブン・ファミリーマート)
※グッズ付チケットはローソンチケット・イープラス・ぴあのみでの販売となります。

「FINAL FANTASY 30th ANNIVERSARY EXHIBITION -別れの物語展-」『FF』30年の歴史を“別れ”をテーマに回顧する体験型特別展示
▲グッズAローソンチケットにて
「FINAL FANTASY 30th ANNIVERSARY EXHIBITION -別れの物語展-」『FF』30年の歴史を“別れ”をテーマに回顧する体験型特別展示
▲グッズBイープラスにて
「FINAL FANTASY 30th ANNIVERSARY EXHIBITION -別れの物語展-」『FF』30年の歴史を“別れ”をテーマに回顧する体験型特別展示
▲グッズCぴあにて

2)会場販売
販売期間:
 2018年1月22日(月)10:00~
 2018年2月28日(水)19:00

観覧料(税込):
【当日券】
・一般・大学生:2,500円
・中学・高校生:1,800円
・ペア(年齢区分なし・2名分):4,000円(後日利用は不可。当日利用に限ります。)
※小学生以下は無料。ただし、18歳以上の同伴(有料)が必要です。
※「専用音声ガイド機」は、観覧券1枚につき1名に1台お貸出しします。尚、小学生以下の方で「専用音声ガイド機」を使用される場合は、800円の当日券が必要となります。(会場でのみ販売)
販売窓口:森アーツセンターギャラリー(当日券のみ)で販売(森タワー3Fチケットカウンター)

 

この記事のカテゴリ

この記事を共有しよう!

『Fate/Grand Order』第2部「Cosmos in the Lostbelt-」第1章が4月より配信開始 『Fate/Grand Order』新たなゲームプロジェクトを発表。『Fate/Grand Order Duel -collection figure-』英霊召喚ボードゲーム [事前登録]『アイドルマスター シャイニーカラーズ』事前登録数41.2万突破記念として最後の“新ユニット”を公開 『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル』スプリングキャンペーン開催。Aqoursファンミーティングツアー千葉公演開催記念キャンペーンも開催 【週刊ジーパラが批評285】「ヤフオク!」でもようやくRMT関連の出品が禁止に! そしてスマホゲームはデータ連動PC版が次々にリリース中!? 『クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ』5周年。声優・水樹奈々さんとタイアップ特別イベントプロジェクトスタート [事前登録]スマホ向けブラウザゲーム『ドラゴンボールZ ブッチギリマッチ』、TVCMの公開 [事前登録]4対4のチーム対戦が楽しめる『ONE PIECE バウンティラッシュ』 最新TVCM公開中 『SINoALICE』(シノアリス)、スノウホワイトの新ジョブが登場する「錬鉄ノ矢雨ガチャ」を開始 なんか話題になってるっぽい、男顔なのか女顔なのか診断してくれて似てる有名人を検索してくれる「pictriev, 顔検索エンジン」で遊んでみる