VR『エヴァンゲリオン VR The魂の座:暴走』「Mark.06」が新たに参戦!4人協力プレイが可能に!

記事カテゴリ: アーケード
2017年12月22日

 バンダイナムコエンターテインメントは、VR ZONE SHINJUKUで稼働中のVR アクティビティ『エヴァンゲリオン VR The魂の座』を2017年12月27日(水)にバージョンアップします。
 タイトルも『エヴァンゲリオン VR The魂の座:暴走』に。

 バージョンアップデートでは、第10の使徒との果てにエヴァが暴走、「Mark.06」が新たに参戦し4人協力プレイが可能になります。

 今回のバージョンアップに際し、原作者:庵野秀明監督からのコメントも公開されてました。

 『エヴァンゲリオン VR The魂の座:暴走』は、エントリープラグ内部のコクピットを完全再現アクティビティ。
 専用体感マシンに乗り込み、巨人エヴァを操る規格外のスケール感を体験できます。

第10の使徒との激闘の果てに待ち受ける「エヴァの暴走」!

 使徒との闘いの末、窮地に追いやられるエヴァ。
 これまでかと思ったそのとき、エヴァが暴走する!
 これまでとは常軌を逸した制御不能な”エヴァ本来の力”を、コクピット(魂の座)の中で体験せよ!

「Mark.06」が新たに参戦!4人協力プレイが可能に!

 これまでの零号機、初号機、2号機の 3機に加え、Mark.06が新たに参戦することで、最大4人での協力プレイが可能になりました。
Mark.06の正規パイロット「渚カヲル」の代わりにMark.06に乗り込み、4機で使徒を迎え撃て!

戦闘シーンもより遊びやすく!エヴァの世界観にさらに没入!

 お客さまの声を元に戦闘バランスを見直し、エヴァを操る手応えと臨場感をよりスケールアップ。
 コクピット内の演出も強化し、原作への没入感をさらに高めています。

原作者:庵野秀明監督からVR ZONE SHINJUKUへのコメントをいただきました!

 「VR ZONE SHINJUKU」、実に面白い体験でした。エヴァも設定時から23年目にして初めて発進シークエンスを体感し、新たな感覚を味わえました。
 他にも、高所渡り(「高所恐怖 SHOW」)もシンプルなところが良かったです。
 特に開発担当者の方が勧めてくれた 「釣りVR」が楽しかったですね。リールの巻取音があれば、もう完璧でした!また行きたいです!

■『エヴァンゲリオン VR The魂の座:暴走』
・使用チケット:BLUEチケット
・体験人数:1名
・所要時間:8分
金具路対象年齢:13歳以上


▽『エヴァンゲリオン VR The魂の座:暴走』紹介ページ
https://vrzone-pic.com/activity/eva.html


©カラー ©BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

 

この記事のカテゴリ

この記事を共有しよう!

『Fate/Grand Order』第2部「Cosmos in the Lostbelt-」第1章が4月より配信開始 『Fate/Grand Order』新たなゲームプロジェクトを発表。『Fate/Grand Order Duel -collection figure-』英霊召喚ボードゲーム [事前登録]『アイドルマスター シャイニーカラーズ』事前登録数41.2万突破記念として最後の“新ユニット”を公開 『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル』スプリングキャンペーン開催。Aqoursファンミーティングツアー千葉公演開催記念キャンペーンも開催 【週刊ジーパラが批評285】「ヤフオク!」でもようやくRMT関連の出品が禁止に! そしてスマホゲームはデータ連動PC版が次々にリリース中!? 『クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ』5周年。声優・水樹奈々さんとタイアップ特別イベントプロジェクトスタート [事前登録]スマホ向けブラウザゲーム『ドラゴンボールZ ブッチギリマッチ』、TVCMの公開 [事前登録]4対4のチーム対戦が楽しめる『ONE PIECE バウンティラッシュ』 最新TVCM公開中 『SINoALICE』(シノアリス)、スノウホワイトの新ジョブが登場する「錬鉄ノ矢雨ガチャ」を開始 なんか話題になってるっぽい、男顔なのか女顔なのか診断してくれて似てる有名人を検索してくれる「pictriev, 顔検索エンジン」で遊んでみる