リンクドブレインHTML5開発支援サービス「G-Link5」をスタート。ゲーム業界向け

記事カテゴリ: iPhone Android PCゲーム
2017年12月07日

 リンクドブレインは本日(12月7日)、ゲーム業界向けのHTML5開発支援サービス「G-Link5」を開始したことを発表しました。
 「G-Link5」はネイティブアプリのマルチプラットフォーム展開をサポートする人材支援および受託サービス。
 また、アプリの開発だけでなく、運営支援も行うとしています。

 App Store、Google Playといったマーケットプレイスの高い手数料やAndroid携帯の端末依存による開発費の高騰で、ネイティブアプリに嫌気がさしているパブリッシャーが存在することは確か。
 大手パブリッシャーが新しいプラットフォームの創出のためにHTML5への移行も視野に入れた舵きりもちらほら見ている中、大きな市場を生み出す可能性があります。

G-Link5(ジーリンクファイブ)

 「G-Link5」はゲーム会社とゲーム業界における関連会社と共に、ゲーム開発と運営を支援するビジネスプラットフォームです。新規ゲームタイトルの開発や既存タイトルの運営移管などのサポートを行います。

主には以下の特徴があります。
・新たなゲーム開発に必要となるテクニカル・トレンドへの開発と運営体制の提供と、HTML5など新たなテクニックなどへの支援サービス。
・ゲーム開発とゲーム運営に伴う人材支援サービス。
・リンクトブレインはフラットなポジションで、各プラットフォーム企業と緊密な連携をとり、技術情報などの情報提供。
・ゲーム開発、制作、運営の各事業者アライアンス網による業界横断的なサービスの連携とリソース支援の仕組みの提供。
・ゲーム運営会社、開発会社やクリエイティブ制作会社との相互連携、協調した人材育成とキャリアパス(RPO)の構築。

G-Link5(ジーリンクファイブ)サービス内容

 ゲームタイトルの開発・運営などにおける以下のサービスを実施いたします。
・HR支援(人材紹介、派遣、常駐)
・開発・技術支援
・クリエイティブ支援(アート、2D・3Dイラスト、UI/Webデザイン)
・企画支援
・運営支援

 サービス提供はパートナー企業・アライアンス企業と提供を行い、ゲーム開発・運営を行う企業と連携した対応を実施いたします。


▽G-Link5
https://g-link5.jp/

 

この記事のカテゴリ

この記事を共有しよう!

『マリーのアトリエ Plus ~ザールブルグの錬金術士~』スマホゲームとして配信決定 [コラボ]『サーヴァントオブスローンズ』、『NieR:Automata』とのコラボを2/28(水)より実施 『けものフレンズぱずるごっこ』全1000ステージ収録された「けものフレンズ」初の公式パズルゲーム 『スクフェス』『スクフェスAC』『スクコレ』の3作で「神田明神シャンシャン祭2018」を3月17日秋葉原で開催 石原良純さんが解説する『Pokémon GO』天気連動機能映像「Pokémon GO Weather News(ウェザーニュース)」を公開。伝説のポケモン「レックウザ」登場中 [コラボ]『ヴァルキリーコネクト』、「エヴァンゲリオン」とのコラボにて限定キャラクター「戦乙女アスカ」が登場 『バンドリ! ガールズバンドパーティ!』、アパレルブランド「WEGO」とのコラボレーションアイテムの販売を記念したキャンペーンの開催が決定 『魔界ウォーズ』20万ダウンロードを突破。新たに「ラハール」「ヴァルキリー」2名のキャラエピソード追加 【フィンクロ 連載第1回】どんなキャラでも“最強”になれちゃう!? リセマラ不要のひっぱりアクションRPG『フィンガーナイツクロス』 【マイクラPE】0から始める『マインクラフト』第8回:牛やニワトリをお世話する「牧場」を作ってみよう!