[セガゲームス「スマートフォン向け新作発表会2017」]スマホゲーム新作3タイトルを発表。『D×2 真・女神転生リベレーション』ではARにも新対応

記事カテゴリ: iPhone Android
小野憲史
2017年11月21日

 これまでのセガネットワークスではなく、新たにセガゲームスとして開催された「スマートフォン向け新作発表会2017」。

 会場には取締役COOの松原健二氏をはじめ、各タイトルのプロデューサー陣が集結。

 東京ゲームショウ2017で発表された『D×2 真・女神転生リベレーション』の追加情報をはじめ、『ワンダーグラビティ 〜ピノと重力使い〜』『プロサッカークラブをつくろう!ロード・トゥ・ワールド』『共闘ことばRPG コトダマン』の新作3タイトルが発表されました。

[セガゲームス「スマートフォン向け新作発表会2017」]スマホゲーム新作3タイトルを発表。『D×2 真・女神転生リベレーション』ではARにも新対応
▲松原健二氏
[セガゲームス「スマートフォン向け新作発表会2017」]スマホゲーム新作3タイトルを発表。『D×2 真・女神転生リベレーション』ではARにも新対応
▲岩城農氏

『D×2 真・女神転生リベレーション』メガテンならではの仮想観をARで再現

[セガゲームス「スマートフォン向け新作発表会2017」]スマホゲーム新作3タイトルを発表。『D×2 真・女神転生リベレーション』ではARにも新対応
▲山田理一郎氏

 はじめに登壇したのは『D×2 真・女神転生リベレーション』でチーフプロデューサーをつとめる山田理一郎氏。
 「メガテンの魅力をスマホで再現する」ことをコンセプトに開発を進めており、現在は2〜300人体制でテストプレイとデバッグを行っている段階だと語りました。

 コンソール版との違いでは、特定の主人公視点でストーリーが進むのではなく、召喚士となってモンスターを召喚し、バトルを繰り広げながらストーリーを進めていける点。
 尖ったキャラクターが多く、各々の掛け合いも魅力の一つだと言います。

 会場ではリアルな3DCGで表現された、実機でのバトルデモを披露。
 新たにAR機能や、世界配信についても発表がありました。

 特にAR機能については、東京ゲームショウでVR機能を用いたデモを行ったところ、ユーザーからの評判が非常に良かったことから、実装することが決まったとのこと。
 会場では総合司会をつとめた取締役CSOの岩城農氏と、ARで表示されたモンスターがツーショットを決めるなどのデモも行われました。

 世界配信についても海外ユーザーからの熱い反応が後押しになったとのこと。
 台湾・香港・マカオで事前登録が本日(11月21日)から開始されています。
 岩城氏も「日本版が出る前から海外向けに事前登録を行うのは初めて」と明かしつつ、リリースに向けて、改めて意気込みを示しました。

[セガゲームス「スマートフォン向け新作発表会2017」]スマホゲーム新作3タイトルを発表。『D×2 真・女神転生リベレーション』ではARにも新対応
▲バトルシーンの実機デモ(開発中の画面)
[セガゲームス「スマートフォン向け新作発表会2017」]スマホゲーム新作3タイトルを発表。『D×2 真・女神転生リベレーション』ではARにも新対応
▲ARデモ(開発中の画面)

『ワンダーグラビティ 〜ピノと魔法使い〜』重力使いの少年とピノのコンビが繰り広げる新作RPG

[セガゲームス「スマートフォン向け新作発表会2017」]スマホゲーム新作3タイトルを発表。『D×2 真・女神転生リベレーション』ではARにも新対応
▲金哲硯氏

 続いて登壇したのは、f4samuraiの代表取締役CEOで、『ワンダーグラビティ 〜ピノと魔法使い〜』でプロデューサーを務める金哲硯氏。

 大地も海もなく、ただ広大な空が広がる世界「ウイトラスト」を舞台に、重力使いの少年ヒューゴとピノ(こびと)のニールが世界の底をめざすRPGです。
 <シップ>に乗り込み、世界の底「ウイトラスト」をめざすヒューゴたちの前には、さまざまなデブリ(敵キャラクター)や、世界機関の諜報機動隊などが立ちふさがります。
 デブリと戦うには重力を操る力を持つピノとの共闘が不可欠。
 <シップ>のパイロットをつとめるノンカとピノのティアや、諜報機動隊の隊員レイヤードとピノのイブリックなど、主要キャラクターにはもれなく相棒のピノが登場し、コンビでさまざまな活動を行うようです。

 会場ではバトルシーンを含むPVも公開され、どうやら完全3Dで空間をふわふわ漂いながら、猛スピードで敵に突進し、破壊するという爽快感溢れる内容になる模様。

 続報は12月3日に開催されるf4ファンフェスで公開されるとのことでした。
 このほか金氏は「f4samuraiのタイトルらしく、この世界ならではの新スポーツを題材とした、GvGの要素もあります」と補足しました。
 同社のファンならずとも注目のタイトルになりそうです。

『プロサッカークラブをつくろう!ロード・トゥ・ワールド』日本代表と共に世界に向けてクラブを育て上げる

[セガゲームス「スマートフォン向け新作発表会2017」]スマホゲーム新作3タイトルを発表。『D×2 真・女神転生リベレーション』ではARにも新対応
▲山田理一郎氏

 2018年は4年に1度のサッカー・ワールドカップ・イヤー。
 セガゲームスでもこのビッグウェーブにのるべく、戦略タイトルを発表。
 それが『プロサッカークラブをつくろう!ロード・トゥ・ワールド』です。

 『女神転生』でもプロデューサーをつとめる山田氏がユニホーム姿で再登場し、スマホ向け新作に関する熱い思いを語りました。
 PSPで発売された『サカつく6』『サカつく7』でもプロデューサーをつとめた山田氏。
 セガの入社面接でも「好きなセガサターンのゲーム」という質問に『サカつく』と回答し、初めてのプロデュース作品が『サカつく6』。
 そして今また『ロード・トゥ・ワールド』のプロデュースを行うことになり、感無量だといいます。

 そんな山田氏が本作で提供したいのは「クラブを育てながら世界に挑戦する」という、シリーズ本来の魅力をスマホで手軽に体験できるようにすること。
 シリーズ初の世界同時展開も予定しているといいます。
 「日本代表と共に我々も世界に挑戦していきたい」と抱負が語られました。

『共闘ことばRPG コトダマン』4人でワイワイ、言葉をつくって敵を倒そう

[セガゲームス「スマートフォン向け新作発表会2017」]スマホゲーム新作3タイトルを発表。『D×2 真・女神転生リベレーション』ではARにも新対応
▲中村たいら氏

 最後に登壇したのは『共闘ことばRPG コトダマン』でプロデューサーをつとめる中村たいら氏。

 中村氏は「2015年までのスマホゲームはバトルのゲームメカニクスで勝負したが、2016年以降はIPで勝負している」と分析し、原点回帰をめざしたと切り出しました。

 それが「友達と一緒にわいわい会話をしながら、ことばをつくって敵を攻撃する」という新たな遊びの提案です。

 「カジュアルな見た目やプレイ感覚とは裏腹に、開発に2年以上かかっており、開発費も前作『モンスターギア』の倍くらいかかっている」とあかしました。

 ゲーム画面を見ればわかるように、7マスのブランクを一人1文字ずつ埋めながら、さまざまな言葉を創りあげていくのが主なゲームの流れになります。
 攻撃力を左右するのは「言葉の数」「言葉の長さ」「言葉のジャンル」で、各々のプレイヤーは異なる文字デッキを有しています。
 各々のプレイヤーは自分のスマホで他人の文字を確認できるため、「あいつがこの文字をもっているなら、俺はこの文字を出そう」などと、協力プレイを通して自然とコミュニケーションが生まれるのがミソ。

 会場でも中村氏をはじめ4人によるデモプレイが行われ、大いに盛り上がりました。
 ちなみに、一人でプレイする場合は、一人ですべてのキャラクターを操作し、言葉を創っていくとのこと。
 会場では4人プレイ押しでしたが、1人でも十分に楽しめると補足されました。

[セガゲームス「スマートフォン向け新作発表会2017」]スマホゲーム新作3タイトルを発表。『D×2 真・女神転生リベレーション』ではARにも新対応
▲開発陣によるデモプレイ

『共闘ことばRPG コトダマン』リリース前からコラボが決定する異例の展開

 コラボ展開が行いやすいのも本作の特徴の一つで、すでに「ウルトラマンシリーズ」「新日本プロレスリング」「セガオールスター」のコラボが決定済みとのこと。

 会場では登録単語数が20万語とされましたが、すでに40万語近くに達しつつあるといいます。

 このほか「言霊界」を舞台に神と悪魔が激突する世界観や、700体近くにのぼる「コトダマン」(キャラクター)も魅力の一つ。
 2018年春のリリースにむけて、より完成度を高めていきたいとのことです。

 冒頭「2016年は新作タイトルが少なかったので、発表会は行わなかった。開発中のタイトルがようやくまとまってきたので、久しぶりに発表会ができた」と述べた岩城氏。

 その言葉通り、発表された新作はいずれもユニークなものとなりました。

 発表会終了後は『コトダマン』のメディア向け試遊会も実施。
 すでに「レッドオーシャンを通り越して、スマホゲーム市場はブラックオーシャン」と言われる中、新風を巻き起こしたいという、同社の意気込みが良く伝わってくる発表会でした。

 
ジャンル RPG / 原作もの / 思考・知略 / ファンタジー
リリース日 2018年01月22日 (【スマホ】iPhone(アプリ))
2018年01月22日 (【スマホ】Android(アプリ))
価格 基本プレイ無料
コピーライト (c)SEGA/(c)ATLUS
公式コミュ https://twitter.com/d2megaten
PRサイト https://d2-megaten-l.sega.jp/
 

この記事のカテゴリ

この記事を共有しよう!

D×2 真・女神転生 リベレーション関連記事

 

SEGA CORPORATION 関連記事

 

その他のイベントレポート関連記事

 
『Fate/Grand Order』第2部「Cosmos in the Lostbelt-」第1章が4月より配信開始 『Fate/Grand Order』新たなゲームプロジェクトを発表。『Fate/Grand Order Duel -collection figure-』英霊召喚ボードゲーム [事前登録]『アイドルマスター シャイニーカラーズ』事前登録数41.2万突破記念として最後の“新ユニット”を公開 『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル』スプリングキャンペーン開催。Aqoursファンミーティングツアー千葉公演開催記念キャンペーンも開催 【週刊ジーパラが批評285】「ヤフオク!」でもようやくRMT関連の出品が禁止に! そしてスマホゲームはデータ連動PC版が次々にリリース中!? 『クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ』5周年。声優・水樹奈々さんとタイアップ特別イベントプロジェクトスタート [事前登録]スマホ向けブラウザゲーム『ドラゴンボールZ ブッチギリマッチ』、TVCMの公開 [事前登録]4対4のチーム対戦が楽しめる『ONE PIECE バウンティラッシュ』 最新TVCM公開中 『SINoALICE』(シノアリス)、スノウホワイトの新ジョブが登場する「錬鉄ノ矢雨ガチャ」を開始 なんか話題になってるっぽい、男顔なのか女顔なのか診断してくれて似てる有名人を検索してくれる「pictriev, 顔検索エンジン」で遊んでみる