グリー×住友商事×イレーション3社による日本アニメを用いた海外向けゲーム化と共同パブリッシング事業。第1弾は『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 〜メモリア・フレーゼ〜』

記事カテゴリ: iPhone Android
2017年08月25日

 住友商事とEllation,Inc.(米国、以下「イレーション」)とグリーの3社は本日(8月25日)、北米を中心とした海外において日本アニメのゲーム化および共同パブリッシングを行うことについて基本合意しました。

 現在、住友商事はイレーションと協力し、日本コンテンツの配信サービスCrunchyroll(以下「クランチロール」)で、日本アニメの海外販売を行っています。
 今回の取り組みは、クランチロールの動画配信プラットフォームを起点として関連ビネスの拡大を図ったもの。その対象がゲームになったということです。

 第1弾タイトルは現在iOS/Android端末向けに配信中のスマホゲーム『ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 〜メモリア・フレーゼ〜(ダンメモ)』。
 『ダンメモ』の海外配信は、グリーが版権の管理・ゲームの企画・開発・運営、イレーションと住友商事がゲームの配信・プロモーション・ローカライズサポートという役割で行われます。

 ちなみに、イレーションは、日本のコンテンツをグローバルに配信するプラットフォーム事業「クランチロール」を展開する会社。
 日本で放映直後のアニメや人気ドラマの動画、発刊直後の漫画などをゲーム機器やモバイル機器を通じて配信しています。
 米国を中心に約2000万人のユーザーに向けて多言語で動画を配信し、自社のオンラインストアでは関連グッズの販売も行っています。

 
ジャンル RPG / / 原作もの / 美少女 / ファンタジー / 声優
リリース日 2017年06月19日 (【スマホ】iPhone(アプリ))
2017年06月19日 (【スマホ】Android(アプリ))
価格 基本プレイ無料
コピーライト (c) 大森藤ノ・SBクリエイティブ/ソード・オラトリア製作委員会 (c) Wright Flyer Studios
公式コミュ https://twitter.com/danmachimemoria
PRサイト http://danmemo.com/r/pr.html
 

この記事のカテゴリ

この記事を共有しよう!

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか~メモリア・フレーゼ~関連記事

 

Wright Flyer Studios 関連記事

 

その他のニュース関連記事

 
『Fate/Grand Order』第2部「Cosmos in the Lostbelt-」第1章が4月より配信開始 『Fate/Grand Order』新たなゲームプロジェクトを発表。『Fate/Grand Order Duel -collection figure-』英霊召喚ボードゲーム [事前登録]『アイドルマスター シャイニーカラーズ』事前登録数41.2万突破記念として最後の“新ユニット”を公開 『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル』スプリングキャンペーン開催。Aqoursファンミーティングツアー千葉公演開催記念キャンペーンも開催 【週刊ジーパラが批評285】「ヤフオク!」でもようやくRMT関連の出品が禁止に! そしてスマホゲームはデータ連動PC版が次々にリリース中!? 『クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ』5周年。声優・水樹奈々さんとタイアップ特別イベントプロジェクトスタート [事前登録]スマホ向けブラウザゲーム『ドラゴンボールZ ブッチギリマッチ』、TVCMの公開 [事前登録]4対4のチーム対戦が楽しめる『ONE PIECE バウンティラッシュ』 最新TVCM公開中 『SINoALICE』(シノアリス)、スノウホワイトの新ジョブが登場する「錬鉄ノ矢雨ガチャ」を開始 なんか話題になってるっぽい、男顔なのか女顔なのか診断してくれて似てる有名人を検索してくれる「pictriev, 顔検索エンジン」で遊んでみる