[福島GameJam 2017]東日本大震災より続けられている30時間のゲーム開発イベントいよいよ開幕

記事カテゴリ:
あっぽすぎ
2017年08月19日

 NPO法人IGDA日本が主催の「福島GameJam」が本日(8月19日)よりスタートしした。
  東日本大震災が起こった2011年より、IT/ICT産業が地理的な制約を受けることがない点に着目し、東北地域と他地域との広域連携を、より国際的かつ密にすることで国境を越えた産業連携により復興に寄与することを目的とした「福島GameJam」。

 国内の連携会場(12会場)、海外(2カ国・地域/3会場)の全16会場で連携して開催されている。またイベント模様は、Twitchで生配信中だ。

もっと大きな枠組みで「福島ゲームジャム」をひとつのモデルケースとして続けたい

 NPO法人国際ゲーム開発者協会日本(IGDA日本)で、「福島ゲームジャム」のプロジェクトリーダーを務める中林寿文氏(サイバーズ 代表取締役社長)に話を伺った。
 今回久しぶりにメイン会場を南相馬市に移し、「福島ゲームジャム 2017」が開催されている。
 7回目を迎え、「福島ゲームジャム」がどのようなイベントになっているのか。「福島ゲームジャム」の“今”を伺った。
 
□ジーパラ:
 今回、南相馬市にメイン会場を移されましたが、どのような経緯で


■中林氏:
 ここ数回は学校の協力を得て福島郡山市で会場をお借りしていましたが、今回は懇親会等で使われる福島県南相馬市原町区のホテルのいちスペースをお借りして実施しています。

 もともとは、被災地域の沿岸部の視察も兼ねていたため、南相馬市で開催していましたが、諸事情でここ数年福島県郡山市をメイン会場としてイベントを実施してきました。
 今年は運良く地元の方と良い繋がりを持て、南相馬市にメイン会場を移すことができました。

 今朝ほどは、福島第一原発を遠目に見られる浪江を視察。
 初年度、車が波にさらわれたままになっていたり、橋が壊れたままの状態にあるということはありませんでした。スーパー堤防が構築されるなど、地域の整地は進められている現状を確認できました。
 また会場に向かう途中小高地区も視察できましたが、まだ復興しているとは言えない状況にあることも知りました。

 また、今回あまり政に影響されない地元の方がそれぞれの被災地域の状況を説明くださり、これまで以上に、普段着の声、地元に住んでいる方がどのような思いを感じているのかを知ることができたのも、南相馬市をメイン会場にできたからだと思います。非常に大きいですね。


□ジーパラ:5回目開催時のインタビューでは「経験した人が地元で活躍するにはまだ時間がかかる」というお話でしたが、あれから2年。何か変化はありましたでしょうか。

■中林氏:
 今回は、スポンサー様の協力による東京よりマイクロバスをチャーターでき、多くのプロの方が本会場に参加くださっています。
 メイン会場には、地元の学生、そして東京から学生が参加。
 プロは参加メンバーの3割ぐらいでしょうか。
 これにより、これまで以上に開発における、学生やアマのみなさんとのノウハウ共有がスームーズに行きそうです。
 これらの経験を得た学生たちの3年後、5年後が楽しみです。

 さらに今回、7回目を迎え、新しいスポンサー様が参加くださるなど、継続的にこのようなイベントを実施することで、さまざまな箇所に浸透していることを実感しています。

 また、これまで、主催者側がこのイベントがあることを発信してきましたが、多くの参加者がこのイベントのハッシュタグ「#fgj2017」で発言してくれていて、Twitterのトレンドワードになるなど新しい変化も生まれています。

 「福島ゲームジャム 2017」では、熊本会場も新しく新設されています。
 熊本も地震で大きな被害を受けた県です。
 特定地域だけでなく、もっと大きな枠組みで、我々はこのイベントをひとつのモデルケースとして続けらればと思っています。

■福島ゲームジャム 2017の模様はこちら

igda_japanのライブビデオをwww.twitch.tvから視聴する

■福島GameJam関連コンテンツ
・「福島ゲームジャム 2015」経験した人が地元で活躍するにはまだ時間がかかる
http://www.gpara.com/infos/view/25976

・「福島Game Jam」人材育成にまでテーマを広げ、より大きな達成感を
http://www.gpara.com/article/cms_show.php?c_id=32350&c_num=42

福島GameJam 2017 開催概要

 IGDA日本は本イベントを通して以下を行います。

(1)子供向けワークショップ、事前セミナー等の開催による東日本大震災の被災地域である東北地域の産業復興に向けた人材育成
(2)インターネット番組の制作と配信による被災地域の今を伝えること
(3)人的交流等による東北ITクラスターの礎とする

※GameJamとは会場に集まった参加者が少人数のプロ・アマ混合即席チームを構成し、短時間でゲームを完成させるイベントです。この経験を通し、アマチュアの開発者はプロの開発に直接参加でき、言語化が難しい暗黙知を効果的に体得するとともに、ゲームを作る楽しさを共有します。

 また、東京から南相馬メイン会場へ参加する方は、都内発着のバスにより向かい、被災地沿岸部の視察を実施の上、ゲームジャムに望みます。


▽「福島GameJam 2017」公式サイト
http://fgj.igda.jp/

日程:
2017年8月19日(土曜)~20日(日曜)

開催・配信スケジュール

□8月19日(金曜)深夜
 24時 浜通り南相馬(メイン)会場・東京参加者 都内集合・バス出発

□8月19日(土曜)
早朝:
 東京参加者 南相馬市到着〜被災地視察出発
7:30:
 東北参加者 郡山駅近辺集合・バス出発
8:00:
 南相馬会場・東京/東北参加者 会場到着。
 東北参加者・参加者 会場到着。
10:00:
 開会式(メイン・連携サテライト会場)・
 チーム分け、テーマ発表、インターネット通じた世界中継番組を開始。
 各チーム制作開始。
12:00:
 企画発表(チリ)
14:00:
 企画発表(全会場)
21:30:
 作品αバージョン発表

□8月20日(日曜)
2:00:
 会場連携ディスカッション(英語)
7:30:
 作品βバージョン発表
12:00:
 会場連携ディスカッション(日本語)
16:00:
 制作終了(スタートから30時間)
 完成作品プレゼンテーション・閉会式インターネット配信開始
18:00:閉会
 東京参加者、東北参加者 帰路出発(出発地にて解散)
※開催期間中は随時Twitchにてネット配信を実施します。

主催:
特定非営利活動法人 国際ゲーム開発者協会日本(NPO法人 IGDA日本)
http://igda.jp/

共催:
国際ゲーム開発者協会東北 (任意団体 IGDA東北)
http://www.igda-tohoku.org/

協賛:
サイバーズ株式会社
http://www.cyberz.co.jp/
マッチロック株式会社
http://www.matchlock.co.jp/
OPTPiX SpriteStudio
http://www.webtech.co.jp/
株式会社サイバード
http://www.cybird.co.jp/
A&D 国際アート&デザイン大学校
http://www.art-design.ac.jp
WiZ専門学校 国際情報工科大学校
http://www.wiz.ac.jp/
ステーションプラザホテル
http://www.fukushimaryokan.com/dpunf/sousou/haramachi/stationplazahotel/a4/
PlayCanvas
https://playcanvas.com/
ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社
http://japan.unity3d.com/
Twitch
http://www.twitch.tv/
株式会社ディー・エヌ・エー
http://dena.com/

機材協力:
株式会社サードウェーブデジノス
http://www.diginnos.co.jp/

メイン会場: ステーションプラザホテル (福島県南相馬市原町区錦町1丁目128?1)
サテライト(連携開催)会場: (国内: 12ヶ所, 海外: 2ヶ国・地域 3ヶ所)

国内:
 宮城・仙台、東京・HAL東京、東京・武蔵野市ぴこす、東京・I/O電子工作、東京・ビサイド、東京・東京工科大学、神奈川・湘北短期大学、愛知・名古屋、岡山・岡山市、愛媛・松山市、広島・広島市、熊本・熊本市、沖縄県

海外:
 台湾・台北、台湾・高雄、チリ

 

この記事を共有しよう!

この記事を書いた人

あっぽすぎ

 
温和な顔をして大概何かに怒っています。
部屋が暑い。食事が出てこない。無理矢理起す。イタズラされる。……あ!これウチのチビ(リクガメ)のことだった!
今一番気になっているのは、いまさら…いや!あらためて電子書籍。端末が変わればもっと売れると思うんだけどな~。
[コラボ]『ウチの姫さまがいちばんカワイイ』がテレビアニメ「Re:ゼロから始める異世界生活」とのコラボレーションイベントを開催 『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』クリスマスイベントを実施予定。マミさんとおしゃべりできる特設サイトと特別CMを公開 『きららファンタジア』配信開始。蒼樹うめ、黒田bbなど「まんがタイムきらら」人気キャラクターが多数登場するRPG 2018年1月下旬に配信開始予定の新作スマホゲーム『けものフレンズぱびりおん』Twitterフォロー&リツイートキャンペーン開始 [事前登録]『千銃士』豊永利行 、岡本信彦らが演じる、新たなガスマスクの「現代銃」キャラクターと、「現代銃」のガスマスクが破損するゲームシステムを公開 『幻獣契約クリプトラクト』フルボイスストーリーの難関クエスト「追憶の深海」配信開始。プロメテウス(津田健次郎)パンドラ(丹下桜)登場 『Fate/Grand Order』イベント「FGO冬祭り 2017-2018 ~冬のファラオ大感謝祭~」のメインビジュアル、展示内容公開 『Fate/Grand Order』奈須きのこの完全オリジナルストーリーが体験できる期間限定イベント「冥界のメリークリスマス」12月15日より 『Fate/Grand Order』奈須きのこがシナリオを執筆したクリスマスイベント「冥界のメリークリスマス」開催。新サーヴァント「エレシュキガル」が参加 [事前登録]『BitHunters』現実の世界がそのまま冒険の世界になる位置情報ゲーム