【週刊ジーパラが批評261】PS4/Switch『DQビルダーズ2』発表! これからの夏イベント系ニュースも多かった8月1週を振り返る

記事カテゴリ: iPhone Android PS4
2017年08月07日

 8月に入り、第1週は新作スマホゲームの事前登録や既存ゲームの夏イベント情報など、さまざまなニュースが入り乱れた感じです。

 そんな週の週末、2017年8月5日(土)、6日(日)には、東京ビッグサイトにてスクウェア・エニックスの『ドラゴンクエスト』シリーズの祭典、「ドラゴンクエスト夏祭り2017」が開催されました。発売されたばかりのニンテンドー3DS/PS4用ソフト『ドラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて』(DQ XI)やWii U、Windows、PS4、Nintendo Switch、ニンテンドー3DSなどでプレイ可能な『ドラゴンクエストX オンライン』(DQ X)を中心に、シリーズ作品が一堂に会するイベントとなりました。

 ステージではシリーズに関するさまざまな情報が公開され、まずは、『ドラゴンクエストX 5000年の旅路 遥かなる故郷へ オンライン』(通称、DQ X バージョン4)の発売日が2017年11月16日(木)と発表されました。同作品では、9月6日(水)には5周年記念イベントとして期間限定イベント「大魔王ゾーマへの挑戦」も実施されます。

 そして人気の高いクラフト系ゲーム『ドラゴンクエストビルダーズ2』がついに発表。対応機種はPS4とNintendo Switchで発売日などはまだ未定とのこと。ブロックの高さは前作の3倍、水の中を移動可能、滝が作れる、高所から滑空が可能、そして旅の仲間に少年シドーという謎のキャラなどなど、各所が大幅にパワーアップしており、期待の作品と言えそうです。

 また、PS4/PS Vita用ソフト『いただきストリート DQ&FF 30th ANNIVERSARY』の発売日が2017年10月19日(木)に決定。『ドラゴンクエストX』から冥王ネルゲル(CV:近藤隆)、勇者姫アンルシア(CV:早見沙織)の参戦も公開されました。ステージ上では『DQX』のコアプレイヤーでもある冥王ネルゲル役の近藤氏を迎え、ネルゲルのセリフを生披露しながらの実機デモプレイが行われました。

 そして、シリーズ初のスマホ向けカードバトルゲーム『ドラゴンクエスト ライバルズ』はβテスト以来のお披露目が。現在はβテストで収集された意見をもとにブラッシュアップ中とのことで、すでに効果が変更されたカードもチラリと公開に。気になるリリース日は2017年秋とのことで、それまでは『いたスト DQ&FF 30th』や『DQ X バージョン4』などで遊んで待っていてほしいとのこと。なお、スマホ版に続いてPC版のリリースが予定されていることも発表されました。

 さらに、『DQ XI』のステージでは、エンディング後にとある“ふっかつのじゅもん”が表示され、それを入力することで『ドラゴンクエスト』(I)が無料で遊べるという隠し要素が公開になりました。さらに、2017年8月10日(木)からは有料のダウンロード版『ドラゴンクエスト』『ドラゴンクエストII 悪霊の神々』が、8月末には『ドラゴンクエストIII そして伝説へ…』が配信開始されるとの発表も。価格は順に600円、850円、1500円とのこと。対応機種は『DQ XI』と同じPS4、ニンテンドー3DS。

 『DQ XI』を遊んで過去作が遊びたくなってしまった人向けに、なかなかいい戦略かもしれませんね(笑)。

 一方、PS4版『DQ XI』を遊んでいる人には、「あすとるていあにたびだとう」というふっかつのじゅもんの入力で、発売前のPS4版『ドラゴンクエストX オンライン』が体験できるという発表も。βテストが実施中の同作品ですが、このふっかつのじゅもん入力ならβテスト参加権の有無に関わらず誰でもプレイが可能だそうです。

 というわけで、2日間の大ボリュームで開催されただけはある夏祭り。最新作が発売されてもまだまだシリーズ作品を遊べそうな勢いです。

 ということで、先週のニュースを振り返ってみましょう。イベントつながりということで、まずはこの先のゲーム関連イベントのニュースを。

『モンスト』『ポケモンGO』『シャドバ』『ファンキル』などの各種イベントずらり

 ミクシィXFLAGスタジオのiOS/Android端末用スマホゲーム『モンスターストライク』では、「ナツの極み。」キャンペーンと題して、ゲーム内外でさまざまなイベントが順次開催中です。2017年8月8日(火)〜15日(火)の期間限定で、全国の海水浴場やプールなど(詳しくは記事から特設サイトをご覧ください)で「ナツ玉」が獲得可能になるという、ちょっと珍しい内容も。スマホゲームでは海水浴場やリゾート施設でのコラボイベントはあまり見かけないのですが、幅広いプレイヤーに支えられている『モンスト』はやはり他の追随を許さない雰囲気をかもしていますね(笑)。

 そして、先週もチラッとお伝えしましたが、ポケモンのiOS/Android端末用スマホゲーム『Pokemon GO』では、2017年8月9日(水)〜15日(火)まで、横浜みなとみらいエリアで街型イベント「ピカチュウだけじゃない ピカチュウ大量発生チュウ!」を開催します。「伝説のポケモン」の登場で人気が再燃している本作ですが、このイベントでさらにその勢いが加速するかもしれませんね。

 2017年8月12日(土)からはCyberZによる「RAGE Shadowverse Wonderland Dreams」の予選大会がスタート。9月18日(月・祝)の「GRAND FINALS」に進出する8名が決定されます。予選大会会場ではサイドイベントとして賞金や賞品が用意された大会も実施されるそうですので、『SHADOWVERSE』に自信のある人は挑戦してみてはいかがでしょうか。

 Fuji&gumi GamesのiOS/Android端末用スマホゲーム『ファントム オブ キル』では、2017年8月19日(土)、20日(日)の2日間、「ファンキル夏祭り Phantom of Festival 2017」が秋葉原のアキバスクエアにて開催されます。こちらは先日アップデートが行われた海上編の世界観をVRで体験できるようになっているとのこと。ふだん遊んでいるゲームとはまた違った雰囲気を堪能できそうですね。

 また、イベントとはちょっと違いますが、AimingのiOS/Android端末用スマホゲーム『CARAVAN STORIES』ではpixivと共同でゲーム内のキャラクターのイラストコンテストを開催。応募期間は2017年8月4日(金)〜9月10日(日)。最優秀賞に輝いた1名の作品には賞金50万円が与えられるほか、デザインしたキャラクターがゲームリリース後に実際にゲーム内キャラクターとして実装されるとのこと。今週末に開催されるコミックマーケット後の予定が空いている絵師の方はちょうどいいチャンスかもしれませんね(笑)。

 夏休みなどに合わせたイベント情報は今後も随時発表されると思いますので、今週も各種ニュースには注目しておきたいところです。

新作スマホゲーム『100デナリ』『StraStella』『歌マクロス』

 さて、先週リリースが開始された作品としては、TROOOZE,INC.のiOS/Android端末用スマホゲーム『100デナリ -百枚の銀貨 REDDEN-』などが挙げられます。数々の賞を獲得してきた海外製のインディーゲーム。道具(武器)の視点で進行する作品で、グラフィックはモノトーン調と、他のスマホゲームとは一線を画しています。珍しいもの好きならチェックしてみてはどうでしょうか。

 また、2017年8月3日(木)にはネクソンのiOS/Android端末用スマホゲーム『StraStella』(ストラステラ)が配信開始。宇宙、ロボット、美少女、をキーワードにしたターン制のシミュレーションRPGです。

 同じく8月3日(木)にはディー・エヌ・エーのiOS/Android端末用スマホゲーム『歌マクロス スマホDeカルチャー』がいよいよ配信スタート。『超時空要塞マクロス』から最新作『マクロスΔ』までのさまざまな楽曲が楽しめるリズムアクションゲーム……もとい、超時空リズムゲームだそうです(笑)。歴代歌姫たちを3Dモデルで再現しているのも気になるところですね。リズムアクションゲーム戦国時代とでもいうべき昨今ですが、はたしてどのような展開を見せてくれるのか、楽しみでもあります。

 アプリポットからは、iOS/Android端末用スマホゲーム『グリモア〜私立グリモワール学園〜』において、VR Agentと共同で、2017年8月4日(金)より、AR(拡張現実)アプリ『グリモアAR』をリリース。

 こちらは『グリモア』のミニキャラたちが部屋の中を動き回る「ミニモア」となって登場するARアプリ。スマホゲームにおけるスピンオフアプリという感じでしょうか。ニンテンドー3DS発売時に一瞬流行したARですが、先週もお伝えしたように、ここ最近のVRブームに乗って再び流行の兆しを見せている感じですね。

事前登録の受付がスタートした『めしクエ』『蒼焔の艦隊』『キルドヤ』

 さて、最後に、今回は事前登録が行われているスマホゲームの中から気になったニュースをいくつか。

 スクウェア・エニックスの新作スマホゲーム『めしクエ めざせ神対応!グルメアクションゲーム』。ゲーム内容を見るとミニゲームっぽい感じではあるのですが、「食べログ」とのコラボゲームということで、各種クーポンが用意されているというのが強み。クーポンのためにゲームをクリアするといった、一風変わった目的でのプレイもアリなのでしょうか……。とはいえ、クーポン目的ならゲームはむしろ邪魔な気もしますし、ゲーム目的なら別にクーポンはどうでもいいという人もいそうですよね……?

 一方、かなり硬派に見える海戦ゲームは、リベル・エンタテインメントのiOS/Android端末向けスマホゲーム『蒼焔の艦隊』。豪華声優、美麗OPムービーはともかくとして、実際どんなゲームなのか、いまいちピンとこない感じではありますが、日本の艦船をモチーフにしており、すでに人気のある世界を舞台にした某有名海戦ゲームとか、人気の続く擬人化ゲームとの差別化なども気になるところかもしれません。

 そういえば、DMM GAMESからは意識高い系ワードを擬人化したRPG『キルドヤ』スマホ版の公式サイトがオープン。ネタ感満載、ツッコミどころ満載の内容ですが、言葉さえも擬人化させてしまうDMM GAMESはさすがとしか言いようがない感じですね(笑)。まだ発表されていないキャラもかなり多そうで、どんなワードが擬人化して実装されるのか、怖いような気になるような……(苦笑)。ネタ好きな人はチェックしてみてはいかがでしょうか。

 そんなわけで、ジーパラドットコムでは今週もゲーム情報を中心にさまざまなニュースをお届けしていく予定です。以下のメディアなどでも情報を発信していますので、用途に応じてご利用いただければと思います。

 

この記事のカテゴリ

この記事を共有しよう!

『Fate/Grand Order』新章「Epic of Remnant」の3つ目の物語となる「亜種特異点III 屍山血河舞台 下総国 英霊剣豪七番勝負」配信開始 『パズル&ドラゴンズ』モンスターがより強力になるパワーアップ「レベル限界突破」など実装するアップデートを2017年10月19日(木)に実施決定 [事前登録]国造りRPG『Ragnarok~ヴァルハラサーガ~』、事前登録開始。武内駿輔さん、田村ゆかりさん、杉田智和さん、日笠陽子さん、内田真礼さん、加藤英美里さん、花江夏樹さん等が参加 『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル』絢瀬絵里誕生日限定キャンペーンを実施 【週刊ジーパラが批評268】またもオッサンホイホイ? 『グラブル』×「CCさくら」コラボが話題に 『バンドリ! ガールズバンドパーティ!』過去のイベントストーリーを振り返ることができる「思い出のストーリー」機能を追加 【マイクラPE】0から始める『マインクラフト』第8回:牛やニワトリをお世話する「牧場」を作ってみよう! 『遊戯王 デュエルリンクス』「混沌の黒魔術師」が登場する第7弾ミニBOX「サーヴァント・オブ・キングス」提供開始 『ファントム オブ キル』3周年記念ファンミーティング特設サイトがオープン。販売グッズの詳細なども明らかに 【アプリランキング】Android:ゲーム-人気無料で『アズールレーン』が首位獲得