[CEDEC 2017]CEDEC 2017基調講演が決定。「ソードアート・オンライン」の作者、川原礫氏を迎え、バンダイナムコエンターテインメントの原田勝弘氏、二見鷹介氏と対談

記事カテゴリ:
2017年07月20日

 2017年8月30日(水)からパシフィコ横浜で開催される日本最大のコンピュータエンターテインメント開発者向けのカンファレンス「コンピュータエンターテインメントデベロッパーズカンファレンス2017(CEDEC)」。
 本日(7月20日)、基調講演の講演者および講演テーマが発表されました。

 会期初日となる8月20日に基調講演は、「ソードアート・オンライン」の作者、川原礫氏を迎え、バンダイナムコエンターテインメントの原田勝弘氏、二見鷹介氏と対談。
 「ソードアート・オンラインという世界(仮)」と題し、オンライン小説からゲーム、テレビアニメ、映画などへのメディアミックス展開にまつわることや、VRやAIなどの最新技術がどのようなMMORPGを実現するか、その可能性に触れるようです。

 また最終日9月1日(金)には、『Pokémon GO』プロジェクトの立ち上げと開発を手掛けたNiantic,Inc.の川島優志氏、野村達雄氏が登壇。
 「GO OUTSIDE! Adventures on foot」というタイトルで、Nianticの考えるARについて紹介。
 さらに、海外を活動の舞台とした働き方についての話まで及ぶようです。

CEDEC 2017 基調講演

CEDEC 2017 テーマ:Breakthrough to Excellence!
会期:2017年8月30日(水)~9月1日(金)
会場:パシフィコ横浜(横浜市・みなとみらい)

※講演テーマおよび概要、講演者略歴(登壇順・略歴は敬称略)
※講演テーマ・内容は変更になる場合がございます。最新情報はCEDEC公式ウェブサイトでご確認下さい。


▽CEDEC 2017基調講演
http://cedec.cesa.or.jp/2017/session/KN/

▽CEDEC 2017公式サイト
http://cedec.cesa.or.jp/

ソードアート・オンラインという世界(仮)

 オンライン小説からゲーム、テレビアニメ、映画などへのメディアミックス展開、MMORPG の世界やVR、AIなど最新技術の話題も交えて、ソードアート・オンラインの作者、川原 礫氏が株式会社バンダイナムコエンターテインメントの原田勝弘氏、二見鷹介氏と対談。

・8月30日(水)9:45~11:05

<講師>
●川原 礫(かわはら れき)

[プロフィール]
 第15回電撃小説大賞《大賞》受賞。2009年2月、受賞作「アクセル・ワールド」にて電撃文庫デビュー。別名義にてオンライン小説も自身のホームページにて発表、その作品「ソードアート・オンライン」を2009年4月より電撃文庫から刊行開始。2012年には、両作品がアスキー・メディアワークス創立20周年記念作品としてTVアニメ化。また、2014年6月からは新作「絶対ナル孤独者《アイソレータ》」を刊行。デビューから8年で著作は40冊以上におよぶ電撃文庫の人気作家。

●原田 勝弘(はらだ かつひろ)
株式会社バンダイナムコエンターテインメント
Worldwide Planning & Development Unit 部長
ゲームディレクター/チーフプロデューサー

[プロフィール]
 早稲田大学卒。鉄拳やソウルキャリバーなどのアクションゲーム系のプロジェクトに20年以上携わり、近年はポッ拳などコラボゲームや、サマーレッスンなどVRの研究にも携わる。旧ナムコのゲームエンジンの基礎となっているアニメーション制御システムスクリプトの構築から、ゲーム企画やプロデュース、営業から広報的活動、コミュニティマネージメント、海外マーケティングまで経験業務は多岐に渡る。

●二見 鷹介(ふたみ ようすけ)
株式会社バンダイナムコエンターテインメント
CS事業部 プロダクションディビジョン プロデューサー

[プロフィール]
 『ソードアート・オンライン』ゲームシリーズプロジェクトを始め、ハイターゲットアニメのゲーム化のプロデュースを多く携わる。

[CEDEC 2017]CEDEC 2017基調講演が決定。「ソードアート・オンライン」の作者、川原礫氏を迎え、バンダイナムコエンターテインメントの原田勝弘氏、二見鷹介氏と対談 ▲川原礫氏
[CEDEC 2017]CEDEC 2017基調講演が決定。「ソードアート・オンライン」の作者、川原礫氏を迎え、バンダイナムコエンターテインメントの原田勝弘氏、二見鷹介氏と対談 ▲原田勝弘氏
[CEDEC 2017]CEDEC 2017基調講演が決定。「ソードアート・オンライン」の作者、川原礫氏を迎え、バンダイナムコエンターテインメントの原田勝弘氏、二見鷹介氏と対談 ▲二見鷹介氏

"GO OUTSIDE! Adventures on foot"

 「Adventures on foot (自分の足で歩いて冒険する)」というNianticのミッションは、どうして受け入れられたのか。「Ingress」や「Pokémon GO」の事例やデータ、歴史や舞台裏に触れながら、何が新しかったのか、世界中でどんな変化が起きたのか、Googleから独立した時何が起こったのか、日米がどう協力したのか、Nianticの考えるARとはなんなのか、そしてこれからのこと、また、外国で働くことに関してなどを、"GO OUTSIDE!" というキーワードを通して講演。

・9月1日(金)9:45~11:05

<講師>
●川島 優志(かわしま まさし)
Niantic, Inc. Director of Asia Pacific operations

[プロフィール]
 1976年横浜生まれ。早稲田大学第一文学部中退後、2000年に渡米、ロサンゼルスで起業。デザインプロダクション勤務を経て、2007年にGoogleにウェブマスターとして入社。UI デザインやウェブサイト構築を手がけ、2008 年アメリカ人以外では世界で初めてGoogleホリデーロゴ(Doodle)をデザインし、以降多数のロゴをデザイン。2009年よりアジア太平洋地域のウェブチームを統括。2011年よりアメリカGoogle本社にて、ウェブチームのコンシューマープロダクト部門を統括。2013 年Google社内スタートアップのNiantic LabsにUX/Visual Artistとして移籍。拡張現実ゲーム『Ingress』のデザイン、『Pokémon GO』プロジェクトの立ち上げなどを手がける。2015年、Googleからのスピンアウトに伴い、Niantic, Inc. Director of operations, Asia (アジア統括本部長)に就任。現在はエグゼクティブ・プロデューサーも兼任。シリコンバレー在住。

●野村 達雄(のむら たつお)
Niantic, Inc.

[プロフィール]
 東京工業大学大学院卒業。2011年にソフトウェアエンジニアとして Google Japan に入社、Google マップの開発に携わる。2013年に米国Google本社に移籍し、『Pokémon GO』のきっかけとなったエイプリルフール企画「ポケモンチャレンジ」などを手がける。その後、『Ingress』の開発を行う Niantic Labs(現 Niantic, Inc.)に移籍し、ゲームディレクターとして「Pokémon GO」の開発を指揮。

[CEDEC 2017]CEDEC 2017基調講演が決定。「ソードアート・オンライン」の作者、川原礫氏を迎え、バンダイナムコエンターテインメントの原田勝弘氏、二見鷹介氏と対談 ▲川島優志氏
[CEDEC 2017]CEDEC 2017基調講演が決定。「ソードアート・オンライン」の作者、川原礫氏を迎え、バンダイナムコエンターテインメントの原田勝弘氏、二見鷹介氏と対談 ▲野村達雄氏

 

この記事のカテゴリ

この記事を共有しよう!

[コラボ]『ウチの姫さまがいちばんカワイイ』がテレビアニメ「Re:ゼロから始める異世界生活」とのコラボレーションイベントを開催 『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』クリスマスイベントを実施予定。マミさんとおしゃべりできる特設サイトと特別CMを公開 『きららファンタジア』配信開始。蒼樹うめ、黒田bbなど「まんがタイムきらら」人気キャラクターが多数登場するRPG 2018年1月下旬に配信開始予定の新作スマホゲーム『けものフレンズぱびりおん』Twitterフォロー&リツイートキャンペーン開始 [事前登録]『千銃士』豊永利行 、岡本信彦らが演じる、新たなガスマスクの「現代銃」キャラクターと、「現代銃」のガスマスクが破損するゲームシステムを公開 『幻獣契約クリプトラクト』フルボイスストーリーの難関クエスト「追憶の深海」配信開始。プロメテウス(津田健次郎)パンドラ(丹下桜)登場 『Fate/Grand Order』イベント「FGO冬祭り 2017-2018 ~冬のファラオ大感謝祭~」のメインビジュアル、展示内容公開 『Fate/Grand Order』奈須きのこの完全オリジナルストーリーが体験できる期間限定イベント「冥界のメリークリスマス」12月15日より 『Fate/Grand Order』奈須きのこがシナリオを執筆したクリスマスイベント「冥界のメリークリスマス」開催。新サーヴァント「エレシュキガル」が参加 [事前登録]『BitHunters』現実の世界がそのまま冒険の世界になる位置情報ゲーム