「2.5D」のアニメ表現による『ドラゴンボール』シリーズの格闘ゲーム『ドラゴンボール ファイターズ』2018年ワールドワイドで発売決定

記事カテゴリ: PS4 Xbox One PCゲーム
2017年06月12日

 バンダイナムコエンターテインメントは、「2.5D」の新たなアニメ表現による、PlayStation4/Xbox One/Steam向けアクションゲーム『ドラゴンボール ファイターズ』を2018年初頭に発売します。
 家庭用ゲーム『ドラゴンボール』シリーズの最新作である本作は、『ドラゴンボール』の本格的な格闘ゲームとして、ワールドワイドで展開されます。

 本作は、従来の『ドラゴンボール』シリーズとは一線を画す、バトルに特化した格闘ゲームです。開発は、国内外で高く評価される2D対戦格闘ゲームを多数手掛けるアークシステムワークスが担当し、ワールドワイドで親しまれているアニメ版『ドラゴンボール』の表現を、ゲーム内で徹底的に追及。アニメーションを自ら動かしているかのようなバトル体験で、『ドラゴンボール』の世界観が楽しめます。

 バトルは3対3のチーム戦を採用しており、キャラクター同士の相性を見極め、チームの編成を行うといった戦略的な駆け引きを楽しめます。さらに、『ドラゴンボール』ならではの超高速バトルや、必殺技を放つといったバトル演出の醍醐味がふんだんに盛り込まれているとのことです。

プロデューサー 広木朋子のコメント

 本作は2Dのアニメ表現と3Dの立体表現を融合した2.5Dバトルになっています。近年3Dの空間を動き回る『ドラゴンボール』ゲームが多かった中で、あえて「2.5D」を選んだのは、それでしかできない表現があったからです。
 一見するとまるで2Dのアニメのように見えるものの、3Dで作っているからこそカメラが様々な角度で動かせるため表現の幅が広がり、2Dだけでも3Dだけでもできない独自の演出を沢山取り入れることができました。
 きっとプレイヤーのみなさんには、自分がリアルタイムにアニメを動かしているような感覚で、『ドラゴンボール』のバトルを体験いただけると思います。
是非この作品でしか体験できないドラゴンボールバトルにご期待ください。

■『ドラゴンボール ファイターズ』
対応OS:PlayStation(R)4/ Xbox One/Steam(海外のみ)
ジャンル:ドラゴンボールファイティング
メーカー名:バンダイナムコエンターテインメント
リリース日:2018年初頭予定
プレイ料金:未定



▽『ドラゴンボール ファイターズ』公式サイト
http://dba.bn-ent.net/

(C)バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション
(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

 

この記事のカテゴリ

この記事を共有しよう!

【週刊ジーパラが批評280】『パズドラ』や『モンスト』のガチャに個別の排出確率が表示!? 任天堂は新機軸の遊び「Nintendo Labo」を発表! 『Fate/Grand Order』初の節分イベント「節分酒宴絵巻 鬼楽百重塔」を開催。坂田金時(バーサーカー)のバトルモーションと宝具演出をリニューアル 『マギアレコード 魔法少女まどか☆マギカ外伝』「美樹さやかガチャ」スタート。これを記念した駅広告も展開 島田フミカネがキャラデザインを手掛ける武装カスタマイズアクション『アリス・ギア・アイギス』を配信開始 [事前登録]『デジモンリアライズ』スマートフォンゲームとして「デジモン」新プロジェクト始動 『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル』、「ラブライブ!新春Happy Weekend」キャンペーン開催。3夜続けて「ラブライブ!」関連の番組が放送決定 【マイクラPE】0から始める『マインクラフト』第8回:牛やニワトリをお世話する「牧場」を作ってみよう! 『きららファンタジア』「キルミーベイベー」の正式参戦に合わせた期間限定イベント「マッシュルームベイベー」を開催 SEGAのスマートフォン版『真・女神転生』。『D×2 真・女神転生リベレーション』配信開始 バンダイナムコエンターテインメント、ライブストリーミングプラットフォーム事業に参入。視聴者参加型ライブストリーミングプラットフォーム「&CAST(アンドキャスト)!!!-キャストと遊べる生配信-」を今春より配信