【週刊ジーパラが批評254】『SINoALICE』の正式サービス遅延やブラウザで遊べる『FF XIII』発表、さらに『アトリエオンライン』なども公開された6月第2週のいろいろ

記事カテゴリ: iPhone Android
2017年06月12日

 先週のこのコラムで6月に入りましたーと書いたあとすぐに関東までの地域が梅雨入りし、はっきりしない空模様が続いています。にも関わらず関東ではあまり雨は降っておらず「本当に梅雨が実装されていますか?」と管理人に問い合わせたい気分です。……誰なんだろう管理人。

話題作の『SINoALICE』負荷起因の問題で断続的なトラブルが発生

 さて、先週の話題では、ポケラボとスクウェア・エニックス共同開発のiOS/Android端末向けスマホゲーム『SINoALICE』がサービス開始……と思ったら、負荷起因の問題により断続的なトラブルが発生。
 トラブルは2017年6月12日(月)未明になっても続いているとのことです。

 『SINoALICE』は、事前の人気の高まりによってアクセスが増えることが予想され、急遽改良を施すためにリリースを延期していますが、それでも対応しきれなかったということでしょうか。
 公式Twitterには、ゲームを稼働させながら、高負荷状態での検証を続けなくてはならないという文言もあり、この状態はしばらく続きそうな予感です。
 一部のスマホゲームに詳しい方からはゲームプログラムの設計自体が耐えられていないという声もありますが、今後どうなるのかが気になるところです。

『結城友奈は勇者である 花結いのきらめき』。アニメなどでおなじみの話題作がスマホゲームに

 一方、2017年6月8日(木)には、オルトプラス、KADOKAWAアスキー・メディアワークス、scopesのiOS/Android端末向けスマホゲーム『結城友奈は勇者である 花結いのきらめき』がリリース。

 アニメなどでおなじみの作品ですが、いよいよスマホゲームが登場ということで話題になっています。
 プロジェクト規模から考えるとわりと静かなスタートといった感じではありますが、順調に参加プレイヤーが増加している模様です。リリース記念のログインボーナスに加えて、40万ダウンロード記念のアイテムプレゼントなども用意されているようなので、気になっている人は早めにダウンロードし、ログインするといいかもしれません。

NHN PlayArtとコーエーテクモゲームスの共同プロジェクト『アトリエオンライン 〜ブレセイルの錬金術士〜』

 そして、驚きの新作発表もありました。NHN PlayArtとコーエーテクモゲームスの共同プロジェクトとして、iOS/Android端末向けスマホゲーム『アトリエオンライン 〜ブレセイルの錬金術士〜』が公開。リリースは今冬予定とのことです。

 『アトリエ』シリーズは、コンシューマゲームで人気のタイトル。
 アイテムを組み合わせて新たなアイテムを生み出すという錬金術をベースに、ファンタジーRPGでメインになりがちな戦闘などよりも、材料集めや素材集めといった点に重点が置かれています。
 その独自性から根強い人気を誇っており、次回作も期待されている作品です。

 そのタイトルがいよいよ本格的なスマホゲーム、そしてオンラインでのゲームプレイが可能となるとのことで、かなり驚かされました。素材集めやアイテム合成(錬金)というコンテンツはスマホゲーム、ことに多人数が参加するオンラインゲームでは“作業”になりがちで、あまりいい印象を持たれません。
 しかし『アトリエシ』リーズといえば錬金ですから、そこを今までのゲームのように“作業”にしてしまっては面白くないはず。

 企画、開発、運用はハンゲームなどで数々のオンラインゲームを手がけてきたNHN PlayArtとのことで、どんな作品になるのかこちらも気になるところ。とりあえず今夏には公式サイトもオープンするようなので、新たな情報を待ちましょう。

アーケード用アクションゲーム『DISSIDIA FINAL FANTASY』ベースをPS4に

 また、スクウェア・エニックスは、アーケード用アクションゲーム『DISSIDIA FINAL FANTASY』をベースにしたPS4版『DISSIDIA FINAL FANTASY NT』を発表しました。

 歴代のファイナルファンタジーのキャラが縦横無尽にバトルを繰り広げるこの作品、いつかはコンシューマ版も出るのではと噂されていましたが、ついに来た! という感じですね。家庭用オリジナルの要素もあるそうなので、アーケード版とは違った楽しみ方もできそうです。アーケードゲームにはちょっと手を出しにくいなぁというFFファンの人にとっては朗報以外の何者でもないという感じでしょうか(笑)。

 気になる発売予定は2018年初頭とのことで、まだ少し先。もうちょっとだけ待ちましょう。

「Yahoo!ゲーム」で楽しめる『FF』

 そして、同じ『FF』シリーズの話題つながりと言えなくもないのですが、ニュースとしてはまったくの別モノの話題も。

 ヤフーの運営する「Yahoo!ゲーム」にて、新ゲームプラットフォームのβテストが実施されました。これは「HTML5ゲーム」と「クラウドゲーム」の2種類の形式のゲームが、PC、スマホ、タブレットなどのブラウザ上で楽しめるというもの。このβテストではスクウェア・エニックスの『ファイナルファンタジーXIII』、『ファイナルファンタジーXIII-2』、レコムのパズルゲーム『ネコパン』、放置型ゲーム『妖怪パーティ』の4タイトルがプレイ可能とのことです。

 βテストは2017年6月12日(月)15時までとのことなので、プレイできなかったという人は正式リリースを待ちましょう。

 ちなみに、公式サイトによると、プレイ可能なブラウザはEdge、Chrome、Firefox、Internet Explorer、Safariですが、『FF XIII』、『FF XIII-2』はInternet Explorer非対応とのこと。正式サービス時の利用料金などはまだわかりませんが、『FF XIII』クラスのゲームが稼働するとなれば、ラインナップ次第では面白いことになりそうですね。

 βテストといえば、スクウェア・エニックスのiOS/Android端末向けスマホゲーム『ドラゴンクエストライバルズ』のクローズドβテストが早くも2017年6月9日(金)からスタート。残念ながら参加できなかったという人には朗報もあり、クローズドβテストの様子を公式生放送として公開予定とのこと。また、2017年6月13日(火)21時からの初回放送では、βテスターの追加募集(Android版のみ)の発表も行われるそうです。気になっているという人はこの生放送はチェックしておきたいところです。

その他の話題として『Monaca for RPGツクール』、PlayStation VR、バハムートディスコなど

 ところで、先週のこのコラムにて、KADOKAWAの『ラノゲツクール』(ライトノベル風のノベルゲーム制作アプリ)の記事を紹介しましたが、2017年6月8日(木)には、アシアルとKADOKAWAが『Monaca for RPGツクール』の提供を開始したというニュースが報じられました。こちらは、『RPGツクールMV』で開発されたゲームをiOS、Androidアプリ化するためのクラウドサービス。

 詳しくは記事をご覧いただきたいのですが、要は『RPGツクールMV』で作ったゲームをより手軽にアプリ化し、ストア申請までの道のりを縮めるサービスという感じです。クラウドサービスになっているので、アプリの容量を気にすることなく開発できるのも強み。どちらかというと、プレイヤーよりも制作者向けの情報となりますが、本格的にスマホゲームを作ってみたいという人には嬉しいサービスとなりそうです。

 最後にVR関連の話題をいくつか。VRに関する認知度を一気に引き上げたとも言われるソニー・インタラクティブエンタテインメントのPlayStation VRですが、その販売取扱店舗が拡大されるというニュースが報じられています。さらに、2017年6月中旬より体験イベントを実施するという内容も。「その前に店頭で買えるようにして」という声もあると思いますが、こういうニュースが報じられるのですから、購入できるタイミングも増えていくのではないでしょうか。販売店舗を増やしても、品物がなければ意味はないですからね(苦笑)。

 品薄の影響もあると思いますが、VRの認知度は高まっても、実際に体験したという人はまだまだ多くはなく、VR体験としての効果は伸び悩んでいるという感じ。体験イベントの実施によって徐々にこのギャップが縮まっていくのかもしれません。

 さらに、スクウェア・エニックスは、ハウステンボスの運営のもと、ヘッドマウントディスプレイなしでVR体験ができるアトラクション「バハムートディスコ」をオープン予定とのこと。このアトラクションはハウステンボス内にて2017年7月1日(土)にプレオープン、7月15日(土)からグランドオープン予定とのこと。

 これに先駆けて、2017年6月16日(金)・17日(土)の2日間、渋谷のSHIBUYA109 店頭イベントスペースにて体験イベントが実施される模様です。「ハウステンボスは遠いなぁ」という関東勢はこのイベントに出かけてみるというのもいいかもしれません。

 そしてこちらもスクウェア・エニックス絡みですが、同社のiOS/Android端末向けスマホゲーム『スクールガールストライカーズ』において、2017年6月9日(金)にVR対応コンテンツ「マイルーム探訪編」が実装されたとのこと。すでに運営されているスマホゲームにこうしたVR機能が追加されるのはなかなか珍しいと思います。毎回思いきったコンテンツを投入してくる『スクスト』らしいといえばらしいのですが、さすがにビックリした方も多いのではないでしょうか。

 とはいえ、こうしたコンテンツの増加により、スマホ用のVRゴーグルの普及が高まれば、今後のスマホゲームのVRコンテンツにも影響が出ると思われます。まぁVRに関しては、まだまだ開発コストなどもかかりそうですし、一気にすべてがVR化! とはいかないのも実情だとは思いますが(笑)。

 さてさて、このコラムが掲載される時点では「E3(Electronic Entertainment Expo)2017」開催直前。すでにカンファレンスなどが行われているゲームメーカーもあり、今週はコンシューマゲームを中心に、さまざまな情報が出てきそうな予感です。海外向けがメインとはいえ、最近はE3に合わせて新作が発表されることもありますからね……。

 というわけでいろいろ気になるところですが、ジーパラドットコムでは引き続き、ゲームを中心に、さまざまな情報をお伝えしていく予定です。以下のメディアなどでも情報を発信していますので、用途に応じてご利用いただければと思います。

ジーパラドットコムTwitter
ジーパラドットコムYoutubeチャンネル
ジーパラドットコムFacebookページ

 

この記事のカテゴリ

この記事を共有しよう!

『異世界からのノノ』配信開始。Live2Dアニメーションで魅力的なキャラクターたちが活躍するアクションRPG 【マイクラPE】0から始める『マインクラフト』第8回:牛やニワトリをお世話する「牧場」を作ってみよう! 『スクールガールストライカーズ』2017年7月24日(月)より全国5都市の駅構内にメンバー36人の女の子の水着姿の壁面ポスターが登場。ポスターには持ち帰り可能な“特製シール”を設置 [CEDEC 2017]CEDEC 2017基調講演が決定。「ソードアート・オンライン」の作者、川原礫氏を迎え、バンダイナムコエンターテインメントの原田勝弘氏、二見鷹介氏と対談 『妖怪ウォッチ ぷにぷに』レアアイテムやレア妖怪が入手できる「真夏のビーチでおはじきバトル」を開催 [コラボ]『ユニゾンリーグ』、アニメ「この素晴らしい世界に祝福を!2」とのコラボを開始。アクアなどのキャラクターが登場するガチャが毎日1回無料 [事前登録]『StraStella(ストラステラ)』宇宙×ロボット×美少女をテーマにした戦略シミュレーションゲーム にっこにっこにー!『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル』矢澤にこ、誕生日限定勧誘や、誕生日記念ログインボーナスを7月21日、22日に実施 スルメのようにやり込むほど味が出るパズルバトルゲーム『グリフクエスト・クロニクル』配信開始 「Project LayereD(プロジェクトレイヤード)」グランプリ受賞者には100万円!ボーカリストオーディションエントリー受付開始